Entries

敵陣にアレクサンドロス王子は単騎で突入してしまうのだが・・・。岩明均『ヒストリエ(HISTORIE)』第10巻

どうも。馬頭です。今日、スキャナーが壊れました。三ヶ月前に買ったばかりなのに。なんか見た目がゴツイからつい雑に扱い過ぎたなぁ・・。どうすんだコレ。それはともかく。『ヒストリエ(HISTORIE)』第10巻(岩明均。講談社。アフタヌーンKC。2017年。600円。196ページ)「カイロネイアの戦いはアレキサンドロス王子が奇妙な活躍を見せる中で終わりを迎える。戦後、エウメネスはアッタロスにエウリュディケとの仲を認めてもらお...

少年・項羽が秦国への復讐に立ち上がる! 大山タクミ『バウンダー 最強の少年 項羽』第1巻

どうも。馬頭です。この季節は足が痒くてたまらないです。それはともかく。『バウンダー 最強の少年 項羽』第1巻(大山タクミ。講談社。講談社コミックス。2017年。463円。192ページ)「前2世紀の中国。両親を秦国に殺され、自身もまた処刑されようとしていた少年・羽(う)。激しい怒りを抱きながら処刑を逃れた羽は、同じように一族を殺された楚国の項梁という人物と知り合い、その甥となることでともに秦国への復讐を果たそ...

天才詐欺師を使って白石を取り戻せ! 野田サトル『ゴールデンカムイ』第10巻

どうも。春から給料が減ることが決定した馬頭です。それはともかく。・・・それはともかく!『ゴールデンカムイ』第10巻(野田サトル。集英社。ヤングジャンプコミックス。2017年。514円。193ページ)「第七師団に捕まってしまった白石を助け出すため、アイヌの村に潜伏していた詐欺師・鈴川を利用することにした杉元たち。鈴川の発案で、典獄の犬童に変装することで真正面から軍都・旭川に乗り込むのだが・・・」「ゴールデンカム...

現代的世界観で展開する政宗主人公のバサラシリーズの漫画。猫井ヤスユキ&カプコン『戦国BASARA ドクガン』第1巻

どうも。最近ますますライフサイクルが狂ってきた馬頭です。寝落ちが多いし、椅子に座ったまま寝ることも多い。疲れが抜けぬ・・・。それはともかく。『戦国BASARA ドクガン』第1巻(猫井ヤスユキ&カプコン。秋田書店。ヤングチャンピオンコミックス。2016年。562円。190ページ)「BASARA歴0011年。都の総理大臣・足利義輝が権力をほしいままにしている中、各地の大名たちは群雄割拠し、不穏な情勢に突き進む。そんな中、奥州に...

森岳城を囲うキリシタンたち。サチはその中を真相を求め・・・。円城寺真己『SANTIAGO(サンチャゴ) レベリオン・シマバラ』第3巻(完結)

どうも。馬頭です。グラブル、よくわかってないながらも続けています。それはともかく。『SANTIAGO(サンチャゴ) レベリオン・シマバラ』第3巻(完結)(円城寺真己。小学館。ビッグコミックス。2015年。552円。190ページ)「ついに決起した天草のキリシタンたち。大挙して森岳城(島原城)を取り囲み攻め寄せる中、サチは七右衛門の死の真相を知っている人物を探して混乱した城下を走るのだが・・・」島原の乱の漫画の最終巻で...

鎌倉時代末期の不穏な世情の中、悪党たちが蠢き始める! 河部真道『バンデット 偽伝太平記』第1巻 赤松入道円心

どうも。馬頭です。えらく久々な記事になってしまいました。同人誌の原稿やってた時から放置してたから二ヶ月ぶり? また復活してちょびちょび書いていきますよ〜。それはともかく。『バンデット 偽伝太平記』第1巻 赤松入道円心(河部真道。講談社。モーニングKC。2017年。570円。191ページ)「元亨三年(1323年)。播磨国佐用庄赤松村。その近くを移動中の車借の一隊が襲撃を受け、下人の少年・石(いし)は奴隷のような生活...

真田家親子を中心に戦国時代の終焉を描く。佐藤ヒロシ『真田一族の六文銭 〜真田幸村 大坂の陣に夢爆ぜる〜』

どうも。おしっこから鰹節の臭いがする馬頭です。(病気か?)それはともかく。『真田一族の六文銭 〜真田幸村 大坂の陣に夢爆ぜる〜』(佐藤ヒロシ。リイド社。SPコミックス。戦国武将列伝シリーズ。2009年。550円。222ページ)「戦国時代の信濃。武田家家臣だった真田家は、武田滅亡の後、周囲の大名たちの間で巧みにくぐり抜け、小勢力ながら力強く独立を守っていた。しかし、時代は天下統一へと向かって進み、真田家の当主・...

薬屋に身をやつし家族を殺した相手を探し続ける復讐譚。宮川輝&石ノ森章太郎『買厄懸場帖 九頭竜』第1巻

どうも。馬頭です。トイレに本を常備しているのですが、毎回その時の新刊を持ち込んでいるので全然読まれないまま置きっぱなしになってます。臭くなりそうだwそれはともかく。『買厄懸場帖 九頭竜(ばいやくかけばちょうくずりゅう)』第1巻(宮川輝&石ノ森章太郎。リイド社。SPコミックス。2015年。630円。)「薬屋として各地を巡る男・九頭竜は、厄を買いとる買厄人としても仕事をしていた。そして九つの頭の竜の金細工のあ...

英独海軍がぶつかるWWIのユトラント沖海戦など近代海戦がいっぱい。黒井緑『ユトラント沖海戦』

どうも。ゲームなどでは相手が弱いと思って侮って、簡単に敗北する馬頭です。それはともかく。『ユトラント沖海戦』(黒井緑。白泉社。2016年。780円。119ページ)「1916年5月31日、第一次世界大戦で互いに強力な海軍を持つドイツ海軍とイギリス海軍がユトラント沖で衝突した。この戦いで損傷を受けた巡洋艦ザイドリッツは、浸水と火災に苦しみながらも帰還しようともがくのだが・・・」近現代の海戦を独特な作風で描くサークル「...

宮本武蔵がかわいい少女? 女体化剣客バトル。雨依新空&夢枕獏『ヴィラネス ー真伝・寛永御前試合ー』第1巻

どうも。馬頭です。同時に十冊くらい読み続けてる本がある。どうにかした方がいいのだが、どうしたらいいのかはわからないです。それはともかく。『ヴィラネス ー真伝・寛永御前試合ー』第1巻(雨依新空。原作・夢枕獏。講談社。ヤンマガKC。2015年。602円。184ページ)「1599年・京都。野生児のような少女・宮本弁之助は、廻国修行中の女剣士・秋山虎之介の弟子となる。汚い手も使うが凄まじい腕前の秋山の道中に付き合う中、宮...

Appendix

カウンタ

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる