Entries

「漱石とその仲間たち」って感じの面白エピソードがいっぱい! 香日ゆら『先生と僕 夏目漱石を囲む人々』第2巻

どうも。綿棒派の馬頭です。この前、おへそを掃除しすぎると炎症になるってのは俗説だって聞いたんですが、調べるとみんな腹膜炎とかになるって言う。どっちなんだ。あと、オイル付けてって人がいるけど、それって滑って取れなさそうな。それはともかく。『先生と僕 夏目漱石を囲む人々』第2巻(香日ゆら。メディアファクトリー。MFコミックス。2011年。714円。126ページ)「吾輩は猫である」などで知られる作家・夏目漱石と、彼...

夏目漱石は本人も周囲の人もみんな変人揃い。香日ゆら『先生と僕 夏目漱石を囲む人々』第1巻

会社の先輩が、体調の不調とかをなんでも「放射能のせい」と言うのですが、どこまで本気なのか判別がつかない馬頭です。とりあえず体中が痒いのは花粉症のせいだと思いますよ?それはともかく。『先生と僕 夏目漱石を囲む人々』第1巻(香日ゆら。メディアファクトリー。MFコミックス。2010年。714円。127ページ)「吾輩は猫である」などで知られる作家・夏目漱石と、彼の周囲にいる変人たちの変人っぷりを描く四コマ漫画。そもそ...

シュトヘルたちは金国兵に捕まってしまい・・・。伊藤悠『シュトヘル(悪霊)』第4巻

どーも。いつもヘロヘロな馬頭です。神田たまごけんのオムライス池袋の東急ハンズの裏手、新宿書店とかがある区画に、ちょっと前に出来たオムライスレストラン・神田たまごけんにこの前初めて入ってみました。オムライス専門店で、気にはなってたけどなかなか機会がなかった。で、食べてみたらなかなか美味しかったので、さっそくお気に入りに。とりあえず三種類の味は全部ためしてみました。トマト、ハヤシライス、きのこ。どれも...

TRPG部にかなりの猛者である女子新入部員が! 安達洋介『Quick Start!!(くいっくすたーと!!)』第2巻

どうも。馬頭です。「中国嫁日記」の同人誌「中国嫁日記日記」手に入れたけど、面白かった。それはともかく。『Quick Start!!(くいっくすたーと!!。クイックスタート)』第2巻(安達洋介。ゲーム・フィールド。ゲーム・フィールドコミックス。2011年。1000円。114ページ)テーブルトークRPGが大好きな女子高生たちの、ちょっとかわった学園生活を描く四コマ作品の第2巻。今回は、年度が新しくなって、新入生の深山芽衣子が登場...

六歌仙たちの想いがつまった歌の物語。杉田圭『超訳百人一首 うた恋い。2』

なんか最近むかつくことが多すぎる馬頭です。そういや、GW中に「トロイ無双」やるつもりだったけど、「戦場のヴァルキュリア」まだクリアできてないし、金も無い。でも、良く考えれば「ヴァルキュリア」って一年くらい前からやってるわけですから、凄いコストパフォーマンスいいな。「コサックス」ほどじゃないけど。というか、いつになったら「コサックス」できるようになるんだ。win機買わない限りできない・・・それはともかく...

イギリス貴族のウィリアムが陶磁器のためにやってきて済州島に漂着する・・・。チョン・ヘナ『タムナ Love the Lsland』第1巻

ホダカ NOSTALIA(ノスタリア) 昨日、自転車を買いました。前のコナのスモークはもうボロボロ。あのスプロケットが空転してコケたのが決定的でしたね。だましだまし乗ってましたが、最後は車輪がぐにぐに揺れるようになって危なかったです。今度のは普通のママチャリに近い感じのにしました。前カゴ付きの自転車なんて、20年ぶりに乗りましたよ。そういや、私がママチャリを避けてたのって、子供のころに友達みんながMTBタイプな...

孔子の弟子・顔回が主人公の呪術バトル作品が漫画化。原作/酒見賢一、作画/羽生生純『陋巷に在り 顔回伝奇』第1巻

どうも。謎の白い液体を飲んでみたくなった馬頭です。ヤフーのデジタル漫画サイト「コミックヒストリア」が五月末に終了になるそうです。残念。まあ、ウチのMacでは見れないので結局は単行本で見るしかなかったのですが、大元が無くなってしまうとは・・・。まだまだ途中な感じの作品とかはどうなるんでしょうかね。それはともかく。『陋巷に在り 顔回伝奇』第1巻(酒見賢一。作画/羽生生純。新潮社。バンチコミックス。2009年。...

皇帝に反発する元老院議員の陰謀がルシウスを狙い・・・。ヤマザキマリ『テルマエ・ロマエ』第3巻

どうも。平たい顔族の馬頭です。それはともかく。『テルマエ・ロマエ III』(第3巻)(ヤマザキマリ。エンターブレイン。ビームコミックス。2011年。680円。)「元老院からの書状によってヴェスヴィオス火山の裏手に浴場を作るための下見をするよう命じられたルシウス。しかし、これは皇帝ハドリアヌスとその後継者アエリウスに反感を持つ元老院議員たちの陰謀だった。皇帝の浴場政策の重要人物であるルシウスを亡き者にするため、...

奴隷として大地を耕すトルフィンはその中で何かを得ていくのだが・・・。幸村誠『ヴィンランド・サガ』第10巻

年収が二割減とか言ってますが、その二割の方が私の年収に近いんだよ? の馬頭です。体調が悪くて舌が痛かったのですが、なんとかなるくらいには治ってきました。一日休んで寝てたのがよかったのか? しかし、舌ってのは少し痛いだけで、凄く気になりますね。集中できないったらない。それはともかく。『ヴィンランド・サガ』第10巻(幸村誠。講談社。アフタヌーンKC。2011年。581円)「エイナルとともに奴隷としての生活を順調...

不遇の女パイロットのもとに舞い込んだ危険な依頼とは・・・!? 吉原昌宏『ギャロッピング・グース ZERO 吉原昌宏作品集4』

どうも。ワキガでお困りの馬頭です。嘘ですが。え、嘘ですよ!? 嘘ですってば!それはともかく。『ギャロッピング・グース ZERO 吉原昌宏作品集4』(吉原昌宏。幻冬舎コミックス。バーズコミックススペシャル。2007年。660円。196ページ)「空軍の飛行訓練中での事故が元で退役することになった女パイロット、ナオミ・オコナー元大尉。しかし、事故で死亡したパイロットの父親が権力者で逆恨みし、彼女が飛行機に乗れないよう...

中国に留学し、日本語教師としても働いた漫画家のエッセイ漫画。小田空『中国いかがですか?』

最近めったに傘なんかささなくなった馬頭です。移動するにしても家近いし、濡れるにまかせてます。それはともかく。『中国いかがですか?』(小田空。集英社・創美社。2000年。838円。160ページ)ごあいさつ旅人よ箸を取れ!留学生生活はじまる中国語いかがですか?愛しのポンコツ自転車南昌・夏の陣ウエディング爆竹炸裂すミートソース大作戦大陸のメリークリスマス中国の車窓から汽車、悠久の大地を行くお久しぶり日本!いかがな...

子供の頃からただものじゃない男の生き様。道明『幕末破格英雄譚 せごどん』第1巻

どうも。安い労働力として使われている馬頭です。「ママ・・・、僕が死んでも時給換算はしないでね・・・(ガクッ」 (遺言)それはともかく。『幕末破格英雄譚 せごどん』第1巻(道明。講談社。イブニングKC。2006年。514円。216ページ)「19世紀前半の薩摩。郷士の息子・大久保正助は、隣町の稚児たちに絡まれいじめられてしまう。そんな時、間に入った西郷小吉だったが、正助の小細工が徒になり、事故で腕に怪我を負ってしまい...

ヴィクトリア朝時代にインドの女学校に通うことになった少女が出会ったのは・・・。高殿円『カーリー 黄金の尖塔の国とあひると小公女』

どうも。馬頭です。食事のためにお店に入って、自分が食べ始めようとしたその横で、プカプカとタバコ吸いはじめるやつがいるとムカつきますね。台無しですよ。それはともかく。『カーリー 黄金の尖塔の国とあひると小公女』(高殿円。エンターブレイン。ファミ通文庫。2006年。600円。319ページ)「ヴィクトリア朝時代。父に呼ばれイギリスから北部インドの藩王国パンダリーコットへとやってきた少女・シャーロットは、通うことに...

今まで読んできた中で最高の趙雲ものでした。黄十浪『雲漢遥かに ---趙雲伝』第2巻と3巻(完結)

どうも。馬頭です。震災の影響でヨーグルトが売ってないと言いましたが、実は気に入ってたキムチ鍋用のタレも売ってなくて困ってました。これがないと、豆腐を食べる時にゆずぽんで味つけるパターンだけになってしまうので。でも、先日やっと入荷してくれました。キッコーマンのやつなんですが、工場が被災したとかなのか、それともペットボトルタイプの容器だからなのか?それはともかく。『雲漢遥かに ---趙雲伝』第2巻(黄十浪...

コーエーの出した戦国武将アンソロジーの第2巻。『コミック信長の野望 戦国名将伝』巻之弐

web拍手レス>こちらも楽しそうです。あまり知られていない武将を発掘しようという意気込みがすばらしい。>・・・・これは後世のひと(江戸時代後期)が述べているのですが、>本多忠勝さんは平時は弱かったそうです。やりを持って練習試合をすると、>無名の若者にもあっさり負けてしまう有様。それなのに戦場では伝説的な強さだった・・・・>技術を超越したもの(超能力じみた勘?野獣のような反射神経?)を持っていたのでしょ...

Appendix

カウンタ

カレンダー

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる