Entries

スポンサーサイト

ハイデルベルクで観光客向けに作られたガイドブック。『ハイデルベルク 古城&タウン・ガイド』

どうも。馬頭です。最近地震がまた多く大きくなったので、積んだ本が揺れまくる。地震が来るとギシギシいいだすからわかるんですよね。それはともかく。『ハイデルベルク 古城&タウン・ガイド』(ショートニング出版。マックス・シュトルプマン&アンドリュー・コーウィン。訳/山田典史。138ページ)初めにハイデルベルク史略年表1.ハイデルベルク城2.旧市街観光3.大学ひろば4.旧市街東域5.マルクト広場6.旧市街北域7.市城壁外区...

閉鎖された学園を取り巻くミステリアスな状況が少女たちを・・・。鶯神楽&築地俊彦『トカレフの危うい城』第1巻

どうも。馬頭です。部屋の片付けは遅々として進みません。今年中にはどうにかしないとな(今年?それはともかく。『トカレフの危うい城』第1巻(鶯神楽&築地俊彦。アスキー・メディアワークス。電撃コミックス。2011年。570円。194ページ)「海岸に打ち上げられた女子学生が持っていた手紙に、行方不明となっている姉のように親しかった城山浩子の手がかりを感じた鈴原彩花は、彼女が通っていたと思われる紫宸学院へと向かう。だ...

戊辰戦争で恩人と戦うことになったロシア留学経験のある伝習隊下士官の話。かわぐちかいじ『兵馬の旗(ひょうまのはた) Revolutionary Wars』第1巻

どうも。サラダを買いに行ってキムチを買ってくる馬頭です。それはともかく。『兵馬の旗(ひょうまのはた) Revolutionary Wars』第1巻 幕府伝習隊(かわぐちかいじ。協力/惠谷治。)「ロシア留学していながらそこを抜けて日本へと戻ってきた青年・宇津木兵馬。幕府伝習隊のひとりとして、鳥羽伏見の戦いを奮戦したが、その時、かつて帰国と妻子を助けてくれた恩人・村田新八郎と敵味方として再会する・・・!」かわぐちかいじ...

真田幸村と直江兼続の二人の関係を描く作品。火坂雅志&結賀さとる『天地人 師弟愛編 回雪抄』

どうも。安い労働力そのものと化して人生をすり減らす馬頭です。それはともかく。『天地人 師弟愛編 回雪抄』(原作/火坂雅志。作画/結賀さとる。スクウェア・エニックス。ガンガンコミックス。2010年。562円。)「諸勢力に挟まれた信州上田の真田家は、その息子のひとり・幸村を越後・上杉家へと人質に出すことになり、まだ若い真田幸村は1584年に春日城へと向かった。それを迎えたのはひとりの男・直江兼続だった。越後の領内...

ロックな女子高生が天保年間の江戸にタイムトリップして「天女」になってしまい・・・。稲光伸二『大江戸!!あん♡プラグド』第1巻

先日ジュンク堂に行ったら、二階で東欧雑貨コーナーが作ってありました。知らなかった東欧関連本とかも置いてあって良かったです。それはともかく。『大江戸!!あん♡プラグド』第1巻(稲光伸二。小学館。ビッグコミックスモバMAN。2009年。571円。)「天保年間の江戸。大遊寺は住職の遊興のため借財で首が回らなくなってしまっていたが、ある縁日の日、落雷とともに寺に不思議な格好をした少女が現れる。彼女こそが、この...

戦史編の第3弾。ドイツ軍が各地で敗退しつつも奮戦! 田村尚也&野上武志『萌えよ!戦車学校V型』(第5巻)

どうも。馬頭です。豆腐をキムチだけで食べるの美味いのを発見。ちょっと甘辛なデザート風というか。それはともかく。『萌えよ!戦車学校 V型』 ドラマCD付き特装版(田村尚也&野上武志。イカロス出版。2011年。3238円。274ページ)お風呂回だよ戦車学校登場戦車カラー図版集生徒心得/もくじ第二次大戦戦線地図萌えよ!戦車学校III型~IV型のあらすじ復習コーナー第一講 イタリア南部の戦い第二講 第4次ハリコフ戦第三講 ドニ...

15人の幕末の有名人たちを各作家がそれぞれ紹介するアンソロジー。『幕末人物エッセイコミック 幕末魂!』

ども。馬頭です。昔のblogからの記事移行は一応2006年の1月分は終わった。あと3年分もあるのかと思うと怯みます・・・それはともかく。『幕末人物エッセイコミック 幕末魂!』(新書館。ウィングス・コミックス・デラックス。2010年。740円。146ページ)表紙イラスト、久世番子蜷川ヤエコ「趣味の龍馬 閑語編 ~坂本龍馬~」 杜康潤「幕末豪快偉人伝 すごいよ!勝先生 ~勝海舟~」 たむら純子「梅の花壱輪さいても梅はうめ...

古生物学の教授はどんなものでも修理してしまい・・・。寺沢大介『修理もん研究室(なおしもんけんきゅうしつ)』第1巻

どうも。「継母」を「ママみたいな母親」のことだと思っていた馬頭です。それはともかく。『修理もん研究室(なおしもんけんきゅうしつ)』第1巻(寺沢大介。小学館。ビッグコミックス。2010年。524円。)「卓上大学(別名・卓袱大)の地質学科で古生物学を教えている七尾子門教授は、ある日、彼の噂を聞いた初老の男性から漆器の修理を頼まれる。それは男性の母親の形見なのだが、しまい込んでいた間に酷い状態になってしまって...

戦車で戦う本選に出るにはまずは教官から倒さないといけなくて・・・。野上武志『セーラー服と重戦車』第7巻

おはようございます。馬頭です。うお。なんか長時間寝て、起きてからおしっこしたら、見たことないくらい黄色いというか紅茶みたいな色のおしっこが出た。それはともかく。『セーラー服と重戦車』第7巻(野上武志。秋田書店。チャンピオンREDコミックス。2011年。552円)戦車が日常の中に溶け込んでる世界を舞台に描く学生たちの青春と戦車の物語。学校に戦車部みたいのがあったりするのです。主人公たちはパンター使ってます。そ...

太閤・秀吉亡きあと、古田は石田と徳川の両方と器用に付き合っていくのだが・・・。山田芳裕『へうげもの』第13巻

こんばんは。馬頭です。池袋とらのあなの裏にあるオムライス専門店・神田たまごけんで久々にオムライスを食べていた時に思ったのですが、オムライス好きな人にはヒゲ生やしてる人が多いような気がします。それはともかく。『へうげもの(ひょうげもの)』第13巻(13服)(山田芳裕。講談社。モーニングKC。2011年。543円。)「秀吉の死後、不満を抱く諸将を相手にしつつ徳川家康を倒す謀略を進める石田三成だったが、自分の側につ...

西方浄土を目指し戦い続ける最強の武士を描く。真壁太陽&キム・ビョンジン『ヴァルハラ 本田忠勝伝』

どうも。馬頭です。あれ? 隣の部屋の住人が引っ越したはずなんだけど、もう新しい人入っちゃったのかな? ずっといない方がいいんですが。今はテレビも大音量だし、夜中でも洗濯機回してるしで好き放題やってます。それはともかく。『ヴァルハラ 本田忠勝伝』(真壁太陽&キム・ビョンジン。スクウェア・エニックス。ガンガンコミックスIXA。2010年。571円。192ページ)「三方原の戦いにおいて、攻め寄せる武田の軍勢は徳川軍...

無文字社会の歴史を伝える者のその意図を読み解く。染田秀藤『インカ帝国の虚像と実像』

どうも。とんだマヌケの馬頭です。今日、東急ハンズでバスタオルを買ったのですが、なんか凄いさわり心地のいいやつがあったのでそれにしました。ふかふかになるように織ってある。しかし、バッグのマジックテープにひっつけてしまって、いきなり駄目にしちゃうとか、そういうお約束が。それはともかく。『インカ帝国の虚像と実像』(染田秀藤。講談社。講談社選書メチエ129。1998年。1600円。270ページ)プロローグ第一章 ペルー...

スタイリッシュ戦国絵巻。政宗が愛姫や家臣たちとともに世界を目指す。藤川祐華『独眼龍改(ネオドラグーン)』第1巻

どうも。きっと何者にもなれない馬頭です。あ、そうじゃない。すでに駄目人間になってた。それはともかく。『独眼龍改(ネオドラグーン)』第1巻(藤川祐華。スクウェア・エニックス。ガンガンコミックスIXA。2010年。562円。178ページ)「1581年の奥州。米沢の伊達政宗は初陣が決まるのだが、おてんばな正妻・愛姫の口出しにイラつき、ついきつく言い返してしまう。自分の思うようにするといい捨てた愛姫だったが、数日後の相馬...

あてどもない東京歩きがそのままエッセイ漫画になった。「じゃらん」の連載が単行本に。モリナガ・ヨウ『東京右往左往―TOKYO GOING THIS WAY AND THAT』

お疲れ様です。馬頭です。一昨日と昨日はカレーでした。日曜に食べることになるのはわかっていたのですが、チーズナンが食べたくてついつい土曜にも。夏に食欲がなくなるという人もいますが、私はむしろ食欲がUPしてしまいますね。よくないなー。それはともかく。『東京右往左往―TOKYO GOING THIS WAY AND THAT 』(モリナガ・ヨウ。大日本絵画。2006年。2800円。96ページ)序文 オチのない東京観光へ出発其の壱 東京迷所案内其...

ウザイ! とことんウザイ男のウザ語りのはじまりです。クワガタと肉。原作/寺門ジモン&漫画/刃森尊『ネイチャージモン』第1巻

ここ最近の寝落ち率の高さが酷い馬頭です。それはともかく。『ネイチャージモン』第1巻(原作/寺門ジモン。漫画/刃森尊。講談社。ヤンマガKC。2008年。552円。)第1話 幻のオオクワガタを追う男第2話 山の恐怖を知る男第3話 神の焼き肉を喰う男〈前編〉第4話 神の焼き肉を喰う男〈中編〉第5話 神の焼き肉を喰う男〈後編〉特別収録 ネイチャー、ランボーに会いにいくダチョウ倶楽部の中で一番目立たない男・寺門ジモンには...

Appendix

カウンタ

カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。