Entries

ついに幕臣として取り立てられることに。しかし、沖田には・・・。渡辺多恵子『風光る』第32巻

どうも。馬頭です。今日はシベリアものの本を買いにジュンク堂に行ったのですが、思わず「アッバース大王」を買いそうになりました。我慢我慢我慢がま......(/▽゚\)チラッ......我慢我慢・・・それはともかく。『風光る』第32巻(渡辺多恵子。小学館。小学館文庫。2012年。400円。188ページ)「慶応三年(1867年)。ついに新選組から御陵衛士として離脱した伊東甲子太郎一派。しかし、不穏な種が組内部に残り続けることに。そんな中、...

昔の来日外国人といえば、これがあったのを忘れてた! 姜在彦『朝鮮通信使がみた日本』

こんばんは。馬頭です。最近、ネットで注文した本がアパートの郵便受けに届いて入っているかどうかが、帰宅時に外から見ただけでわかるようになりました。ラノベなみのとんだダメ異能の発現ですよ。それはともかく。『朝鮮通信使がみた日本』(姜在彦。明石書店。2002年。3300円。278ページ)序章 善隣の使節――朝鮮通信使一 宋希璟 『老松堂日本行録』 一四二〇年度の使行記録二 黄慎『日本往還日記』 一五九六年度の使行記...

日本史メインの歴史漫画雑誌創刊! 『サムライエース(SAMURAI A)』2012年 vol.1(2012年8月号)

web拍手レス>天の血脈面白くなってきましたね。安彦先生、古代編のほうがのびのびとしている。>そういえば、生田滋というひとが”倭人は傭兵だったのでは”というようなことをいって>いました。そうかもしれませんね。主体的に遠征したのではなく、海外からきた誰かに募集さ>れ、戦地に旅立ったのかもしれません。近代モノだとどうしても暗い終わり方になってしまう感じがしますね。倭人が傭兵、というのは面白い考え方ですね。...

天海と茶々のしてはならない恋愛を描く。もとむらえり『花もまた、きみのため。』第1巻

どうも。とりあえず死んだほうがいい馬頭です。それはともかく。『花もまた、きみのため。』第1巻(もとむらえり。ソフトバンククリエイティブ。Flex Comix フレア。2011年。571円。160ページ)「1614年、徳川家康の使者として大坂城にやってきた南光坊・天海。出迎えるお淀の方は、襖越しに声をかけるが、それには二人の過去がそうさせたのだった・・・」もとむらえり氏の描く天海と茶々の恋愛漫画。「愛しの焔」とつながってい...

騎士とは違う傭兵にとっての戦い。そしてホークウッドの前に現れる強敵。トミイ大塚『ホークウッド(HAWKWOOD)』第2巻

どうもどおも。馬頭です。先日、靴が濡れたのでドライヤーで乾かそうとしたら、凄い悪臭がするのに気づきました。毎日履いてたけど、ここまで臭かったとは・・・。意外と自分では気づかないもんですね。もちろん速攻捨てましたよ。それはともかく。『ホークウッド(HAWKWOOD)』第2巻(トミイ大塚。メディアファクトリー。MFコミックスフラッパーシリーズ。2011年。590円。211ページ)「1346年。フランスへ侵攻中のイングランド軍...

残業終わったあと寝ずに荒川に行く。帰りは赤羽駅経由。20120624

おっと。馬頭です。あー、生涯に一度でいいから大塚明夫に名前呼んでもらいたいなぁそれはともかく。荒川この日は深夜残業でしたが、帰宅後、そのまま寝ずに自転車に乗ることにしました。今回も荒川。前回が埼玉側がダメだったので、今回は普通に東京側のサイクリングロードを上流に向けて走りました。朝霞水門とりあえず朝霞水門までは来ました。曇天天気予報見てなかったのですが、いまいち天気が悪くなってきてしまいました。ど...

三国志が好きで好きでたまらない作者の中国旅行。三国志三昧の大冒険! 杜康潤『杜康潤のトコトコ三国志紀行』

どうも。昼に食べるお肉は贅沢感が3割増しだと思ってる馬頭です。今日はトンカツ食べました。でも、食べ始めたトンカツの肉の大きさが、隣に座っている人のところにやってきた肉の大きさより明らかに小さいのを見てしまった時の失望感のおかげで三割引だ。それはともかく。『杜康潤のトコトコ三国志紀行』(杜康潤。スクウェア・エニックス。2012年。952円。204ページ)「坊主Days」の杜康潤氏が、三国志の史跡などを巡った中国旅...

ミスタードーナツで日替わり半額セールなのでチョコファッションを10個ほど

ちーす。馬頭でーす。そういや、前々から近所でよく見かける美少女がどう見ても一緒にいる日本人らしい大人と似てない件について、やはり彼らは両親じゃないらしいとわかりました。白人(?)の男女がその美少女を似てないその大人に引き渡してるシーンを見たので。どういう事情なんだろ?それはともかく。ミスタードーナツ チョコファッション 10個現在、近くのミスタードーナツで日替わりでどれか一種類が半額になるというセー...

武士として戦う場所を求め大坂の陣に真田幸村が参戦する・・・! 槇えびし『朱黒の仁』第1巻

web拍手レス>「世界の教科書 歴史27 ブルガリア」を検索してこちらにたどり着きました。東欧史に関する同人誌も出していらっしゃるとかで、>とても興味があります。通販などはしていらっしゃるのでしょうか(どきどき)。 by N>すみません、通販はしていらっしゃらなかったのですね(今気づきました)。当方遠方のためコミケには行けないのですが、>機会があったらぜひ利用して購入したいと思います。これからもがんばってくださ...

家族を殺された娘が女渡世人となって仇を追う。鈴木マサカズ『七匹の侍』第1巻

どうも。最近はカップ麺を箱で買うようになった馬頭です。amazonで頼むが一番いいですね。それはともかく。『七匹の侍』第1巻(鈴木マサカズ。講談社。ヤンマガKC。2011年。533円。)「江戸時代後期。伝次郎たち三人の渡世人は、食いっぱぐれて逃げる中、荒れた社で雨宿りをする。その時、社の中にひとりの女が寝ているを見つけ、サイコロで賭けをして一人だけ中に残ることにする。伝次郎は負け、仲間が彼女をものにしようとする...

かつてビザンツ帝国に生きた人々の生の声を集めた本。和田廣『史料が語るビザンツ世界』

どうも。まだ月の半ばだというのに、所持金が中学生のお小遣い並みになってきた馬頭です。こういう時に限って欲しいものが月の後半に集中してたりするのです。それはともかく。『史料が語るビザンツ世界』(和田廣。山川出版社。2006年。3500円。245+63ページ)はじめに第1章 皇帝第2章 宦官第3章 修道士第4章 大土地所有者第5章 知識人第6章 庶民第7章 隣人がみたビザンツあとがき付録ビザンツ帝国の本ですが、ビザ...

「勇午」の赤名修が描く仁徳天皇の仁政。『週刊 新マンガ日本史 02 仁徳天皇 古代の聖帝(ひじりのみかど)』(2010年 11/7・2号)

どうも。背もたれにもたれすぎてぶっ壊した馬頭です。今の部屋に越してちょっとしてから買った高い背もたれがあった椅子でしたが、止めていた螺子が何本も根本で折れてるんですよね。修理も不可能。今は背もたれ外して、座席部分だけで使ってます。少し疲れた時とか仮眠したい時とかに寄っかかって休めたのですが、今はできなくなってしまいました。それはともかく。まとめてこのシリーズを古本で買ったので。『週刊 新マンガ日本...

はじめて洋食を食べた日本人たちの困惑。熊田忠雄『拙者は食えん! サムライ洋食事始』

どうも。お久しぶりの馬頭です。ずっとカレーの写真がトップだったからまるでグルメ系ブログかと。そういや、今日もバロッサ行ったのですがもはや何も言わないのにライス大盛りにされました。いや、嬉しいんですが。嬉しいんですけど!それはともかく。『拙者は食えん! サムライ洋食事始』(熊田忠雄。新潮社。2011年。1500円。234ページ)はじめに味の国粋主義者初期日本人渡欧者の洋食体験〜鎖国まで開国前夜の西洋料理〜ペリ...

憎悪と復讐が愛を狂わせていき・・・。もとむらえり『愛しの焔~ゆめまぼろしのごとく~(かなしのほむら)』第2巻から4巻

どうも。ぺろぺろ野郎こと馬頭です。それはともかく。『愛しの焔~ゆめまぼろしのごとく~(かなしのほむら)』第2巻(もとむらえり。ソフトバンククリエイティブ。Flex Comix フレア。2008年。588円。160ページ)もとむらえり氏の男装明智光秀漫画の続き。最終四巻まで読みました。明智光秀が実は女性で、男装して活躍するけど、さらに女装して信長のもとに行って、彼と恋に堕ちるけど、信長は斎藤道三を直接殺した主君の仇なんだ...

戦国時代の面白エピソードを紹介するコラム漫画。霜月かいり『伊達柱(DATE BASHIRA)』第1巻

どうも。恥知らずな馬頭です。それはともかく。『伊達柱(DATE BASHIRA)』第1巻(霜月かいり。スクウェア・エニックス。ガンガンコミックスIXA。2011年。476円。149ページ)第一戦:東北武将と小姓第二戦:姫のお仕事第三戦:刀のキモチ第四戦:戦国と外国第五戦:ザ・ニンジャ第六戦:関東出陣第七戦:おもてなしの変第八戦:How to 甲冑第九戦:異説・武将録第十戦:花押がいっぱい第十一戦:部隊をつくろう休戦中:伊達柱ミ...

Appendix

カウンタ

カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる