Entries

イブラヒムへの想いを抱いたまま懐妊してしまい苦悩は深まるばかり・・・。篠原千絵『夢の雫、黄金の鳥籠』第5巻

どうも。馬頭です。なんか、来週あたり、ウサギの肉を食べに行くことになりそうだ。ウサギは初めてだな。それはともかく。コレ、出てたけど買い忘れてました。『夢の雫、黄金の鳥籠(きんのとりかご)』第5巻(篠原千絵。小学館。フラワーコミックスα。2014年。429円。186ページ)「ついにイブラヒムと結ばれてしまったヒュッレム。だが、そのことでスレイマン1世を裏切ることに苦悩する。しかも、スレイマン1世に寵愛を受ける...

薩摩の侵略という未曾有の危機に琉球の王子が立ち向かう! 清水おさむ&清水ひろ子『琉球王朝の嵐 風の王子尚龍伝』

どうも。やるべきことは何もやっていない馬頭です。それはともかく。『琉球王朝の嵐 風の王子尚龍伝』(清水おさむ。共同制作/清水ひろ子。桜桃書房。1993年。980円。195ページ)「琉球王国の王子・尚龍は、中国の仙人のもとで武術を修行していたが、祖国・琉球が薩摩・島津家の圧迫にさらされていることを知り、南蛮人に奴隷とされそうになるもなんとか帰国する。だが、琉球宮廷では主戦派と恭順派が対立し、意見がまとまらない...

恋愛漫画の名手が描く新島八重の生き様。藤井みつる『ハンサムレディ 新島八重物語』

どうも。馬頭です。今日は一日ずっと外に出てない休日でした。なのに作業はなにも進んでないという・・・それはともかく。『ハンサムレディ 新島八重物語』(藤井みつる。秋水社・大都社。ダイトコミックス。2012年。762円。)「幕末の会津。頑固者の山本家の娘・八重は、女だてらに家業の銃砲の扱いに長けるようになってくる。しかし激変する時代の潮流は、会津を朝敵として、会津の人々を苦しめるようになっていくのだった・・...

流浪の武士が織田信長とともに生きていくことになり・・・。森川久美『KING OF ZIPANGU(キング オブ ジパング) 信長』

どうも。アパートの契約更新ですっからかんの馬頭です。ちょうどいいので、住んでるところの不満をいろいろ不動産屋に言ってきた。改善されるといいけどなぁそれはともかく。『KING OF ZIPANGU(キング オブ ジパング) 信長』(森川久美。角川書店。あすかコミックスDX。1992年。520円。)「戦国時代。行き倒れていた武士・久慈三郎は、キリスト教の司祭ルイス・フロイスに拾われ、なんとか助かるのだが、その縁がもとで、織田...

最強を目指すヤンキーが幕末の土佐にタイムスリップしてしまい・・・。奥嶋ひろまさ『最強ヤンキー幕末画録 ばぶれもん』第1巻

どうも。馬頭です。いろいろタイミングが合わなくてリハビリに20日ほど行かなかったのですが、どんな姿勢をしてる時間が長かったのか、医者に一発でバレた。凄いなぁそれはともかく。『最強ヤンキー幕末画録 ばぶれもん』第1巻(奥嶋ひろまさ。白泉社。ジェッツコミックス。2013年。571円。187ページ)「現代日本。東京23区ごとの最強ヤンキーたちをことごとく倒してきた高校生・千葉竜平は、袋叩きにあって頭部を殴られ昏倒する...

森蘭丸の視点から見た厳しいけど偉大な主君・織田信長を描く。岡村賢二『第六天魔王信長』第1巻

どうも、なんかいろいろ詰んできた感じの馬頭です。それはともかく。『第六天魔王信長』第1巻(岡村賢二。リイド社。SPコミックス 戦国武将列伝シリーズ。2013年。571円。)「天正5年(1577年)。13歳で信長の小姓となった森蘭丸は、その利発さで信長のお気に入りとなっていく。そして、信長の側に仕えることで、その偉大さと残虐さを間近で見続けることになるのだが・・・」岡村賢二氏の描く信長モノの漫画です。森蘭丸の視点で...

江戸時代初期に武家に入った公家が主人公。南部ワタリ&佐々木裕一『公家武者 松平信平』第1巻

どうも。家賃と更新料、払えるかどうか不安な馬頭です。どうしようアワアワそれはともかく。『公家武者 松平信平』第1巻(南部ワタリ。原作/佐々木裕一。シナリオ構成/子安秀明。白泉社。花とゆめコミックス。2014年。429円。)「慶安3年(1650年)。公家・鷹司家の青年・鷹司信平は、将軍・徳川家光の正室となっていた姉・孝子を頼り、江戸へ出て、武家になった。その妻となることが決まっていた紀州藩主の娘・松姫は、お忍びで出...

幕末大好き女子たちの生態を紹介。ししゃも歳三&今川美玖『萌えよ幕末女子 〜蛤御門でつかまえて〜』

どうも。馬頭です。会社でまた配置換えしてたりしてゴタゴタ。てか、グダグダすぎてもうどうにもならん。別の課の課長は降格扱いらしい。これは同情の余地無し。ウチの課長もはよ。それはともかく。『萌えよ幕末女子 〜蛤御門でつかまえて〜』(ししゃも歳三&今川美玖。メディアファクトリー。2010年。950円。128ページ)第一章 幕女の生態第二章 龍馬と幕女第三章 新選組と幕女第四章 幕女の生態 その二第五章 幕女はゆく...

数々の戦いに勝利し、絶頂期にあった謙信の姿を描く。岡村賢二『上杉謙信』第2巻 龍虎激突 川中島の合戦【完結編】

どうも、馬頭です。はやくシベリア関連の本読まないといかんなぁ。それはともかく。『上杉謙信』第2巻 龍虎激突 川中島の合戦【完結編】(岡村賢二。リイド社。SPコミックス 戦国武将列伝シリーズ。2006年。550円。)「お互いに何度も戦ってきた上杉謙信と武田信玄。永禄4年(1561年)、状況が一進一退する中、川中島で四度目の対決を迎えることになり・・・」岡村賢二氏の描く上杉謙信漫画の第2巻です。たしか1巻は読んでた...

尼子家残党たちと八神彦が出会うのだが・・・。金ひかる『満月に歩こう』第2巻

どうも。パンの耳は結構好きな馬頭です。なのであのランチパックはちょっと物足りない・損をしているような感じがしてしまうのでした。それはともかく。『満月に歩こう』第2巻(金ひかる。青磁ビブロス。PATSY COMICS。1994年。500円。)尼子勝久が主人公の漫画の第2巻。作者は金ひかる氏。1巻に続き2巻も買いましたが、読んでないと思ってたんですが、実はすでに読んでいたみたいです。内容覚えてた。いまだ自分の出自を知ら...

東アジアの国際情勢を踏まえて朝鮮への侵攻の顛末を解説する。中野等『文禄・慶長の役 戦争の日本史16』

どうも。馬頭です。今日は台風一過で凄い晴天でしたね。雲ひとつ無い。それはともかく。『文禄・慶長の役 戦争の日本史16』(中野等。吉川弘文館。2008年。2500円。310ページ)目次国際秩序再編の企て プロローグI 征明を期して 東アジア国際秩序への挑戦1 「惣無事」の目指したもの2 「唐入り」へむけてII 「唐入り」1 侵攻の緒戦と漢城陥落2 朝鮮八道の経略3 明・朝鮮の反攻と日本の守勢化4 戦局の転換III 講和...

戦国の争乱に関わることになった金堀り衆たちの運命は・・・。森秀樹『ムカデ戦旗』全5巻

どうもー。馬頭です。自分の火曜日に午前半休取っておいた先見の明は褒めてあげたい。それはともかく。『ムカデ戦旗』第1巻 金掘り衆(森秀樹。小学館。ビッグコミック。1997年。510円。210ページ)「永禄五年(1562年)。甲斐の国の山中にある金山で働く金掘り衆は、金鉱が枯渇しようとする中、新たな道を探るべく、戦国武将たちの戦いに参加することを決める。新たな頭目となった左吉は、武蔵松山城を囲む武田軍のもとへ行き、...

荒川沿いにロードバイクで北上。松山城まで行ってきました。20141012

どうも。馬頭です。そういや今住んでるところの周りにある史跡とか全然行ってないな。今度探してみるか。それはともかく。この連休は大型台風がやってくる、ということなので、来る前に自転車乗ってしまおうかと思い、ちょっと荒川沿いに走ってきました。出発は七時くらいを考えてましたが、いつものように遅れて八時出発。天気は曇りでちょっと肌寒く感じました。まあ走ってれば気にならない程度。徳星寺これといって目的もなかっ...

ついに恐るべき砦が陥落する時がやってきた! 久慈光久『狼の口(ヴォルフスムント)』第6巻

どうも。馬頭です。前傾姿勢で座った時にお腹に帯状のお肉の余りが出るようになったんですが、これに何か呼び名とかないんですかね。それはともかく。『狼の口 ヴォルフスムント』第6巻(久慈光久。エンターブレイン。ビームコミックス。2014年。620円。172ページ)「仲間のヒルデを倒されるも、ついに砦の煙突の基部で代官ヴォルフラムを追い詰めたヴァルター。しかし、意外にも短剣の名手であったヴォルフラムによって逆に窮地...

外道を貫く最強の忍者がついに復讐を果たす! 今泉伸二&海道龍一朗『惡忍 加藤段蔵無頼伝』第4巻(完結)

どうも。翼の付いた空飛ぶロボットが嫌いな馬頭です。それはともかく。『惡忍 加藤段蔵無頼伝』第4巻(完結)(作画/今泉伸二。原作/海道龍一朗。新潮社。バンチコミックス。2009年。514円。186ページ)海道龍一朗氏の2006年の小説「惡忍 加藤段蔵無頼伝」のコミカライズの最終巻です。作画は「空のキャンバス」「神様はサウスポー」の今泉伸二氏。タイトルは「悪忍」ではなく「惡忍」なので注意。上杉謙信と会うことができた加...

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる