Entries

趙軍との黒羊丘を巡る戦いで渕の頑張りがひとつの勝利をもたらす。原泰久『キングダム(KINGDOM)』第42巻

どうも。馬頭です。近頃職場がギスギスした感じになってきて嫌な感じです。面倒が増えそうだ・・・。それはともかく。『キングダム(KINGDOM)』第42巻(原泰久。集英社。ヤングジャンプコミックス。2016年。514円。209ページ)秦の勃興と大将軍・李信の若き日の活躍と成長を描く戦国時代末期の中国史漫画「キングダム」の42巻です。作者は原泰久(はらやすひさ)氏。黒羊丘の戦いですが、森の中の丘の取り合い、という感じになり...

熊と競馬とヤクザと占い師。死闘の果てのとんだ愁嘆場。野田サトル『ゴールデンカムイ』第7巻

どうも。馬頭です。水道周りにさえ本が積み上がってきて、どうにもならない感じで生活するのがつらいです。それはともかく。『ゴールデンカムイ』第7巻(野田サトル。集英社。ヤングジャンプコミックス。2016年。514円。)「胡散臭い女占い師インカㇻマッとともに苫小牧競馬場に行ってしまった白石。彼を追って競馬場にやってきた一行だったが、ひょんなことからキロランケが騎手として乗ることになり・・・。」「ゴールデンカム...

江戸時代の山林保護政策が奉行と村民の軋轢を起こし・・・。青木朋『土砂どめ奉行ものがたり』

どうも。体ボロボロの馬頭です。会社の健康診断で駄目出しが出てしまいました。初めてだ、こんなの。それはともかく。『土砂どめ奉行ものがたり』(青木朋。双葉社。アクションコミックス。2014年。700円。311ページ)「江戸時代。山の大木を切ったことで神の怒りを買い、仲間と弟を失った青年・利兵衛は、10年後その大木のおかげで大金持ちになっていた。だが、幕府の出した土砂留令によって、山の木々を切らないように言われてし...

桜満開だったのでロードバイクでさくら堤公園に行ってきました。20160406

どうも。たい焼きは頭から食べる派の馬頭です。それはともかく。久々にロードバイクに乗ってきました。実は去年の後半はいろいろあってヤル気なくて、すでに十ヶ月乗ってなかったので、えらい懐かしい感じが。ちなみにこの前会社の健康診断やったら、四キロ太ってて、さらに体調も思わしくない結果が!(たぶん病院で検査しないといかんことに・・・) 今年はもうちょい頑張って走ろう。で、今回はとりあえず桜が満開の季節なので...

Appendix

カウンタ

カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる