Entries

鎌倉時代末期の不穏な世情の中、悪党たちが蠢き始める! 河部真道『バンデット 偽伝太平記』第1巻 赤松入道円心

どうも。馬頭です。えらく久々な記事になってしまいました。同人誌の原稿やってた時から放置してたから二ヶ月ぶり? また復活してちょびちょび書いていきますよ〜。それはともかく。『バンデット 偽伝太平記』第1巻 赤松入道円心(河部真道。講談社。モーニングKC。2017年。570円。191ページ)「元亨三年(1323年)。播磨国佐用庄赤松村。その近くを移動中の車借の一隊が襲撃を受け、下人の少年・石(いし)は奴隷のような生活...

真田家親子を中心に戦国時代の終焉を描く。佐藤ヒロシ『真田一族の六文銭 〜真田幸村 大坂の陣に夢爆ぜる〜』

どうも。おしっこから鰹節の臭いがする馬頭です。(病気か?)それはともかく。『真田一族の六文銭 〜真田幸村 大坂の陣に夢爆ぜる〜』(佐藤ヒロシ。リイド社。SPコミックス。戦国武将列伝シリーズ。2009年。550円。222ページ)「戦国時代の信濃。武田家家臣だった真田家は、武田滅亡の後、周囲の大名たちの間で巧みにくぐり抜け、小勢力ながら力強く独立を守っていた。しかし、時代は天下統一へと向かって進み、真田家の当主・...

薬屋に身をやつし家族を殺した相手を探し続ける復讐譚。宮川輝&石ノ森章太郎『買厄懸場帖 九頭竜』第1巻

どうも。馬頭です。トイレに本を常備しているのですが、毎回その時の新刊を持ち込んでいるので全然読まれないまま置きっぱなしになってます。臭くなりそうだwそれはともかく。『買厄懸場帖 九頭竜(ばいやくかけばちょうくずりゅう)』第1巻(宮川輝&石ノ森章太郎。リイド社。SPコミックス。2015年。630円。)「薬屋として各地を巡る男・九頭竜は、厄を買いとる買厄人としても仕事をしていた。そして九つの頭の竜の金細工のあ...

Appendix

カウンタ

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる