Entries

自転車で川越まで行ってきました。日枝神社とか喜多院とか蔵造りの街並みとか。あとアライグマ

どうも。カレー好きの馬頭です。
今日、またカレー食べたのですが、注文したのが中辛だったのに、やけに辛いのが出て来ました。でも、ここのカレーは頼むといつも辛さが違うから、こんなもんかと思って普通に食べてたんですよ。しかし、辛くて何度も水を頼んだら、変だと思ったウエイトレスが声かけてくれて、やっぱり辛口だったらしく、食べかけなのに中辛のカレーにしてくれました。ありがたいことです。

それはともかく。

昨日もロードバイクで走ってまいりました。
何度も行こうとして断念してた川越です。今までは荒川沿いに北上しても、いっつも秋ヶ瀬公園のあるあたりで足が痛くなったりして断念して帰ることになってたんですが、この日はいってやろうかと思いまして。
朝の5時起きして、すぐ出ようと思ってたんですが、なんだかんだで時間を無駄にしつつ、六時前に出発。しかも、出発してから15分くらいして、自分がレーパン履いてないの気づいて、履きに戻るという失態。もういきなり挫けそうでしたが、なんとか順調に北上していきました。車道走るの怖いので、荒川沿いに進んでったんですが、いつもの引き返しポイントであった秋ヶ瀬公園手前より先に進むと、川沿いの道がなんか道が悪くなって自転車に向いてないところが多くなって困りました。それでも荒川と入間川の合流点の手前まで走り、そこから西へ向かって川越駅の方へ。
そういえば、この河原から普通の道に降りた時、道端に動物の死体があったので見てみたのですが、なんとアライグマの死体でした。はじめ、猫かと思ってみたら狸みたいだったので、狸出るとは田舎だなー、とか思ってたんです。でも家に帰って調べたらアライグマでした。まさかアライグマとはなぁ。野生化したアライグマが問題になってるというけど、こんなところでお目にかかるとは。

そして、川越駅に行くまでの途中に日吉神社があるというので、寄ってみました。
その行く途中に小仙波貝塚跡という看板が立ってる場所もみつけました。小さな公園みたいになってた。温暖化で海水面が上昇してた縄文時代の頃の貝塚があったそうです。


川越行き20111009_01

日枝神社

永田町にある日枝神社は、太田道灌が江戸城築城に際して、この川越にある日枝神社を分祀したもの。で、さらに家康が江戸にやってきた時に、場所を移して今の場所にあるみたいです。
これも、もとは830年に隣にある喜多院が作られたことで、鎮守の神社として滋賀県大津・坂本の日吉大社から860年に勧請したそうです。
「日枝(ひえ)」というのも比叡山のこと。


川越行き20111009_02

日枝神社拝殿

そういえば、この日はなにかイベントが予定されているのか、ここと喜多院の前には地元の人たちが集まってたな。
それと、日枝神社の前にある説明の看板に書かれてる内容が、やけに深い建築に関する情報だった。喜多院内のもそうだったので、建築詳しい人が内容書いたんでしょうけど、観光向きでは無い気がします。


川越行き20111009_03

喜多院(星野山) 慈恵堂

日枝神社の隣にある天台宗の寺院。川崎大師。830年に慈覚大師円仁が建立。徳川家とゆかりの深いお寺でそのため江戸時代にさらに大きくなり、かつては現在の数倍の敷地があったみたいです。明治になって凋落激しかったみたいですが、川崎は空襲とかの被害もなく、いろいろな建物が重要文化財に指定。写真のはメインの慈恵堂です。慈恵大師良源(元三大師)を奉ってます。
ちょうど大河ドラマ「江」がテレビでやってるので、ゆかりが深いという内容ののぼりとかも立ってました。


川越行き20111009_04

門前の天海像

喜多院といえば、天海が住職となったことでも重要。喜多院という名前も天海が付けたようです。それまでは無量寿寺といったそうです。彼が喜多院を関東天台宗の本山としました。


川越行き20111009_05

天皇陛下・皇后陛下 スウェーデン国王陛下・王妃陛下 行幸啓記念碑

ちなみにこの天海像の目の前にこういう碑が立ってました。
2007年3月28日、スウェーデン国王カール16世グスタフとシルビア王妃が来て桜を見たときの記念みたいです。
両陛下、スウェーデン国王夫妻と満開の桜楽しむ - 埼玉
天皇、皇后両陛下・スウェーデン国国王、王妃両陛下 ようこそ、小江戸川越へ
当時の記事など


川越行き20111009_06

慈眼堂

天海大僧正をはじめ、歴代の住職のお墓が慈恵堂の左側の小山みたいなとこにあります。
慈眼堂は天海を奉るお堂。天海の号は慈眼大師ですから慈眼堂。その背後にお墓が並んでいます。
なんと、この小山は七世紀頃の古墳を利用してるそうです。
これ、お堂の正面がこっちだと思ってたんですが、写真の左側が正面。そっちは見てなかった。


川越行き20111009_07

天海の墓碑

歴代住職の墓が並んでるところにある一番大きいのが天海の墓碑。なんか面白い形の墓が多かったような気がします。
天海のお墓は日光・輪王寺にあるんですが、これも墓碑だそうです。天海の廟所・慈恵堂というのは三箇所にあって、ここはそのひとつ。


川越行き20111009_08

多宝塔

お寺にあるこういう形の塔を多宝塔というそうです。
喜多院にもありました。なんか写真撮るの失敗して薄暗くなってしまいました。
ところで、多宝塔のウィキペディアの記事なんですが、なぜか英語のページの方が手の込んだ内容になってます。しかも、外国語で説明があるのは英語とロシア語だけだという。

Tahōtō(wikipedia英語ページ)
http://en.wikipedia.org/wiki/Tah%C5%8Dt%C5%8D
Тахото(wikipediaロシア語ページ)
http://ru.wikipedia.org/wiki/%D0%A2%D0%B0%D1%85%D0%BE%D1%82%D0%BE
さすがにロシア語の方は簡単な記事になってました。


川越行き20111009_09

手水場

慈恵堂の手前にある手水場の水が出るところが龍の形になってて面白かったです。


川越行き20111009_11

五百羅漢

境内には500体を超えるたくさんの像が集まったところがあります。江戸時代に100年がかりで作ったとか。


川越行き20111009_10

蔵造りの街並み

川越市の中心部には古い蔵造りの建物が多く残っていて、「蔵造りの街並み」は重要伝統的建造物群保存地区ということでひとつの通りが観光地になっています。見世蔵と呼ばれるやつで、店舗として使え、現在もお店が入っています。川越は芋が名物だそうで、芋の菓子のお店が多かったです。まあ、到着したのがまだ九時くらいだったので、だいたいのお店は開いてなかったですが。
通りを見ると、わざと電信柱を取り払ってて、よく見えるようになっています。でも、通りそのものは車も通る普通の道だったのはもったいない。人だけ通れるようにすればいいのに。
ここの近くに「時の鐘」という三階建てくらいの江戸時代の塔があったのですが、知らなかったので見れずじまい。

というわけで、ちょっと見るだけですまそうと思っていたのに、結構時間かけて見てしまいました。
このあと、ふたつの川越駅の前を通って、254を南下しはじめたんですが、この道が狭くて寄ってくる車が怖くて途中で避けて、もう一度荒川沿いに下ろうとして北上。秋ヶ瀬公園のある橋のとこで河川敷を走り始めます。
すでに相当疲れてたんですが、なんか、来る時はいなかったコバエみたいな虫がたくさん体にまとわりついてきて座って休めなかったので、ヘロヘロの状態のままさらに走ります。
で、中山道までいってから南下して帰る道を走ってたんですが、途中から足の痛みとかが酷くなりまして、何度も止まりながら行くことに。坂道なんか少しの傾斜角でも辛かったです。
そして、ようやく12時半くらいに帰宅。足も股間もむちゃくちゃ痛くてその日一日は痛い痛い言いながら行動するハメになりました。
川越まで直線距離で30キロ。往復で60キロですし、実際の距離はもっとでしょうから、これなら実家の横浜まで帰れそうですね。寒くなる前に実行してみたいものです。
それに、川越そのものももう一度ちゃんと観光したいものです。
いや~、それにしてもつかれた。

参照サイト
川越市/ 川越市公式ホームページ Kawagoe City Official Web site
http://www.city.kawagoe.saitama.jp/www/toppage/0000000000000/APM03000.html
川越市(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E8%B6%8A%E5%B8%82
川越藩(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E8%B6%8A%E8%97%A9
日枝神社(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9E%9D%E7%A5%9E%E7%A4%BE_%28%E5%B7%9D%E8%B6%8A%E5%B8%82%29
喜多院(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%96%9C%E5%A4%9A%E9%99%A2
川越大師 喜多院
http://www.kawagoe.com/kitain/
土蔵(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%9F%E8%94%B5
アライグマ(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B0%E3%83%9E

関連記事
自転車で荒川まで行ってきました。あと赤塚城と氷川神社
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-876.html
ロードバイクを買ってしまいました。とりあえず、2時間ちょい乗ってみました。GIANT DEFY3
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-821.html
前々からやりたいと思っていた江戸城巡りをしてきました。靖国神社も初参拝
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-737.html
二回目の八王子城巡りに行ってきました。搦め手側にも行きましたよ。あと最後に猿と遭遇!
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-646.html



「小江戸川越見て歩き (見て歩きシリーズNEW8)」
「政界の導者 天海・崇伝」
「ジゴロ次五郎」1巻。なぜこれかというと、舞台が川越だったから。作中では「河越」になってますが。



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ



関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる