Entries

大阪夏の陣で活躍する真田幸村ら七人の武将たち。竹谷州史&仲路さとる『真田幸村 紅蓮の花』上下巻

どうも。甘いの大好きな馬頭です。
ファミマで売ってるサーターアンダギーがあまり置いて無くなってしまい、最近は近場のファミマを巡回して探しています。一切無くなる前に買いだめしとかないと。

それはともかく。

竹谷州史&仲路さとる『真田幸村 紅蓮の花』上巻

『真田幸村 紅蓮の花』上巻

(竹谷州史&仲路さとる。新潮社。バンチコミックス。2010年。514円。)
「1615年5月。徳川家康の幕府軍は、大坂城に残る豊臣秀頼ら豊臣勢力を一掃すべく攻め寄せようとしていた。豊臣恩顧の武将や行き場のない浪人たちは豊臣側として戦うべく、大坂城へと集まるのだった。そんな中、徳川家康より信濃一国と引換えに味方になるよう誘われた真田幸村だったが、それをあっさりと断り、彼もまた大坂城へと向かうのであった・・・」


架空戦記ものでお馴染みの仲路さとる氏が大阪夏の陣を描く漫画の原作を書いた作品。作画担当は「月の光」で見事な描写を魅せてくれた竹谷州史氏。仲路さとる氏は漫画の原作をやったのはこれが初めてだそうです。

真田幸村を中心に、大阪夏の陣で豊臣側に付いた七人の武将の活躍を描きます。七人は、真田幸村、毛利勝永、後藤又兵衛、薄田兼相、木村重成、明石全登、長宗我部盛親、となります。
戦国最後の戦いに不利を承知で参加し、戦国武将としての意地を通す戦いを描く話です。
戦闘描写のノリは「花の慶次」みたいな感じ。

竹谷州史&仲路さとる『真田幸村 紅蓮の花』下巻

『真田幸村 紅蓮の花』下巻

(竹谷州史&仲路さとる。新潮社。バンチコミックス。2010年。514円。)


上巻は道明寺の戦い、下巻は大坂城での戦いを中心に描きます。特に、伊達政宗と片倉重長が真田幸村のライバルとして登場します。徳川方は徳川家康が権力に妄執する人物として描かれるので、この伊達家の二人にそういう役が振られています。
ところで、真田幸村の娘のひとりはこの片倉重長の奥さんになってるんですね。
連載は「コミックバンチ」でした。

参照サイト
月刊コミック@バンチ
http://www.comicbunch.com/
大坂の陣(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%9D%82%E3%81%AE%E9%99%A3
道明寺の戦い(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%93%E6%98%8E%E5%AF%BA%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84
薄田兼相(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%96%84%E7%94%B0%E5%85%BC%E7%9B%B8
明石全登(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%8E%E7%9F%B3%E5%85%A8%E7%99%BB
真田信繁(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E7%94%B0%E4%BF%A1%E7%B9%81

関連記事
真田幸村と直江兼続の二人の関係を描く作品。火坂雅志&結賀さとる『天地人 師弟愛編 回雪抄』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-929.html
石田三成、大谷吉継、直江兼続の三人の活躍を描く。岡村賢二『関ヶ原英傑伝 西軍の殉将たち』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-815.html
木村重成や毛利勝永といった活躍があまり知られていない人物たちの物語。河村恵利『戦国落城秘話 青柳の糸』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-760.html



「長宗我部戦記」
「歴史REAL vol.4」
「日本に自衛隊がいてよかった 自衛隊の東日本大震災」



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる