Entries

あの悪妻が登場。騙されて結婚するハメになったウィリアムだが・・・。ハロルド作石『7人のシェイクスピア』第5巻

>”雷帝”イヴァン四世の伝記を読みました。今夜は悪い夢をみそうです・・・・・
>しかし、ロシア史も案外おもしろいですね。タタール系諸国との激突。ギリシア正教の受容。
>白海を通しての英国との交流。いずれも興味深いです。
>床屋さんで読んだ雑誌で「マイウェイ   12000キロの真実」という映画が紹介されていました。
>おもしろそうです。どことなく、小林源文の「ハッピータイガー」に似ているような・・・・・
ロシア史は面白いですよ~! バラエティにとんでます。
映画「マイウェイ」は面白そうですね。確かに「ハッピータイガー」的な無茶さがありますが、これがホントの話を元にしてるってなら凄いですね。

映画『マイウェイ 12,000キロの真実』特報


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうも。馬頭です。
今日、郵便受けのところにヤモリがいました。尻尾切れたヤツ。

それはともかく。

『7人のシェイクスピア』第5巻_ハロルド作石

『7人のシェイクスピア』第5巻

(ハロルド作石。小学館。ビッグスピリッツコミックススペシャル。2011年。533円。)
「国務大臣ウォルシンガムによるカトリック弾圧は、ウィルの敬愛するコタム司祭にも魔手を伸ばし、彼は捕らえられてしまう。さらにウィルは、ストラトフォード近傍に住む知人の姉アンに罠にかけられ、妊娠させられたと言われて結婚することになるのだが・・・」


「BECK」のハロルド作石氏によるシェークスピア漫画の第5巻。まだロンドン行ってません!

この巻では、国務大臣ウォルシンガムによるカトリックへの弾圧がストラトフォードまで及んできます。カトリックの信仰に大きな救いを得ていたウィルが敬愛してる隠れ司祭のコタム司祭の弟もすでに逮捕され、コタム司祭にも官憲の手が及び、囚われ拷問されてしまいます。
これを嘆くウィルですが、彼にも大変な問題が。ストラトフォードの近くに住む行き遅れの農夫の娘アンが、不倫で妊娠したことから、急いで結婚しないといけなくなってしまい、相手として弟の知り合いの資産家の息子に目を付け、ウィルが罠にハメられてしまうのです。
妊娠させられたとして結婚を迫られ、キモい悪妻を妻とすることになってしまったウィル。この苦難の連続に嘆きはより深くなるのですが・・・
あと、鹿泥棒の話とかも入ります。

この巻からの新キャラ、悪妻として後世に伝わるウィリアム・シェイクスピアの妻アン・ハサウェイの登場です。マジで嫌な奴ですよ!
ちなみに、女優のアン・ハサウェイはこのアン・ハサウェイから名前を取ったとか。

参照サイト
小学館 コミック -ビッグコミックスピリッツ~SPINET
http://spi-net.jp/this_week/index.html
マイウェイ 12000キロの真実映画公式
http://myway-movie.com/
フランシス・ウォルシンガム(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%A0

関連記事
語られるシェイクスピアと友人ジョンの過去・・・。ハロルド作石『7人のシェイクスピア』第4巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-846.html
ランスは女性への愛の権利をかけて芝居の出来で勝負することになり・・・。ハロルド作石『7人のシェイクスピア』第3巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-714.html
流れ着いた中国人少女リーを若い商人だったシェイクスピアが拾い・・・。ハロルド作石『7人のシェイクスピア』第2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-594.html
予言の力を持つ中国人少女リーとシェイクスピアの運命が結び付く。ハロルド作石『7人のシェイクスピア』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-471.html
戦国時代にイギリスに渡ったサムライの少年バガンの活躍を描く。山田和重『グラン・バガン』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-345.html
流れ着いた日本人がドイツ軍の戦車兵となって各地を転戦する・・・。小林源文『ハッピータイガー』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-135.html



「リチャード三世」。新潮社の新装版のやつは表紙がどれもかっこいいシリーズになってますね。
「ストライクアンドタクティカルマガジン増刊 じ~く 」2011年 11月号
「『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box Ⅰ」



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ     →web拍手・コメントはこちらへ



関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる