Entries

ソ連軍は突如として北海道へと侵攻し・・・。都島京弥と有事研究グループ『ソ連軍日本侵攻』第1巻

こんばんは。馬頭です。
明日の朝は天気良かったら自転車乗ろうかな。昨日出れなかったし。

それはともかく。
本日、11月7日は革命記念日です。なので、ソ連軍ものでも。
ついでに、今日はキュリー夫人の誕生日でもあります。

都島京弥と有事研究グループ『ソ連軍日本侵攻』01巻

『ソ連軍日本侵攻』第1巻

(都島京弥と有事研究グループ。芳文社。芳文社コミックス。1980年。480円。239ページ)
「198☓年12月。日本領内に侵入したソ連軍の戦闘機により空自の戦闘機は撃墜され、各地の空港も爆撃される。ソ連側の奇襲によりはじまった北海道侵攻は、瞬く間に北海道全土へと拡大する。弱腰の政府は国民に真実も告げられぬまま後手に回ってしまうのだが・・・」


ソ連軍が日本に侵攻してくるという内容の冷戦時代の漫画です。あの芳文社が昔はこんなの出してたのか。時代は変わったなぁ・・・

内容的にはよくあるソ連侵略ものです。ちょっと特異な設定としては、実戦経験がなくて戦えない自衛隊ということを描いたあと、極秘裏に中東で赤軍コマンドに扮して実戦経験を積んできた陸自の特殊部隊員が帰国してきて戦いに参加するってとこかな。
あと、ソ連軍がすっかり北海道の各所にやってきている状態なのに、東京とかだと情報が規制されて民衆にほとんどそのことが知られていないというのは無理があるんじゃないかと。1980年代の設定なのに。
それと、はじめの方で、酔って吐いた男が、すぐその後に恋人にキスするシーンにはツッコミを入れたい。とんだ甘酸っぱいキスだよ!

印刷の状態が良くないので、雑誌か単行本かのをそのまま撮影して作った再録ものみたいですね。
残念ながら2巻以降は出ていないようです。(追記。Twitterで教えていただきましたが、これは全二巻だそうです。同時発売。しかも、描き下ろし作品だから、画質が悪いのは別の理由かと。)

参照サイト
漫画の殿堂・芳文社
http://houbunsha.co.jp/
十月革命(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E6%9C%88%E9%9D%A9%E5%91%BD
マリ・キュリー(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%AA%E3%83%BC

関連記事
これは持ってないなと思ったら・・・。小林源文『SAMURAI SOLDIER(サムライソルジャー)』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-521.html
第2次世界大戦のさなか、特殊な力を持つ少女ナージャは700年前の亡霊と戦うことに・・・。『ファースト・スクワッド(First-Squad)』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1005.html
ソ連に政変がおきて1995年にソ連軍が北海道へと侵攻する! 小林源文、ほか『BATTLE OVER 北海道(バトル・オーバー・北海道)』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-66.html
ソ連軍ものとか多めのコミックアンソロジー。伊藤明弘氏も描いてる。『BATTLE ZONE(バトル・ゾーン)』VOL.1
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-16.html



「けいおん!」 1巻。
「兵馬の旗」2巻。
「世界の戦車ガールズイラストレイテッド 第二次大戦編」



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる