Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに立ち上がる盟約者団。ヴァルターは報せを持って山を越えようとするのだが・・・。久慈光久『狼の口 ヴォルフスムント』第3巻

今日は100年に一度の「1」が6つ並びの日。

それはともかく。

久慈光久『狼の口(ヴォルフスムント)』第3巻

『狼の口 ヴォルフスムント』第3巻

(久慈光久。エンターブレイン。ビームコミックス。2011年。620円。196ページ)
「ついに『狼の口』攻略へととりかかるイタリアに潜伏する盟約者団は、スイス側との挟撃を狙うべく、同時決起のための連絡を目論む。ヴィルヘルム・テルの息子ヴァルターは、この役目のため再び峠を越えようとするのだが、砦側での陽動に戦い方を教えてくれたアルベルトとバルバラの兄妹が決死隊として向かうと聞き・・・」


14世紀初頭のスイスの独立運動と、それを阻む関所「狼の口(ヴォルフスムント)」での凄惨な出来事を描く作品の第3巻。

この巻から、人々を苦しめ続けた「狼の口」への反攻がついにはじまります。関所の代官ヴォルフラムさんは、いい具合にみんなに恨まれてますね~。
はじめの話に出てくる隻眼の兄妹アルベルトとバルバラも、両親を殺され目を片方潰されてて、恨み憎んでやみません。彼らは決死隊に志願して戦い、やはり無惨に殺されてしまいます。しかし、この陽動のおかげで、ヴァルターは狼の口を迂回して、監視網からすり抜けて、スイス側へと行くことに成功します。もっとも、ヴォルフラムさんが有能過ぎて、辛いことにもなりますが・・・。
こうして、とうとうイタリア側・スイス側の両方からの反乱がはじまり、はじめの攻略目標として、「狼の口」が選ばれて挟撃されることになるのですが・・・。
頑張れヴァルター! 頑張れ盟約者団! ・・・でも、ヴォルフラムさんが相手だと、何かやっぱり悲惨なことが起こるんじゃないかと、ワクワクドキドキですね♡
とりあえず、新キャラの切り裂きヒルデさんがどうなるかが楽しみです(ェ-

参照サイト
fellows(フェローズ)公式
http://www.enterbrain.co.jp/fellows/
ザンクト・ゴットハルト[峠](kotobank.jp)
http://kotobank.jp/word/%E3%82%B6%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B4%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%83%88%5B%E5%B3%A0%5D
Gotthardpass(wikipedia ドイツ語)
http://de.wikipedia.org/wiki/Gotthardpass
アキバブログ 狼の口 ヴォルフスムント3巻 「久慈光久が描く、狂瀾怒濤の中世叛乱活劇!!」
http://blog.livedoor.jp/geek/archives/51303564.html

関連記事
次々と希望を打ち砕く容赦ない展開。久慈光久『狼の口 ヴォルフスムント』第2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-609.html
ハプスブルク家によるスイス抑圧の象徴たる関所を巡る物語。久慈光久『狼の口 ヴォルフスムント』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-359.html
「狼の口」の作者による短編集。戦国時代の鉄砲撃ちものが多い。久慈光久『鎧光赫赫(がいこうかっかく)』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-422.html
騎士たちを殺す歩兵の時代。ダグラス・ミラー&G・A・エンブルトン『戦場のスイス兵 1300-1500 中世歩兵戦術の革新者』(オスプレイ・メンアットアームズシリーズ)
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-411.html
スイス史は森田安一氏が担当。中欧の小国の歴史をまとめた一冊。山川出版社『新版 世界各国史14 スイス・ベネルクス史』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-361.html
自分の国は戦って手に入れる! 自立と妥協とバランス感覚。ウルリヒ・イム・ホーフ『スイスの歴史』
http://xwablog.exblog.jp/9407587



「ヒストリエ」7巻。
「ヨーロッパアルプス登山・ハイキング―ニースからウィーン…4000m級から易しいコースまで310コース (登山シリーズ)」
「ダンス・マカブル」1巻。なぜか高額になってますね。実はレアなの?



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。