Entries

復活したマヤの神・ククルカンを巡る各国の暗闘がここにはじまる! 広江礼威『翡翠峡奇譚』全2巻

こんばんは。馬頭です。
今日は何もしてないのに、もう夜です。休みがもったいないなぁ。

それはともかく。

『翡翠峡奇譚』第1巻_広江礼威『翡翠峡奇譚』第2巻_広江礼威

『翡翠峡奇譚』第1巻と第2巻
(広江礼威。小学館。サンデーGXコミックス。2005年。533円。)
「1935年のメキシコ。チチェン・イッツァの遺跡に発掘調査に来ていた日本の調査隊は、ナチス・ドイツの親衛隊によって襲撃され、帝大考古学室の助手・脇坂伊織と現地の案内人カルロだけが生き残ることができた。なんとか助かった彼らは、助けてくれた神父の申し出により、ナチスが捜す『ククルカンの神殿』を先に見つけるため、森の中へと入っていく。そして、奥地にあった遺跡の中で、巨大な翡翠の中に閉じ込められている女の子を見つけるのだが・・・」


「BLACK LAGOON」の広江礼威氏の商業初単行本「翡翠峡奇譚」の新装版です。
「月刊コミックコンプ」で1993年から連載していた作品で、角川書店から一度単行本が出てます。たしか、92年10月の角川のお家騒動で「コンプ」から多くの作家が「ガオ!」に移籍したため、急遽入ることになった新人作家作品のひとつだったかと思います。

遺跡に眠る凄い力を持った古代世界のオーパーツを求めて各国が暗躍する第二次世界大戦前が舞台。
帝大の考古学をやってる青年・脇坂伊織が、遺跡の奥にあった巨大な翡翠の中の少女・マヤ神話における偉大な神ククルカンを復活させてしまい、彼女と行動を共にすることになります。
こうしてククルカンを狙うナチスの魔術師・グルマルキンや親衛隊との戦いとなり、今に通じるようなドハデなアクションを繰り広げていきます。1巻のあたりとかはそうでもないんですが、2巻の太平洋の島に乗り込むあたりから、「BLACK LAGOON」みたいなケレン味たっぷりなセリフ回しや描写が出てきて、もうここらへんからあのかっこ良さがはじまってたのか、と思わせます。
残念ながら全二巻で未完です。
たしか旧版も持ってますが、おまけ漫画とかついてるのでこっちも手に入れてありました。久々に発掘して読んでみたけど、相変わらず面白かった。

参照サイト
広江礼威 公式サイト VIOLENT DOGS DIVISION 広江礼威公式
http://www.din.or.jp/~redbear/
ククルカン(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%B3
チチェン・イッツァ(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%83%E3%83%84%E3%82%A1
月刊コミックコンプ(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%88%E5%88%8A%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%97

関連記事
ナチス・ドイツの歴史と組織と兵器を可愛い女の子の絵とともに紹介。森瀬繚『萌え萌えナチス読本』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-430.html
古代メキシコにタイムスリップしてしまった少年は・・・。多武峰洸&よしゆき『焔の柩(ひのひつぎ)』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-896.html
無文字社会の歴史を伝える者のその意図を読み解く。染田秀藤『インカ帝国の虚像と実像』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-913.html
古代よりも前の時代に起きた出来事について憶測する。アレクサンドル・ゴルボフスキー『失われた文明 一万二千年前の世界』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-261.html



「REIGHBORHOOD!REI HIROE ILLUSTRATIONS」
「マヤ神話―ポポル・ヴフ」
「アドベンチャーズ・オブ・インディ・ジョーンズ コンプリートDVD」



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ

関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる