Entries

王子アレクサンドロスの過去とヘファイスティオン誕生の経緯とは・・・? 岩明均『ヒストリエ(HISTORIE)』第7巻

どうも。馬頭です。
「ベン・トー」は「ベン・ハー」をパロったタイトルつけてる胸熱な弁当小説ですが、これはやはり最後にショッピングカートによる戦車戦となるのかは気になるところ。(注・なりません)

それはともかく。

ヒストリエ(HISTORIE)第7巻_岩明均

『ヒストリエ(HISTORIE)』第7巻

(岩明均。講談社。アフタヌーンKC。2011年。552円。210ページ)
「母親オリュンピアスによってもうひとつの人格ヘファイスティオンを持つようになった王子アレクサンドロス。彼はミエザで学ぶ中で、同年代の若者たちとの交流を深めていく。その頃、王都ペラで働くエウメネスは、マケドニア式の将棋を作るなどして、国王フィリッポスに仕える家臣として組み込まれていき・・・」


古代ギリシャ世界の名将エウメネスを主人公にした漫画「ヒストリエ」の最新刊が発売になりました。
ここらへんからやっとマケドニア王国の家臣らしくなってきましたね。

7巻の前半は、アレクサンドロス王子の話で、ヘファイスティオンという人格を持つ二重人格者となってしまった経緯が描かれます。古代世界で一番おっかないお母さん・オリュンピアスも、全裸で大立ち回りするという見せ場があったりしますが、岩明均氏の描く女性って、なんでこう、怖い人か、テンパッてる人か、ほわほわっとした人ばっかりなんでしょうかね!?
あと、ミエザでのハルパロスの事故のことに絡んで、助けてくれた平民のペウケスタスがミエザ入りすることになります。実際ペウケスタスはミエザ出身らしいですから、こういう展開にしたのか。
後半はエウメネスがフィリッポスのそれなりに重要な家臣になって働きはじめる話です。前340年にマケドニア軍はマルマラ海北岸にある親アテネの都市、ペリントス(現在のマルマラ・エレーリシ)とビザンティオン(現在のイスタンブール)を攻めることになりますが、その手前にある同盟都市カルディアを経由して向かうにあたり、先遣隊の指揮官として現れたのがエウメネスとなります。彼の故郷であり、そして父を殺して権力を奪った男ヘカタイオスが代表となっている町へ、再びやってくることになったわけです。
なんかこれだけ立場が逆転した状態でやってきたわけですから、もっと恨みつらみで何かするのかと思ったら、意外とあっさりしたやりとりになってましたね。まあ、この飄々としたキャラクターらしいとも言えますが。それより、二つの都市への攻撃の方がはじまって、そっちの方がじっくり描かれることになりそうです。
エウメネスも出世してきましたし、戦いが本格的に描かれるようになったので、これからが楽しみですね~! また、あの時のような奇抜な戦法や策略を見せてくれたりして、活躍してくれるのでしょうか?



そういえば、この7巻は作中でも登場した「マケドニア将棋」ができる駒と将棋盤が付録になっている限定版が出ています。単行本の表紙の絵も違います。とりあえず、通常版を買いましたが、良さそうなら限定版も買ってみようかな? でも、対戦相手がいないのが問題です・・・。


参照サイト
アフタヌーン 講談社
http://www.e-1day.jp/afternoon/magazine/
HISTORIA
http://pezetairoi.hp.infoseek.co.jp/index.html
ビュザンティオン(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%A5%E3%82%B6%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%83%B3
Marmara Ereğlisi(wikipedia)英語
http://en.wikipedia.org/wiki/Marmara_Ere%C4%9Flisi

関連記事
マケドニアに仕えはじめたエウメネスがアレクサンドロス王子に出会う。岩明均『ヒストリエ(HISTORIE)』第6巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-460.html
こうしてエウメネスはマケドニアへ・・・。岩明均『ヒストリエ(HISTORIE)』第5巻
http://xwablog.exblog.jp/10403921
ローマ軍に包囲されたシラクサ市の中でローマ人の女性を救うためスパルタ人の青年が・・・。岩明均『ヘウレーカ(HEUREKA)』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-96.html
ヘファイスティオンは迷走するアレクサンダーを支えるのだが・・・。赤石路代著『アレクサンダー大王 天上の王国』第3巻(完結)
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-801.html
「ヒストリエ」が連載再開。「ヴィンランドサガ」は病気で休載。『月刊アフタヌーン』2010年7月号
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-465.html



「Fate/Zero」Blu-ray Disc Box Ⅰ。どこぞの誰かとは大違いな豪放磊落なライダーさんが大暴れなのが嬉しいところ。
「ベン・トー」Blu-ray第2巻
「アレキサンダー」Blu-ray



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる