Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小野忠明、スコット、シュリーマンらの短編漫画。落合ひさお『一刀流抜殺剣 落合ひさお短篇集1』

どうも。馬頭です。
結局、前の歯医者では虫歯を見つけるために半年ごとに検診に来いと言っておきながら、あからさまに分かる虫歯を放置させておくというダメ歯医者だということが判明。つまり、この数年で削りに削った歯は全部無駄だったという・・・。新しい歯医者は、いい感じです。

それはともかく。

落合ひさお『一刀流抜殺剣 落合ひさお短篇集1』

『一刀流抜殺剣 落合ひさお短篇集1』

(落合ひさお。集英社。ジャンプコミックス。1994年。390円。203ページ)
「戦国末期。江戸に道場を構える一刀流の神子上典膳のもとに、坂上大膳の娘・綾乃が訪れる。彼女は亡き父と互角に渡り合った神子上の下に弟子入りしようとしたのだが、神子上にすげなく断られる。食い下がる綾乃に対し、立ち会いをすることになるのだが、神子上は卑怯なことをして彼女を打ち据え・・・」


歴史ものの短編が3つと、創作少年マンガが一本入った短篇集です。作者は、あろひろし氏のアシスタントだったという、落合ひさお氏。絵の画風から見るに、原哲夫系なのですが、原哲夫のアシスタントだったかとかはわかりませんでした。掲載誌は「月刊少年ジャンプ」か「増刊ジャンプオリジナル」でした。

短編「一刀流抜殺剣」は、小野派一刀流の開祖、小野忠明の話です。
「極点の人」は、南極探検で死亡したイギリスのスコットの話。
「トロイの木馬 シュリーマン物語」は、そのタイトル通り、シュリーマンがトロイ遺跡を発掘する物語です。
あと、歴史ものじゃないのですが、「THE BOUNCER(ザ・バウンサー)」という少年漫画が入っています。
スコットとシュリーマンの話はドキュメンタリー系少年漫画らしい作品ですが、「一刀流抜殺剣」はまんま原哲夫漫画といった作風です。死ぬ時の変な奇声までやるとは・・・。

参照サイト
週刊少年ジャンプ
http://www.shonenjump.com/j/
小野忠明(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E9%87%8E%E5%BF%A0%E6%98%8E
ロバート・スコット(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%88
ハインリッヒ・シュリーマン(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%92%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3

関連記事
完結編となって戻ってきた! 女剣士たちの壮絶剣技が冴える。上山徹郎『ミツヨシ 完結編』上巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-284.html
そんなバカな! コーエーが無双シリーズとして「トロイ」を出すとかって・・・。「トロイ無双」発売三月予定
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-701.html
北の地へ追いやられた佐竹氏が新しい城の選定で紛糾し・・・。岩明均『雪の峠・剣の舞』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-448.html



「世界最悪の旅―スコット南極探検隊」
「アリョーシャ! 」第2巻
「幸福立国ブータン 小さな国際国家の大きな挑戦」



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ



関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。