Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デモ鎮圧のための軍事行動の中で明かされるイケメン優等生の正体とは・・・。中島三千恒『軍靴のバルツァー』第2巻

どうも。馬頭です。
スライム肉まんは、結局食べるどころかお店で見かけることさえありませんでした。みんな、そんなにスライム好きなのか。

それはともかく。

中島三千恒『軍靴のバルツァー』第2巻

『軍靴のバルツァー』第2巻

(中島三千恒。新潮社。バンチコミックス。2011年。552円。)
「軍事大国・ヴァイセン王国から軍事顧問として、隣りの軍事後進国バーゼルラントへとやってきたバルツァー少佐。第二王子ライナーとの射撃実験の勝負に勝ったことで、妙な悪名と一部の支持者を得ることになった。そんな中、生徒の父親が経営する武器工場で起きた問題が、大規模なデモにまで発展してしまい・・・」


近代ヨーロッパのような架空の世界で同盟国の軍事教官になった青年の士官学校での苦闘を描く「軍靴のバルツァー」の第2巻です。思ったよりか早く2巻出ましたね。作者は中島三千恒氏。


今回はバーゼルラント国内の不満勢力がデモを起こす話です。しかも、背後で操ってるやつらがいるみたいというのがやっかいそうですね。
そして、この巻ではバルツァーと同輩だったヴァイセンの元軍人リープクネヒトが登場します。彼は危険な扇動者であり、この国で何かやらかそうとしています。
バルツァーが、一部の生徒の支持を得つつ、この国の軍事的な問題を解決しようと模索するのですが、なにやら第二王子ライナーをはじめ、政治的にいろいろ問題があるのが障害となっていきます。
不穏な情勢の中、デモの鎮圧に乗り出した第二王子ライナーと、彼の率いる士官学校の歩兵科・砲兵科の生徒たちに助力するため、バルツァーも騎兵科の生徒を勝手に連れてデモ隊の来るであろう橋へと向かうことに。
これは生徒たちにとっての初陣となるのですが、なかなか面白いことになってきました。あと、騎兵科の優等生ヘルムートにとんでもない秘密があったことが発覚します。ええ~っ!? っと、吃驚させていただきましたよ。この展開は予想外でしたが、むしろ今後が楽しみですね~(ニヤニヤ)

参照サイト
雪中送炭(中島三千恒)
http://mititune.xii.jp/
 雪中送炭 ブログ
http://mititune.blog49.fc2.com/
軍靴のバルツァー | 連載作品 | web@バンチ
http://www.comicbunch.com/comicinfo/baltzar/
デモ活動(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%A2%E6%B4%BB%E5%8B%95

関連記事
呉の若き君主・孫権の苦悩と戦いの中での成長を描く。中島三千恒『赤壁ストライブ』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-379.html
曹操の息子・曹丕が主人公の漫画。中島三千恒『魏志 文帝紀 建安マエストロ』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-375.html
1900年のベルリンを舞台に人外の存在が活躍する。九条菜月『ヴェアヴォルフ オルデンベルク探偵事務所録』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-194.html
プロイセン王国の紋章入りの国旗柄ファスナーホルダーを入手。小さいのでいろいろなところに付けれそう
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-76.html
戦争の革新的時代に焦点を当てて紹介する。学研・歴史群像 グラフィック戦史シリーズ『戦術戦略兵器事典 3 ヨーロッパ近代編』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-695.html



「軍靴のバルツァー 」第1巻
「兵士になった女性たち―近性ヨーロッパにおける異性装の伝統」。この本、むちゃくちゃ面白かったです。
「19世紀ドイツの軍隊・社会・国家」



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ



関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。