Entries

アホな少年が好きな女の子を追って実験考古学をやることに・・・。いとうれいこ『オレンジシップ 諸平野大学実験考古学ゼミノート』第1巻

どうも。馬頭です。
「勅使河原」が公家の家名のひとつかと勝手に思いこいんでいたんですが、実は埼玉の地名だったと判明。

それはともかく。

いとうれいこ『オレンジシップ 諸平野大学実験考古学ゼミノート』第1巻

『オレンジシップ 諸平野大学実験考古学ゼミノート』第1巻

(いとうれいこ。講談社。講談社コミックス。2010年。552円。)
「かつて住んでいた土地に10年ぶりに戻ってきたフリーターの松本吉兆は、10年前の約束をやぶったことで幼馴染の浜田くららに冷たくされてしまう。彼女の通う大学の実験考古学ゼミの先輩たちは、そんな吉兆をおもしろがって、かつて埋めたタイムカプセルを探すのを手伝ってくれて・・・」


珍しい考古学ものの漫画です。「マガジンイーノ」で連載してたものですが、もう「イーノ」潰れちゃいましたね。どうなるんでしょうか。

幼なじみの女の子と親しくなりたいために、大学の実験考古学のゼミのやる、ヘンテコなことを手伝う話です。
主人公大学生じゃないのですが、こういうのいいのでしょうか?

参照サイト
月刊少年マガジンWEB
http://kc.kodansha.co.jp/magazine/index.php/04777

関連記事
まさかの縄文時代漫画。夫婦を中心にとある村を活き活きと描く良作。高室弓生『ニタイとキナナ』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-906.html
開発と発掘の狭間で苦しむ男は・・・。もりやてつみ&佐藤宏之『コミック版 プロジェクトX 挑戦者たち 王が眠る神秘の遺跡 父と息子・執念の吉野ヶ里』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-418.html
日本神話の世界と古代日本史を壮大な空想で繋ぐシリーズ。安彦良和『古事記 巻之一 ナムジ 大国主』全5巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-249.html



「石器づくりの実験考古学」
「古代人はどう暮らしていたか―実験考古学入門」
「逃げる公家、媚びる公家―戦国時代の貧しい貴族たち」



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる