Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊達家に襲いかかる南奥州連合軍との人取橋の戦いの行方は・・・。阿部川キネコ『姫武将正宗伝 ぼんたん!!』第5巻(完結)

web拍手レス
>そういえば、図書館で妙な資料を見かけたことがあります。日本史関係の本なのですが、
>出版社の名前がどこにもないのですよ。ちなみに、著者によって寄贈された本でした。
>あれは同人誌の一種でしょうか?ぼくは同人誌のことがよくわからないのですが、
>つくった記念に図書館に寄贈、ということもあるのでしょうか。
本の装丁の仕方によっては、図書館に置いてある状態ではどこの部分にも出版社名が残らない場合もあるかと思います。箱とかカバーとか付属のものを捨てて、本の本体部分しか置かない場合ありますし。でも、今回の感じだと自費出版か同人誌かなんかかという感じが。普通の図書館の場合は知りませんが、国会図書館とか、自作の本を持って行って所蔵してもらうことができる場所はありますよ。

>旧ソ連は映画を非常に大切にしていたそうです。第二次世界大戦末期に奪った日本映画のフィルムも、
>大事に大事に保管しておりまして。21世紀になってからそれらのフィルムが日本に里帰りしたそうです。
>いまとなっては貴重な史料ですね。日本ではそういうの使い捨てだったそうですが。
>文化の厚みの差ですかね。 ソ連崩壊後変わってきたかもしれませんが・・・・・
>伝統を生かして良い作品をつくってほしいものです。アニメとか。
興味深いですね。日本だとフィルムは消費するものという捉え方だったのでしょうかね~。
ロシアのアニメはなかなか質が良いですよ。もっと日本に紹介されるといいのですが・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

休日に目が覚めたら午後二時だった馬頭です。
年末に向けて着々と部屋の片付けが・・・進みません。あれか。エジプトの盗掘人たちが、古代の墓の中から効率よく貴金属だけ取り出すために火をつけたように、うちもそうすりゃいいのか!? 金属製の本棚だけ残って・・・・また本が置ける、と!!(いいこと思いついた顔で

それはともかく。

姫武将正宗伝 ぼんたん!!第5巻_阿部川キネコ

『姫武将正宗伝 ぼんたん!!』第5巻
(完結)
(阿部川キネコ。幻冬舎。BIRZ COMICS。2011年。590円。208ページ)
「1585年。畠山義継の暴走によって父・輝宗を失った伊達政宗。そのことで片倉小十郎との仲にも齟齬が生じてしまった。そんな中、強国・佐竹を中心に南奥州のほとんどの大名たちが連合し、伊達家の領土へと攻め寄せてきてしまう。三倍の兵力を相手に、人取橋の戦いがはじまるのだが・・・」


女の子でありながら、男子と偽って育った伊達政宗の活躍を描く漫画の最終巻。作者は阿部川キネコ氏。

この話、この巻で最終巻です。連載していた「webスピカ」が再編成&「comicスピカ」という新雑誌の刊行ということで、途中ですが完結になってしまいました。残念。
物語は前巻最後の父・伊達輝宗の死を経て、人取橋の戦いと、その後日談という感じで締めています。父親の死でもろもろの問題が起こったけど、なんとも見事に、そしてちょっと不器用に乗り切っていきます。小十郎との仲もちょっと進展(?)して、そしてなにより笑わせてもらいました。
伊達政宗モノの作品としてはかなり好きな作品だったので、こうして終わってしまったことは残念です。巻末に政宗が秀吉と初対面するシーンが描きおろしで付いています。

参照サイト
Webコミック GENZO|幻冬舎コミックス
http://www.gentosha-comics.net/genzo/
姫武将政宗伝ぼんたん 特集サイト(4巻)
http://www.gentosha-comics.net/genzo/comics/bontan4/
伊達政宗(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E9%81%94%E6%94%BF%E5%AE%97
yellow cat studio(阿部川キネコ)
http://www.ne.jp/asahi/yellowcat/studio/
二本松義継(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E6%9C%AC%E6%9D%BE%E7%BE%A9%E7%B6%99
人取橋の戦い(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E5%8F%96%E6%A9%8B%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84
佐竹義重(十八代当主)(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E7%AB%B9%E7%BE%A9%E9%87%8D_%28%E5%8D%81%E5%85%AB%E4%BB%A3%E5%BD%93%E4%B8%BB%29

関連記事
男の子として育てられることになった伊達家の姫は・・・。阿部川キネコ『姫武将正宗伝 ぼんたん!!』第1巻と第2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-204.html
実は女の子な伊達正宗が愛姫を妻に娶り・・・。阿部川キネコ『姫武将正宗伝 ぼんたん!!』第3巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-215.html
政宗の戦国大名としての歩みは血に彩られ・・・。阿部川キネコ『姫武将正宗伝 ぼんたん!!』第4巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-467.html
戦国大名・最上家の家族を巡る悲劇と苦悩の物語。河村恵利『最上家秘聞 遠つ迷い路』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1014.html
東国の武将たちがメインの戀愛譚がいっぱい。河村恵利『戦国ラブロマンシリーズ 1 追風用意の君』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-789.html
伊達家の名参謀・片倉景綱と伊達政宗の主従関係を描く。田中克樹『伊達の鬼 軍師 片倉小十郎』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-681.html



「放課後関ヶ原」第1巻
「三日月竜異聞~伊達政宗嚆矢」第1巻
「犠牲のソラ I True Banishment[真実の罰]」おお。米田仁士氏のイラストの本なんて久々に見た気が。



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ



関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。