Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上海の若きフードハンターが幕末の日本にやってきて・・・。小川悦司『幕末双雷伝』第1巻

社長の息子に嫌われている馬頭です。←失業フラグ

それはともかく。

小川悦司『幕末双雷伝』第1巻

小川悦司『幕末双雷伝』第1巻

「19世紀後半。上海のフードハンター・久我晴明のもとで見習いをする司馬雷鳳(しばらいほう)は、英国大使館と租界の役人と揉め事を起こし、師匠から日本へ行くようにいいつけられる。その旅の道連れとなった青年・高杉晋作とともに長崎に着いた雷鳳は、そこで知り合った坂本龍馬という男の命を助けようとするのだが・・」
講談社-------講談社コミックス-----------2005年-------390円

「中華一番!」の小川悦司氏の一連の近代中国ものの作品のひとつ。「フードハンター双雷伝」の過去編ともいうべき話で、若き司馬雷鳳が日本へ渡ります。

「フードハンター」の方は、「中華一番」と同じく料理ものですが、こちらは料理の話はあまり無し。
主人公・司馬雷鳳は、「フードハンター」とは違いまだ少年といった感じです。血気盛んな少年ですが、上海に暮らしているだけあって、中国語の他に英語や日本語もあやつれます。そして、「騎竜脚(きりゅうきゃく)」という秘術で、凄い足技を使います。格闘とかの他に、水上を駆けるなど、不思議な力も使えるようです。
そんな少年が、揉め事から日本に行くことになるのですが、ちょうど上海に来ていた高杉晋作と知り合って、一緒に船旅をし、長崎に到着します。
そこで高杉の知り合いとして坂本龍馬とも知りあうことになります。しかし、龍馬を狙う剣客がいることを知った雷鳳は、旅の途中で引き返し、龍馬を救う手助けをすることになります。
この時龍馬を襲った剣客が、響雷蔵で、のちに「フードハンター」にも登場するキャラです。この二人の「雷」が出てくるから「双雷伝」ということらしい。
全三巻。

参照サイト
マガジンSPECIAL
http://kc.kodansha.co.jp/magazine/index.php/20658/newest
高杉晋作(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%9D%89%E6%99%8B%E4%BD%9C
食材(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%9F%E6%9D%90

関連記事
幕末の日本にやってきたイギリスの園芸家の手記。ロバート・フォーチュン『幕末日本探訪記 江戸と北京』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1070.html
欧州派遣艦隊は無能な艦長のせいで危機に陥り・・・。野上武志&鈴木貴昭『蒼海の世紀 王子と乙女と海援隊』第3巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-996.html
サディストな女主人に仕える朴訥な料理人の一喜一憂。深巳琳子『沈夫人の料理人』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-560.html
ベトナムの日本大使公邸で奮闘する料理人。西村ミツル&かわすみひろし『大使閣下の料理人』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-543.html



「フードハンター双雷伝」1巻
「Solar stream」
「世界の歴史セット ~復刻 ナショナル ジオグラフィック 名作選~」



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ



関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。