Entries

武蔵との勝負を求める細川家の跡継ぎに妻を娶らせようとするのだが・・・。せがわまさき&山田風太郎『山風短(Yama Fu Tang)』第2巻 第二幕 剣鬼喇嘛仏

どうも。自分の明日行く道も知らぬ馬頭です。
とりあえず、この場合の最大の問題は貯金がまったくないということでしょうかね(辞める気だけは一人前

それはともかく。

山風短(Yama Fu Tang)第2巻 第二幕 剣鬼喇嘛仏

『山風短(Yama Fu Tang)』第2巻 第二幕 剣鬼喇嘛仏(けんきらまぶつ)

(せがわまさき&山田風太郎。講談社。ヤンマガKCDX。2011年。619円。207ページ)
「巌流島の決闘に勝利した後の宮本武蔵に勝負を挑み、あっさりと負けた長岡与五郎興秋(ながおかよごろうおきあき)。細川家の跡継ぎでありながら江戸での人質暮らしになる前に逐電した与五郎は、二年の修行の後、小倉藩へと戻ってくるが、武蔵との再戦を望んでのことだった。困った細川忠興は、忍び組の青龍寺組一番の使い手である登世(とよ)を妻に娶れと言うのだが・・・」


山田風太郎作品の短編を扱うシリーズ「山風短(やまふうたん)」の第2巻です。1巻ごとにひとつの話という感じでやってくみたいです。

細川忠興の次男で、長男が廃嫡されたため、実質的に跡継ぎな長岡与五郎興秋(兄がいた時、細川家の旧名・長岡を名乗っていた)ですが、ひどく剣法狂いで、武蔵に勝負を挑むし、負けたら修行の旅に出ちゃうという無茶っぷり。
そんな与五郎をどうにかしようと、いつか死ぬかもしれないから子供を残して行け、と言われます。与五郎は、忍びの頭領の娘で、勝負したときに高い技量を見せた登世という女を妻として、まぐわうのですが、なんと、忍法で結合が解けなくなってしまいます。これは懐妊した子が生まれて出てくるまで解けないという(笑)
しかし、登世の協力もあり、そのまま一緒に武蔵がいる大坂城に行くことになります。ほんと、繋がったままに! なんだ、この話は!!
面白いけど、どうにもシリアスになりきれない変な話でした。

ちなみに興秋が実際に出奔するのは1605年らしい。

参照サイト
せがわまさき電脳絵巻
http://homepage1.nifty.com/segawa-page/
月刊ヤングマガジン 山風短
http://kc.kodansha.co.jp/content/top.php/1000005235
歓喜天(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%93%E5%96%9C%E5%A4%A9
膣痙攣(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%86%A3%E7%97%99%E6%94%A3
細川興秋(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%B0%E5%B7%9D%E8%88%88%E7%A7%8B

関連記事
美少年が上杉景勝の子供を妊娠しただと!? せがわまさき&山田風太郎『山風短(Yama Fu Tang)』第1巻 第一幕 くノ一紅騎兵
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-590.html
女忍者・美国との対決、そして関所占拠の志士たちとの戦い・・・。森田信吾『明楽と孫蔵』第8巻と第9巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1081.html
とうとう敵の本拠地へ! せがわまさき&山田風太郎『Y十M(ワイジュウエム) 柳生忍法帖』第4巻
http://xwablog.exblog.jp/10446143
怪しげな忍者に妻を売った剣士が彼らと再会するのだが・・・。せがわまさき&山田風太郎『山風短(Yama Fu Tang)』第4巻 第四幕 忍者枯葉塔九郎
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1103.html



「戦国細川一族―細川忠興と長岡与五郎興秋」
「天竺夜話 1 パールシーの踊り子」
「ロシア、中・東欧ユダヤ民族史 (叢書東欧)」



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitterはこちらへ



関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる