Entries

沖田総司との勝負を望む藤堂平助だったがなぜか弟子入りすることになってしまい・・・。ヒラマツ・ミノル『アサギロ(浅葱狼)』第5巻

また節食中の馬頭です。手足の末端や太ももが痛くなったりするのは、そのせいなのかは不明です。

それはともかく。

アサギロ(浅葱狼)第5巻_ヒラマツ・ミノル

『アサギロ(浅葱狼)』第5巻

(ヒラマツ・ミノル。小学館。少年サンデーコミックスゲッサン。2012年。438円。)
「先日の剣術大会で沖田総司に惨敗した少年・藤堂平助は、再戦を望んで試衛館に通いつめていたが、当の総司は相手にしてくれない。通っている北辰一刀流の伊東道場の伊東大蔵の怒りを買った平助は、試衛館を探るための密偵としてここの食客になろうとしたのだが、総司の弟子ということにさせられてしまい、コキ使われることになり・・・」


ヒラマツミノル氏による新撰組漫画の第5巻。かなり売れているらしく、知り合いも4巻とか手に入らないと言っていました。

この巻では、藤堂平助が登場。何か勘違いした若者で北辰一刀流をやってましたが弱くて、剣術大会で沖田総司にボロ負けしてしまい、伊東道場の伊東大蔵(伊東甲子太郎)の怒りを買って、見捨てられてしまいます。密偵として試衛館に入れと、ていよく追っ払われた藤堂は、沖田総司の弟子とさせられて、道場の掃除や薪割り、風呂焚きなどをやらされて、こき使われてしまいます。しかし、その雑用が彼を鍛えることにもなっていき・・・って「ベスト・キッド」かッ! そもそも、総司に鍛えるためにとかそういう意図はなく、周りが勘違いしてるだけだという・・・。
でも、ちゃんと鍛錬になったようで、体幹がしっかりして、剣もよく振れるようになっていきます。
藤堂がこの試衛館の一員となっていく様子を描きます。

あと、最後の方で、他流試合ということで、神道無念流とやることになったのですが、長州藩の桂小五郎とやることになります。
京都への道の前振りみたいな感じなのかな。

参照サイト
小学館コミック -ゲッサンWEB-
http://gekkansunday.net/top.html
藤堂平助(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E5%A0%82%E5%B9%B3%E5%8A%A9
神道無念流(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E9%81%93%E7%84%A1%E5%BF%B5%E6%B5%81

関連記事
天然理心流の噂を知った永倉新八が試衛館へとやってきて・・・。ヒラマツ・ミノル『アサギロ(浅葱狼)』第4巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1013.html
近藤と芹沢、両派の不仲を利用して動くのは・・・。山村竜也&蜷川ヤエコ『アサギ 新撰組刃義抄』第3巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-978.html
惣次郎に興味を持った山南が試衛館にやってきて・・・。ヒラマツ・ミノル『アサギロ(浅葱狼)』第2巻と3巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-885.html
新選組の主要メンバーが集った試衛館の跡地に行ってみました
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-877.html
まだ子供の沖田は藩の剣術指南を倒してしまったがために・・・。ヒラマツ・ミノル『アサギロ(浅葱狼)』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-853.html
若く荒々しい土方歳三が試衛館で多くの才能と出会う!! 橋本エイジ&梅村真也『ちるらん 新撰組鎮魂歌(レクイエム)』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-878.html



「ちるらん新撰組鎮魂歌」3巻
「武門源氏の血脈 - 為義から義経まで」
「ばくだん!~幕末男子~」3巻



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる