Entries

数多の戦いに勝利して高句麗の領域を最大にした王の物語。イ・スグァン&ドリーム・アイ『太王広開土 韓国史上最も偉大な王の物語』

どうも。馬頭です。
昨日は友達と池袋のピザ屋に行くことになっていたのですが、どういうわけか混んでて入れず、別店舗も同様。西口にあるスペイン居酒屋みたいなお店で飲み食いしましたが、スペイン料理って、海鮮系が多いんですね。なんか肉系メインだというイメージがありました。
飲んだスペインのお酒は、ビール1、ワイン2、すもも酒1程度だったのですが、結構酔っ払ってしまい、なぜか帰宅した時にすき家の牛丼大盛りを買って帰っていた。何を言っているかわからねーと思うが(ry
・・・すでにお腹いっぱいだったのに何故?

それはともかく。

イ・スグァン&ドリーム・アイ『太王広開土 韓国史上最も偉大な王の物語』

『太王広開土 韓国史上最も偉大な王の物語』

(イ・スグァン&ドリーム・アイ。現文メディア・マガジンランド。歴史コミック・オールカラー。2008年。1238円。351ページ)
「374年、高句麗の故国壌王に息子・談徳が生まれた。天帝の太子・解慕漱(かいぼそう)の子孫が生まれるという伝説の人物に比定された太子は人々の熱狂を受けることになる。その頃、南にある百済でも帝王の運勢を持つと言われた阿莘王が生まれていた。立派な大人へと成長した二人は宿敵として何度も戦うことになるのだが・・・」


4世紀から5世紀にかけて活躍した広開土王(好太王)を主人公にした朝鮮史というか高句麗史の解説漫画です。作画は韓国のクリエイターグループであるドリーム・アイ。原作はイ・スグァン氏。フルカラーです。

広開土王が南の百済や新羅、伽耶、そして北の契丹、碑麗族(契丹のことらしいけど、なんか別ものみたいに描かれてた。どうなんだろ)、東扶余、後燕といった国々と、類まれなる武勇と知略、そして鉄騎軍団という重装騎兵をもって戦い抜き、高句麗を大いに拡大させたことが語られます。
百済の阿莘王(あしんおう)は、広開土王のライバルとして、何度も立ちはだかりますが、最後は破られます。
百済などに加勢する倭人は出っ歯の海賊・悪人といった感じで描かれています。
絵柄は稚拙で、ストーリーは多少コミカルに描かれています。幼馴染で奥さんになる女の子の名前が、阿利水(ありす)なのは創作?
広開土王が百済などよりも先に契丹・後燕など北のより強大そうな国を先に相手にして領土を広げてから、南の方に勝利するというのも面白いですね。北の国の方が相手にしやすかったのかな?

参照サイト
好太王(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%BD%E5%A4%AA%E7%8E%8B
阿莘王(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%BF%E3%82%B7%E3%83%B3%E7%8E%8B
後燕(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%8C%E7%87%95
夫余(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AB%E4%BD%99
百済(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BE%E6%B8%88

関連記事
奈良・平安時代の日本との国交の様子を当時の状況を踏まえて紹介する。上田雄『渤海国の謎 知られざる東アジアの古代王国』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-367.html
義のない戦いに嫌気がさした。別な意味で。愛が勝つとかそんな話。河承男(ハスンナム)&司敬『沙也可(サヤカ)』第2巻と3巻(完結)
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-663.html
西域で活躍した2人の人物の生涯を描く。久松文雄&園田光慶&久保田千太郎『中国英雄伝 1 張騫 高仙芝』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-620.html
安彦近代三部作の3つ目。広開土王と古代東アジア史を巡る壮大な物語「天の血脈」が連載開始。『月刊アフタヌーン』2012年3月号
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1119.html



「神の系譜 竜の源 高句麗」
「チェコの伝説と歴史」
「増殖するシャーマン―モンゴル・ブリヤートのシャーマニズムとエスニシティ」



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる