Entries

しょうがない放蕩者だった伊織が自らの力に開眼して・・・。森田信吾『御庭番 明楽伊織』第2巻

どうも。myフェイバリット多脚戦車はデザートガンナーの馬頭です。次点はクラブマンハイレッグな。

それはともかく。

森田信吾『御庭番 明楽伊織』第2巻

『御庭番 明楽伊織』第2巻

(森田信吾。角川書店。角川チャージコミックス。2008年。580円。206ページ)


「明楽と孫蔵」の続編「御庭番 明楽伊織」の第2巻です。

放蕩三昧だった明楽の次男・伊織が、柳生などとの争いに関わっていきます。なんかいきなり強くなって、孫蔵すらやすやすと倒すようになってます。
そして、後半からは柳生すらかなわない謎の忍、婆琉披忍衆が登場します。異国人の忍者とか?

連載していた「コミックチャージ」が休刊になったので、3巻は出ていません。

参照サイト
森田信吾(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E7%94%B0%E4%BF%A1%E5%90%BE
ヤングエース
http://www.kadokawa.co.jp/ya/
御庭番(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%A1%E5%BA%AD%E7%95%AA

関連記事
町を騒がす念仏辻斬りの影に勤王志士の影が・・・。森田信吾『明楽と孫蔵』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-674.html
やる気の出ない御庭番筋の家の次男坊が凄まじい忍び・孫蔵と出会い・・・。森田信吾『御庭番 明楽伊織』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-548.html
夷狄の正体は実は化物だった! 幕末武士対触手系グロ外人! 森田信吾『幕末世界 攘夷』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-525.html
幕末を駆けた天才剣士の戦いを描く。森田信吾『伊庭征西日記 徳川直参の生き様と明治維新』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-522.html
吉原で働く女郎であり、道を外れた忍者たちを狩る女忍者という裏側を持つ女の悲哀。ながてゆか『蝶獣戯譚』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1150.html



「明楽と孫蔵明楽伊織見参」
「薄桜鬼」第3巻
「霜月かいり画集 鎬 SHI-NO-GUI」



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitterはこちらへ




関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる