Entries

美貌と才知にあふれるフランス最高の女傑の人生を描く。佐藤賢一&紅林直『かの名はポンパドール』第1巻

こんばんは。馬頭です。
慢性的なくだらない残業。もういやだ。

それはともかく。

佐藤賢一&紅林直『かの名はポンパドール』第1巻

『かの名はポンパドール』第1巻

(佐藤賢一&紅林直。集英社。ヤングジャンプコミックスX。2012年。600円。206ページ)
「1744年。ベルサイユ宮殿近郊で狩りをしていたフランス国王ルイ15世は、魅力的な女性、エティオール夫人と出会う。だが、その出会いは彼女によって計算されていたものであった・・・。彼女こそ、才知と美貌で国王の寵姫となり、権力の絶頂を極めることとなるポンパドール侯爵夫人だった! 波乱に満ちた彼女の人生とは・・・」


佐藤賢一氏が原作を書いたポンパドゥール夫人を主人公とする漫画「かの名はポンパドール」が発売になりました。作画は「嬢王」の紅林直氏。

フランス史ものをたくさん書いてきた佐藤賢一氏ですが、最近は近世・近代のが多いですね。これもそんな中のひとつですが、小説そのものじゃなくて漫画原作という形なのは珍しい。
主人公はそのままポンパドール夫人で、彼女が国王ルイ15世に近づいて、その寵愛を受けられるように仕向け、権力の中枢で自らの生き方を貫いていく姿を描きます。
国家によって公認された国王の愛人という特殊な地位、という存在も面白いですが、そうした地位にありながら、ついにフランス最高の権力を握ることになる彼女の特異な人生そのものが面白いです。
結構長い話になりそう? 続きが楽しみです。連載は「ジャンプ改」。

参照サイト
集英社 ジャンプ改/JUMPX 公式サイト
http://jumpx.jp/
ポンパドゥール夫人 (wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%89%E3%82%A5%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%A4%AB%E4%BA%BA
公妾(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E5%A6%BE

関連記事
マラーを暗殺したコルデーと彼女を処刑したサンソンの交流を描く話が凄く良かった。大西巷一『ダンス・マカブル 西洋暗黒小史』第2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-970.html
フランス宮廷の政治的状況に巻き込まれながら料理で筋を通す日本人料理人の活躍。白川晶&里見桂『マリー・アントワネットの料理人』第2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-764.html
イギリス王妃となった個性的な女性たち。森護『英国王妃物語』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-588.html
各国の重要な宮廷での騒動を紹介します。新人物往来社『別冊歴史読本 世界王室スキャンダル』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-451.html
18世紀の神秘主義と女装の剣士を組み合わせた異色作。冲方丁&夢路キリコ『シュヴァリエ』全8巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-257.html



「ポンパドール夫人」DVD。
「マギ」12巻。アニメ化する可能性があるようです。
「図説 オランダの歴史」



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ




関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる