Entries

明治時代に来日したシベリア出身のイスラム教徒を紹介する。小松久男『イブラヒム, 日本への旅 ロシア・オスマン帝国・日本』

どうも。今日は寝落ちして昼まで寝てた上に、200冊ほどの積み本が倒壊した音で目が覚めた馬頭です。
けど、崩壊した平積み本の塔をいくつか積み直したら部屋が少し整理できました。こういうのって、「雨降って地固まる」って言うんでしたっけ?

それはともかく。

『イブラヒム, 日本への旅 ロシア・オスマン帝国・日本』

『イブラヒム, 日本への旅 ロシア・オスマン帝国・日本』

(小松久男。刀水書房。世界史の鏡 地域10。2008年。1600円。171ページ)
はじめに
第一章 自治の夢
第二章 韃靼の志士 イスラーム世界と明治日本
第三章 戦争と革命
第四章 大日本帝国とイスラーム
おわりに
あとがき
参考文献
写真・図版出典
年表 イブラヒムとその時代


100年以上前の西シベリア出身のイスラム教徒、アブデュルレシト・イブラヒムが1907年から1908年にかけて日本などを旅したことなどを中心に、彼の人生と思想、そして明治時代の日本とイスラムの関係について書いた本です。

イブラヒムは西シベリアのトボリスク県タラに生まれ、19世紀後半から20世紀前半をムスリムのウラマー・旅行家・活動家・ジャーナリストとしての活躍した人物。ムスリムたちが抑圧されているロシア帝国にあって、その自立・独立を目指し、世界のイスラム教徒たちの連携を図ろうとして世界各地に赴き、日本とも深く関わっていくことになります。非常に興味深い人物ですね~。
当時の中央アジアのみならず、世界各地のムスリムの状況がどういったものかについて書かれてて面白かったです。それにムスリムがいない日本がどう関わるか、というのも意外な話がいっぱい。いや、そもそもイスラムと日本が連携するという発想が意外です。イブラヒムについて全然知りませんでしたが、実は凄い人物だったんですね。彼が日本で接触した人物には、伊藤博文や大隈重信、犬養毅、頭山満、とか大物がいっぱいです。黒龍会の内田良平がいたりもします。日本人ではじめてメッカ巡礼をしたという山岡光太郎をメッカに連れてったのも彼です。
イブラヒムが日本にはじめて来たのは、1909年の2月で、6月まで滞在しています。その後、各地で活躍しますが、どうにも状況は良くない感じになっていきます。そして、そうした中、日本側の誘いで1933年10月に再来日して、死亡する1944年まで滞在し、現在は多磨霊園にお墓があるそうです。なんでも代々木の東京モスクの初代イマームとかもやってたとか。
イブラヒムが書いた本の翻訳として「ジャポンヤ:イスラム系ロシア人の見た明治日本」というのも出てますね。これも読んでみようかと思います。


「ジャポンヤ:イスラム系ロシア人の見た明治日本」


参照サイト
アブデュルレシト・イブラヒム
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%96%E3%83%87%E3%83%A5%E3%83%AB%E3%83%AC%E3%82%B7%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%92%E3%83%A0
刀水書房ホームページ
http://www.tousuishobou.com/

関連記事
ロシア帝国に飲み込まれていったムスリムたちの立場の変遷を紹介。濱本真実『「聖なるロシア」のイスラーム 17‐18世紀タタール人の正教改宗』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-22.html
予言された子供が救国の勇者へと成長する18世紀のカザフスタンが舞台の映画。『レッド・ウォリアー』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1192.html
明治時代にやってきたロシア人が古き日本を活写する。レフ・イリイッチ・メーチニコフ『回想の明治維新 一ロシア人革命家の手記』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1163.html



「トルコ(トゥルキエ)と日本(ジャポンヤ)―特別なパートナーシップの100年」
「近代ボヘミア農村と市民社会―19世紀後半ハプスブルク帝国における社会変容と国民化」
「MILITARY CLASSICS (ミリタリー・クラシックス)」 2012年 06月号



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ



関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる