Entries

自転車で江戸川まで行ってきた。葛西神社と柴又帝釈天。20110701

web拍手レス
>むむぅ。早朝の風景っていいですね・・・ by 蒸しぱん
この日は焼けた赤みの発色が良く、雲の様子とあいまって、凄くいい感じの空でした。夏の朝ってのはいいですね〜

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どーも。馬頭です。
7月はまた忙しくなりそうです。これは夏はダメだな・・・

それはともかく。
昨日はしょうもないことで残業して遅く帰って、Twitterでゆるゆる話してから、寝ないで出発して自転車乗ってきました。出発は四時ぴったり。

自転車20120701_01

今日はとりあえず、荒川まで行ってみようとしましたが、いつもの中山道経由はやめて他の道で、と思って別ルートで。でも、荒川目指して出発したはいいんですが、王子駅を過ぎたあとにさっそく道に迷いまして、北上してるはずなのになぜか明治通りを尾久駅方向に南下してまして、途中で進路修正をするはめに。地図は見ても迷うのはなぜなんでしょうね。そもそも昔からそうでして、子供の頃もドラクエで(ry
で、結局都道458号白山小台線を上がって荒川商高のとこにある小台橋で隅田川を越えて、荒川の中途半端なところに出ました。
写真は小台橋から撮った朝焼け。いい色出してます。



自転車20120701_02

荒川に出て堤防の上から見た江北橋。この江北橋を渡ってさらに北上。307号じゃなくて、106号を使って都道318号環状七号線を目指します。
行く途中に江北氷川神社があったのですが、時間が惜しかったので、涙をのんで素通り。今度、まとめて氷川神社巡りをしようかと思っています。
というか、江北橋の南側すぐのところにも氷川神社があったみたいです。両岸に氷川神社があったんですね。
環七にぶつかったら、そこで右折して、東の方へと進みます。荒川に来たあたりで思いついたのですが、江戸川まで行ってみることに。
しかし、この環七が大変でした。朝だったので交通量は少なくてそれなりに楽だったのですが、すぐ着くと思ってたのにいくら走っても終わらないのです。いつまでたっても足立区内だし。足立区広いな〜。正直足立区舐めてました。面積的には東京23区では大田区・世田谷区に次ぐ三番目に広い区だそうですね。



自転車20120701_03

で、なんだかんだ走ってたら、中川公園があったので、そこで脇道に入ってすぐ中川に出ました。この写真は中川。飯塚橋のすぐ側で撮影しました。ちょうどボートが走ってました。さすがの足立区もここまで。向こう側は葛飾区になります。
それにしても、この中川って、水量が多いのか、住宅との距離が近いですね。豪雨とかで決壊とかしないのかな。
ちなみに、この近くに、やはり氷川神社があったようですが、知りませんでした。



自転車20120701_04

飯塚橋を渡って東にさらに進むと水元公園の一部にぶつかりますが、そこで南へ転進していくと、江戸川の手前に葛西神社があります。
葛西神社は経津主神と日本武尊と徳川家康尊を祀る神社。徳川家康を祭ってるってのが面白いですね。熊手と祭囃子が有名らしい。



自転車20120701_05

面白かったのは鳥居の下にこんな大きな茅の輪が作ってあったこと。



自転車20120701_06

自分でもまったく頭をこすらずにくぐれるくらい大きな輪っかです。この場に固定されています。



自転車20120701_07

近くのポスターに、この茅の輪のくぐり方が描いてありました。一回潜ったら、左側を回ってまた元に戻り、次に潜ったら、右側を回って戻り、さらに次は左側を回り、そして最後にくぐって本殿へと向かいます。
私はよくわかってませんでしたが、前日の6月30日は、各地の神社の夏と冬の年二回の大祓のひとつ、夏越大祓(なごしのおおはらえ)というやつだったようです。


自転車20120701_08

これが本殿。りっぱな作りで、雰囲気もいいです。
この神社、浅野長政の書状があるそうです。



自転車20120701_09

本殿の右手にある葛西天神社。実はこのすぐ側に勝海舟直筆の碑文があったようなんですが、知らずに通り過ぎてしまったようです。



自転車20120701_10

ちょっと気になったのですが、葛西神社の入り口に立ってた碑に、陸軍大将・林銑十郎の名前が。どういう繋がりなんでしょうね。



自転車20120701_11

で、やっとのことで、江戸川に到着! 写真は常磐線が走ってる鉄橋。
荒川と同じくらいの大きな河ですね〜。ここでも河川敷を走れるかと思ったんですが、舗装された道は細くて、自転車ではちょっとなぁ・・・。多摩川の舗装路を思い出しました。走るならいまいちかな?



自転車20120701_12

とりあえず、国道6号線の新葛飾橋で千葉県まで行ってきました。千葉県入るの久々だな。佐倉行った時以来か?
この道は水戸街道ってやつですから、このまま90キロばかし走れば水戸まで行けます。行かないけど。



自転車20120701_13

すぐに戻って、江戸川沿いに南下。すぐ側に金町浄水場があるので、その関連設備だと思うのですが、川に塔が二本建ってました。



自転車20120701_14

金町浄水場の南側には柴又帝釈天があるので、そこにも行ってみました。近くには寅さん記念館もあった。
柴又帝釈天にははじめて行きましたが、これは凄いですね〜。



自転車20120701_15

入り口のところの門がむちゃくちゃカッコイイです。ゴテゴテした装飾とかたまりません。



自転車20120701_16

帝釈堂。これもまた凄い建物です。
敷地内の作りも見どころいっぱいで、ほんとはもっと時間かけて観たいです。今回はこれだけ見て、さらっと帰りました。
ところで写真にも写ってますが、こことか周辺地域で、たくさんの白い服を来たおっさんおばさんを見かけたんですが、なんか理由があるんでしょうかね?



自転車20120701_17

それにしても、朝の神社仏閣の雰囲気というのはいいものですね。天気が良かったのも幸運でした。



自転車20120701_18

敷地内にあった鐘楼。これもかっこいいですね。ちょうどお坊さんが鐘をついていました。それほどうるさくないです。
とりあえず満足したので帰宅することにしましたが、やはり、これも葛西神社も、もっとじっくり見にまた今度来ないといけませんね。



自転車20120701_19

帰りに京成高砂を通りました。ここには何度か遊びに来てる場所ですが、まさか自転車で来ることになるとは。
そういえば、この駅の北側に朝六時なのにやってる惣菜屋がありました。人気店なのか人が並んでましたよ。

帰り道は高砂橋を渡って青砥側に行き、西にまっすぐ進んで、お花茶屋駅、堀切菖蒲園駅、を経由して、都道314号で綾瀬川と荒川の堀切橋を渡って、荒川河川敷に降りて、そこから上流に向かって少し走り、新新井橋のところで尾竹橋通りに入って西日暮里の方へ南下。西日暮里駅を越えて、不忍通りと沿いに進んで帰宅しました。
全行程42キロほど。四時出発で7時20分くらいに到着。一般道ばかりだったので、何度も止まるのと、ゆっくり走ったので、こんな時間に。神社や寺にも時間かけましたが、やはり道を確認するために頻繁に止まったのも影響してるかも。
疲労はそれほどでもなく、足の痛みもほぼ無し。でも、手袋を忘れてたので、手のひらがちょっと痛い。
夏なので四時出発でも明るい。次はもっと早く出ようかと思います。

ちなみに、帰宅してから寝て、起きたら18時でした。休日が無駄に消費されていく・・・

参照サイト
江戸川(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%9F%E6%88%B8%E5%B7%9D
足立区(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%B3%E7%AB%8B%E5%8C%BA
柴又帝釈天(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%B4%E5%8F%88%E5%B8%9D%E9%87%88%E5%A4%A9
柴又帝釈天公式サイト
http://www.taishakuten.or.jp/
葛西神社(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%91%9B%E8%A5%BF%E7%A5%9E%E7%A4%BE
葛西神社公式サイト-トップページ
http://homepage3.nifty.com/kasaijinja/

関連記事
パンクが続いたロードバイクの後輪を修理しました
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1251.html
自転車で荒川沿いに下って河口付近まで行ってみました
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1235.html
多摩川沿いを走って府中の大國魂神社に行ってきました。20111113
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1052.html
自転車で荒川まで行ってきました。あと赤塚城と氷川神社
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-876.html



「寅さんと仏教」
「清末中国における日本観と西洋観」
「水軍の日本史 上: 古代~源平の合戦まで」



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ




関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる