Entries

深夜に出発して荒川左岸を走って河口まで行ってきた。20120711

そういや最近メロンパン喰ってない馬頭です。
セブンイレブンのあんドーナツとチーズケーキタルトのコンボは最強。

それはともかく。

荒川20120711_01

江北橋

今日は朝っぱらというか深夜から出発してみました。前回より30分早く、3時半くらいに出て3時50分には荒川に到着。前回と同じルートで来たので、この橋は江北橋になります。
江北橋は、事故多発のため街灯がつけられた橋。なので、やけに明るい橋になってます。
外はまだ真っ暗。



荒川20120711_02

四時前

前回よりちょっとだけ早くきただけですが、まだこんなに暗いです。河川敷にはほとんど人がいません。自転車で走ってる人なんてまったくです。
この写真は、江北橋を北側に渡って撮影。今回は荒川左岸を走ることにしました。ここらへんは足立区になるみたいですね。



荒川20120711_03

薄明

真っ暗ですが、照明が無い河川敷に降りても、隣を走る高架からの光が少し届いてて、なんとか走れます。一応ゆっくり。少し走って、東の方を見るとちょっとだけ明るくなってきてます。



荒川20120711_04

払暁

それから10分ほど走ってからの風景。けっこう明るくなりました。



荒川20120711_05

水路

綾瀬水門の手前まで行ったところで背後を撮影したもの。ここまでずっと河川敷の整備された道路を走ってましたが、荒川左岸だと障害もほとんどなくスムーズに走れるのには吃驚しました。こっちの方が走りやすい。あと、水路があるとだいたいが橋で渡れるようになっているのも面白い。この綾瀬水門だけが、土手の上にあがらないといけない。



荒川20120711_06

綾瀬水門

ちょうど、この綾瀬水門があるところから、北から流れてきた綾瀬川と、荒川が並走することになります。綾瀬水門は、そのふたつの河を繋ぐ水路を塞いでいます。



荒川20120711_07

綾瀬川と綾瀬水門

これは土手の上にあがって、綾瀬水門と左の綾瀬川を一緒に写したもの。綾瀬川はここから荒川のすぐ隣を流れるわけです。



荒川20120711_08

新荒川橋 首都高速6号向島線

水門を越えて少しするとあるのが新荒川橋。二重になってる橋です。こういうの好きです。この対岸に堀切駅があります。



荒川20120711_09

かつしかハープ橋

さらに進むと、綾瀬川が中川と合流するところで、首都高速の高架が斜張橋になっています。これがかつしかハープ橋だそうです。左岸だとすぐ近くから見れて迫力あります。
斜張橋は吊り橋とは似て違うもの。そのケーブルの張り方が印象的ですね。さらにこのかつしかハープ橋は、橋が屈曲してる世界初の曲線斜張橋だったそうです。



荒川20120711_10

半月

ちなみに今日はちょうど下弦の半月。くっきりしたのが空に浮いてました。



荒川20120711_11

首都高速中央環状線の下

かつしかハープ橋のところで、綾瀬川と中川が合流してるため、今度は中川が荒川と並走する形で流れています。そのため、綾瀬川左岸にあった高架が今度は荒川と中川の間の狭い部分に建つことになります。その下はコンクリートで覆われてるので、いままでの舗装道路もありますが、こちらも走ることができます。
右に少し写ってるのが中川と荒川を繋ぐ排水路にある中川水門。



荒川20120711_12

上平井水門

中川の綾瀬川が合流したすぐ下流の部分に、四連式の水門があります。東京湾の満潮時とかに対応するための門だとか。中川水門のところから撮影しました。



荒川20120711_13

終点

川岸の舗装道路の終点は中川と荒川の合流点に突き出た部分。荒川河口橋が向こうに見えます。江北橋からここまでだいたい17kmで40分でした。遅い(笑
最後の1kmは全速力で走ってみましたが、40秒で息が切れてしまい....orz
終点で少し休憩してから戻りましたが、この時間になると、他に走ってる人も何人かここまでやってきます。



荒川20120711_14



帰り道で東の方の空がこんな感じになってました。雲に朝日が反射してるようですね。



荒川20120711_15



帰り道で綾瀬水門のところに猫がいるのに気づきました。
そういえば、中川水門より先に進んだ時に、道端に猫がよくいました。というか、道の真ん中で寝っ転がってるのまでいてアブナイ。



荒川20120711_16

江北橋

江北橋に戻った時に再度撮影してみました。もう五時半なのですっかり明るくなってます。



荒川20120711_17

五色桜大橋

江北橋の隣にある五色桜大橋も二重になっててかっこいいですね。

帰り道は写真をあまりとらなかったので、時間のロスがなく、結構早く走れました。一般道に入ると車も増えてて走りずらかったですが。
自宅からトータルで、46km。



参照サイト
薄明(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%96%84%E6%98%8E
江北橋(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%9F%E5%8C%97%E6%A9%8B
かつしかハープ橋(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8B%E3%81%A4%E3%81%97%E3%81%8B%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%97%E6%A9%8B
綾瀬川(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B6%BE%E7%80%AC%E5%B7%9D
中川(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B7%9D

関連記事
また荒川行ってきました。珍しく昼に走った。20120708
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1274.html
自転車で江戸川まで行ってきた。葛西神社と柴又帝釈天。20110701
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1257.html
残業終わったあと寝ずに荒川に行く。帰りは赤羽駅経由。20120624
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1266.html
自転車で荒川沿いに下って河口付近まで行ってみました
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1235.html



「ぼくらの七日間戦争 ブルーレイ」blu-ray
「女子攻兵」第2巻
「キャットシットワン」blu-ray



このブログのトップページへ →デジタル・クワルナフ HPのトップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ




関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる