Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供の時にラオス王国崩壊を目撃した漫画家が描く在外公館漫画。西山優里子『ジャポニカの歩き方』第1巻

こんばんは。車などいらない馬頭です。

それはともかく。

西山優里子『ジャポニカの歩き方』第1巻

『ジャポニカの歩き方』第1巻

(西山優里子。講談社。イブニングKC。2011年。562円。207ページ)
「インドシナ半島を巡った大学の卒業旅行で怖い目にあったことのある青海空土(あおみからど)は、大使館でのバイトをやったことがきっかけで、在外公館派遣員に就職することになる。はじめて行く国は、インドシナのラオ王国となったのだが、そこではまだ大使館がなく、これから作るのだと知り・・・」


「DRAGONVOICE」や「純情カレンな俺達だ!」の西山優里子氏の描く、大使館の下っ端となった青年がドタバタに巻き込まれる外交・海外交流漫画。

これ、漫画本編も面白いですが、冒頭にある西山優里子氏の幼少時代を描いた部分が興味深かったです。西山優里子氏の父親は外交官だったらしく、1975年の内戦時のラオスにいたそうです。その時の話が子供視点ではありますが描かれているのです。戦闘音が聞こえる中での生活とか、料理人がベトナム人で共産軍がきたから逃げないといけないとか、そういう緊迫した様子が凄いなー、と。
漫画の中で登場するラオ王国は、もちろんラオスをモチーフにした国です。
現在4巻まで出ています。

参照サイト
HARLEM GO-TEN 西山優里子公式
http://harlemgo10.blog62.fc2.com/
イブニング|TOP|講談社コミックプラス
http://kc.kodansha.co.jp/magazine/index.php/02134/
ラオス(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%AA%E3%82%B9
リアル派遣員の歩き方
http://kc.kodansha.co.jp/magazine/special_detail.php/02134/5798/1
外務省: 在外公館派遣員制度について
http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/saiyo/haken/index.html
在外公館(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%A8%E5%A4%96%E5%85%AC%E9%A4%A8

関連記事
カンボジアで少年兵として戦った実体験をもとに描く。深谷陽&アキ・ラー『密林少年 (Jungle Boy)』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-535.html
ベトナムの日本大使公邸で奮闘する料理人。西村ミツル&かわすみひろし『大使閣下の料理人』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-543.html
ロシアと軍事が大好きなこの二人が手を組んだ!! 富永浩史&速水螺旋人『小説 馬車馬戦記 ディエンビエンフー大作戦』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-313.html
明治時代に中国に渡った日本人たちが見た中国の姿とは・・・。草森紳一『文字の大陸 汚穢の都  明治人清国見聞録』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1196.html



「家電の女」第1巻。
「清須会議」
「ラオス史」。なんか凄いストレートな表紙だな。



このブログのトップページへ →デジタル・クワルナフ HPのトップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ




関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。