Entries

飛鳥山公園に行ってみました。あとかつしかハープ橋まで走る。20120729

どうどう。馬頭です。(馬だけに)

web拍手レス
>ふと思いついたのですが・・・・・馬頭さんは面長なのですか?それでそういうHN?
wwwそうそう。それです! 頭デカイから・・・

それはともかく。

荒川_飛鳥山公園20120729_02

飛鳥山公園 

今日は土曜の残業から帰って、そのまま寝ないで行こうかと思ったのですが、やはり少し寝ることにして、三時起きしてみました。もっとも、いろいろやってたら出発が四時半になってましたが。前回と同じか。
そういうことで、すでに空は明るくなってしまってて、急ぐ気分にもなれなかったので、途中にある王子駅隣りの飛鳥山公園に立ち寄ってみました。
ここは、石神井川によって侵食されて舌状台地になった場所で、王子駅はその北側の低地側にあります。南側から公園に入ると山というほどじゃないですが、北側は急峻な崖になっています。
公園は二段状になってて、この写真のは南側の低い方の段にあたります。敷石もしてあります。桜の名所として有名な場所ですが、もともと江戸時代に八代将軍・徳川吉宗が享保の改革の一環として整備したとか。
明治における、日本最初の公園のひとつでもあります。


荒川_飛鳥山公園20120729_01

野外ステージ・飛鳥舞台

公園の下段の北西側にある舞台。檜で作った舞台と客席なんですが、ちょうど舞台の上では自転車を持ち込んだ浮浪者が寝てました。


荒川_飛鳥山公園20120729_06

公園上段

公園の北側にあたる上段はこのように遊歩道と盛土と樹木のスペースや、遊具などのある公園、博物館などのある場所、などがあります。
鳥が沢山いました。
あと、まだ5時前ですが結構人がいます。


荒川_飛鳥山公園20120729_07

お城

コンクリートとパイプなどで作った遊具がありましたが、ヨーロッパ風のお城っぽくなってます。うむ、これは攻めがいがありそうだ。


荒川_飛鳥山公園20120729_08

象の滑り台

ここの遊具はなかなか凝ってて、お城の他に、いろいろな動物をかたどったものがありましたが、この象に背負われた滑り台が良かったですね。象の滑り台というと、長い鼻が滑るところになっているのが定番かと思われますが、ここではいい感じの造形の象と滑り台が組み合わされています。


荒川_飛鳥山公園20120729_09

SL

昔の蒸気機関車(D51)が設置してあります。あと、これの横には昔の都電もあります。


荒川_飛鳥山公園20120729_11

飛鳥山の碑

1737年に建てられた飛鳥山の由来を書いた石碑。内容の漢文があまりにも難解で、江戸時代当時から読めない碑文として知られていたそうです。「飛鳥山何と読んだか拝むなり」という川柳もあります。
碑文を書いたのは吉宗の側近で奥坊主の成島道筑。日本人が書いたけど、清国人が書いたかのような文章にして、中国にまで吉宗の功績が知られていると思わせる、周りくどい方法を取ってるのだとか。

ここには他にもいくつか石碑があったり、銅像があったりと、楽しめます。


荒川_飛鳥山公園20120729_05

なんの像かチェックしわすれた。



荒川_飛鳥山公園20120729_03

ちゃんと読めないけど植樹記念碑だと思います。



荒川_飛鳥山公園20120729_04

桜賦碑

佐久間象山の「桜賦」を勝海舟が碑文にして建てたもの。



荒川_飛鳥山公園20120729_10

明治三十七八年戦役紀念碑

日露戦争の記念碑です。日露戦争の正式名称は「明治三十七乃至八年戦役」というのだそうです。



荒川_飛鳥山公園20120729_12

あすかパークレール 山頂駅

飛鳥山にはなんとモノレールがついています。非常に短いですが、下の王子駅から山頂まで行けるようになっています。



荒川_飛鳥山公園20120729_14

山頂駅から見た王子駅



荒川_飛鳥山公園20120729_13

飛鳥山公園モノレール パークレール アスカルゴ

まあ、この時間には当然稼働してないので、私は一度も見たことないです。
というか、モノレールである必要があるのか? 普通のエレベーターかエスカレーターでも良かったような?



荒川_飛鳥山公園20120729_15

飛鳥山から北を望む

売店の横に小さな展望台のようなところがあるのですが、そこから荒川方向を見て撮影したものです。
ここが小高い場所だとよくわかります。



荒川_飛鳥山公園20120729_16

飛鳥山古墳群

敷地内には古代の古墳があったりもします。柵があって、登ったりはできません。

これらの他にも三つの博物館や渋沢栄一の旧邸があったりもするようですが、今度行ってみたいとおもいます。特に紙の博物館は気になる。

で、20分くらいでざっと見たあと、荒川に向かいました。
荒川左岸をまた下流に向かって走りましたが、いろいろ疲れてるので河口まではいかず、ハープ橋の下まででやめときました。



荒川_飛鳥山公園20120729_17

中川・綾瀬川合流部

中川と綾瀬川が合流するところで、この屈曲した高架の上にかつしかハープ橋があるわけです。



荒川_飛鳥山公園20120729_18

上平井水門

上の写真を撮った場所は水門のすぐ脇でした。
前に撮影した時は下流側からでしたが、今度は上流側から撮影。
やはりこういう構造物は迫力があってかっこいいなぁ。



荒川_飛鳥山公園20120729_19

野花

河川敷の草木の中でも、この薄紫色の花がいい感じに咲いてました。

それにしても、風の強い日で、行きは向かい風を受けて走ることに。向かい風があるとほんとに進みませんね。頑張っても全然です。逆に追い風を受けると凄くスイスイ進みます。帰り道の方が疲れてるはずなのに、行きのは3分の2くらいで帰れました。
あと、やっぱり朝一番に来ないと、人が多くなってきちゃって走りづらいです。特に日曜だったので、野球やる人やジョギングやる人などで混雑してます。それに太陽もあがってきて、暑かった。
ちょっと気になってたんですが、ジョギングやるおっさんおばさんたちが、なぜか後ろ向きで走る(歩く)のをやってて、なんか意味あるのかなーと。



参照サイト
飛鳥山公園|東京都北区
http://www.city.kita.tokyo.jp/docs/facility/055/005518.htm
飛鳥山公園(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%9B%E9%B3%A5%E5%B1%B1%E5%85%AC%E5%9C%92
石神井川(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E7%A5%9E%E4%BA%95%E5%B7%9D
佐久間象山(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E4%B9%85%E9%96%93%E8%B1%A1%E5%B1%B1
花見(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%B1%E8%A6%8B

関連記事
深夜に出発して荒川左岸を走って河口まで行ってきた。20120711
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1276.html
また荒川行ってきました。珍しく昼に走った。20120708
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1274.html
残業終わったあと寝ずに荒川に行く。帰りは赤羽駅経由。20120624
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1266.html
自転車で荒川沿いに下って河口付近まで行ってみました
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1235.html



「東京の古墳を歩く<ヴィジュアル版>(祥伝社新書222)」
「戦国城事典 (Truth In History)」
「ドラゴンクライシス!」blu-ray第1巻。これ、ヒロインのドラゴンの女の子が生まれる場所が、アルバニアなんですよね。なんで? スティヒに関連が?



このブログのトップページへ →デジタル・クワルナフ HPのトップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ



関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる