Entries

「羣青」の作家が送るアヴァール漫画。その言葉の意味とは・・・。中村珍『アヴァール戦記』第1巻

ぼんじゅーる。馬頭です。
最近はカップ麺率が高くなってますが、どうも美味しいのに当たらない。いろいろ模索中です。

それはともかく。



『アヴァール戦記』第1巻

(中村珍。新潮社。バンチコミックス。2012年。880円。159ページ)


「モーニング2」で「羣青」を描いていた中村珍氏のエッセイ漫画。「月刊コミック@バンチ」で連載。

予告見てタイトルが「アヴァール戦記」ということで、非常に期待していた作品。歴史的な意味で。
ところが、始まってみたら、なんとそれはブラフで内容は作者のケチさっぷりをエッセイ漫画で描いていくというものでした。「アヴァール(avare)」はフランス語で、「けちんぼ、守銭奴」といった意味の言葉だそうです・・・。
ぐぬぬ・・・、「アヴァール」って言ったら、こっちだろ!(泣

ちなみにこの本はサイン本です!

そういや、「バンチ」で郭嘉が主人公の新連載「王者の遊戯」がはじまりましたね。三国志モノで、主役がまさかの郭嘉!(笑
これは今後が楽しみですな。作者は緒里たばさ氏。



「月刊 コミック@バンチ」 2012年 09月号
「マヴァール年代記(全) (創元推理文庫)」
「民族の世界史4 中央ユーラシアの世界」


参照サイト
中村珍公式サイト「珍村」
http://ching.tv/
web@バンチ
http://www.comicbunch.com/
ケチ(けち) - 日本語俗語辞書
http://zokugo-dict.com/09ke/kechi.htm
アヴァール(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%AB

関連記事
歴史読本のハプスブルク家特集本2冊。『歴史読本WORLD』の「ハプスブルク家とウィーン百科 総集編」と「ハプスブルク家の謎」
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-622.html
こんなのあると初めて知った。11世紀のハンガリーが舞台の映画『レジェンド・オブ・ザ・キング 聖なる王冠伝説』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-355.html
北ユーラシアの騎馬民族の習俗とその関連性について・・・。護雅夫『遊牧騎馬民族国家』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-246.html



「九罰の悪魔召喚術」。島原の乱で切支丹側が勝ったパラレル世界の現代を舞台にしたファンタジーらしい。
「すっくと狐 6 悪源太 1」
「ドラゴン―反社会の怪獣」



このブログのトップページへ →デジタル・クワルナフ HPのトップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ



関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる