Entries

巨大な蟲が跋扈する江戸の町で仲間とともに蟲を討つ。福田宏『ムシブギョー(蟲奉行)』第1巻

どうも。隠者みたいな生活がしたい馬頭です。

それはともかく。

福田宏『ムシブギョー(蟲奉行)』第1巻

『ムシブギョー(蟲奉行)』第1巻

(福田宏。小学館。少年サンデーコミックス。2010年。)
「1731年。津軽の山奥で実践剣術に励む少年・月島仁兵衛は、江戸から来た松ノ原小鳥にスカウトされ、異形の化け物・蟲たちを狩る蟲奉行所へ働きに出ることになる。どういう仕事か知らずにやってきた仁兵衛は、凄まじき猛者たちとともに、命がけの戦いを繰り広げるのだった・・・」


現在「少年サンデー」で人気連載中の「常住戦陣!!ムシブギョー」の元になった作品です。「少年サンデーS」で連載してました。どうやらこれをもう一度やり直したのが「常住戦陣」で、話もほぼ同じになってくそうです。知らずにとりあえずこっち買っちゃいました。

吉宗が設置した目安箱に投稿があって作られたのが、小石川養生所と蟲奉行。パラレルな江戸時代もので、巨大な昆虫の化け物が跋扈するのを、蟲奉行の面々が退治していくことになります。
噂には聞いていましたが、これは面白い! 一応、こっちを読んでから「常住戦陣」のほうも読もうとおもいます。

参照サイト
webサンデー
http://websunday.net/
少年サンデーS 増刊号
http://websunday.net/super/
目安箱(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%AE%E5%AE%89%E7%AE%B1

関連記事
未来を見通す力と少年の体を持つ近藤勇が主人公。森田滋『ウルフ☓ウルブズ 新撰組秘闘(wolf☓wolves)』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1306.html
腐敗した社会を倒すため立ち上がった一人の男の物語。八潮路つとむ&西崎泰正『檄 大塩平八郎への道』上巻・下巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1108.html
捜査の中で浮かび上がってきたのは妖艶な女で・・・。高瀬理恵&川田弥一郎『江戸の検屍官』第2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-977.html
新選組対倒幕勢力の異能バトルという異色作。冲方丁&野口賢『サンクチュアリ THE幕狼異新』全2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-880.html



「常住戦陣!! ムシブギョー」第1巻
「リボルテックタケヤ SERIES No.009 風神」
「コミニカ 「風の谷のナウシカ」王蟲(紅眼・可動)」



このブログのトップページへ →デジタル・クワルナフ HPのトップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ



関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる