Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショパンは小説家で男装の麗人ジョルジュ・サンドと恋人となり・・・。桃雪琴梨『僕のショパン』第2巻

どうも。馬頭です。
今度「コミックバーズ」で「暴れん坊少納言」のかかし朝浩氏が「ムジカ」というシューマンが主人公の漫画を描くそうです。美少女天才ピアニスト・クララとの話みたいです。楽しみですね。

それはともかく。

『僕のショパン』第2巻_桃雪琴梨

『僕のショパン』第1巻

(桃雪琴梨。バンダイビジュアル。Emotion Comics。2012年。600円。)
「成功とともに苦悩しながら活動を続ける天才音楽家ショパン。そんな彼が出会ったのは、小説家として活躍する男装の麗人ジョルジュ・サンドだった。ショパンは彼女と付き合ううちに、その感性と信念に惹かれるようになり・・・」


ポーランドの天才音楽家フレデリック・ショパンの生涯と、彼の周りにいた変人揃いの交友関係を描く漫画の第2巻。これで完結となります。

19世紀に生きた乙女男子ショパンの萌えっぷりが凄い作品ですが、それとともに音楽家としての苦悩、そして祖国を失った亡命者としての悲嘆を見事に描く作品でもありました。
リストが親友でもありながら空気の読めなさからショパンを傷つけ、多少疎遠になってしまいます。てか、信頼して部屋の鍵を預けてもらったのに、ショパンのベッドを愛人と使ってしまうとかって・・・。
そんなショパンの前に、ジョルジュ・サンドというまさに対照的な存在が現れて恋人になるというのはドラマチックですね。女性問題の活動家にして小説家で男装女子というサンドと、可愛らしいショパンという組み合わせは、萌え要素いっぱい。リアルでこんな人たちがいたというのが凄いです。
各エピソードがマジかと思うものばかりで面白く、キャラクターの心情も描けてましたし、最後のリストの晩年シーンとかも良くって、非常に読み応えのある作品でしたね。

参照サイト
僕のショパン 「webコミック ゲッキン」
http://www.comic-gekkin.com/works/chopin/
Atelier Kururu(桃雪琴梨)
http://homepage.mac.com/kururu/
フレデリック・ショパン(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%87%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%91%E3%83%B3
フランツ・リスト(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%84%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88
ジョルジュ・サンド(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89

関連記事
可愛すぎるショパンと変人ばかりの音楽家たち。このショパンは萌える。桃雪琴梨『僕のショパン』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-849.html
ジョルジュ・サンドの「愛の妖精」を舞台や筋などを少し変えて作った作品。しかくの『ラ・プティット・ファデット』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-904.html
19世紀後半のパリを訪れた日本人少女と人々の出会いの物語。武田日向『異国迷路のクロワーゼ』第1巻と第2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-691.html
モスクワ地下鉄テロ2010、韓国軍哨戒艇沈没、チリ地震、ローマ軍映画など、最近のニュース20100331
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-404.html
偉人たちのクローンである少年少女が通う学園の本当の目的は・・・。スエカネクミコ『放課後のカリスマ』1巻と2巻同時発売
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-82.html
今の音楽とはちょっと違う性質の中世ヨーロッパの音楽について。皆川達夫『中世・ルネサンスの音楽』
http://xwablog.exblog.jp/9321429



「ショパンの芸術と生涯」
「トラスティベル ~ショパンの夢~ ルプリーズ PLAYSTATION 3 the Best」
「葬送〈第1部(上)〉 (新潮文庫)」



このブログのトップページへ →デジタル・クワルナフ HPのトップへ  →web拍手・コメントはこちらへweb拍手レスまとめページはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ



関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。