Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌川国芳に救けられた武士が弟子として暮らすことになり・・・。岡田屋鉄蔵『ひらひら 国芳一門浮世譚』

こんばんは。馬頭です。
うーむ、「ヒカルの碁」の伊角さんは、アニメだと美顔整形した感じが出てなくていまいちキャラが薄いなぁ。

それはともかく。

岡田屋鉄蔵『ひらひら 国芳一門浮世譚』

『ひらひら 国芳一門浮世譚』

(岡田屋鉄蔵。太田出版。2011年。743円。184ページ)
「人気浮世絵師・歌川国芳は、弟子たちとともに屋形船で楽しんでいた時、身投げした若い武士を救けることになる。そして、何かワケありのその武士・田坂伝八郎が、絵心があるのを知り、弟子としてうちにいさせることになるのだが・・・」


ひょんなことから歌川国芳の弟子になった若い侍の苦悩と、歌川一門の魅力を描く作品。

主人公の侍・田坂伝八郎は、幼少のころに幕臣の父が知り合いの侍に殺され、仇討ちをすることになってしまい、そのことだけに生涯をかけてきました。そして、ついに出奔したあと板前に身をやつしていた親の仇を見つけ、仇討ちを成し遂げたのです。しかし、そのことには複雑な事情があって、そのまま伝八郎は身投げしてしまうことに。
それを救ったのが、人気の浮世絵師で、何人もの弟子をかかえる歌川国芳でした。きっぷのいい彼は、深い事情があるのを察しつつ、悩む伝八郎を弟子といて迎え入れます。伝八郎の持っていた手帳から、面白い絵を描くのがわかっていたのです。
こうして絵師・伝八として新たな人生をはじめることになったわけですが、今回の仇討ちの件は清算しきってないため、まだいろいろと揉めたり悩んだりもします。でも、個性的で気持ちのいい性格の人間ばかりが集まっている歌川国芳一門の中で暮らしていくうちに・・・ということになっていきます。
この1巻で終わる作品ですが、よくまとまった良質な中編で、非常に楽しめました。絵も大変上手いですね、身体の描写が特に。

ところで、「歌川芳伝」って、架空の人物なんですかね。調べても出てこなかったし。

参照サイト
ぽこぽこ - ホメられて伸びるタイプのweb連載空間
http://www.poco2.jp/
歌川国芳(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%8C%E5%B7%9D%E5%9B%BD%E8%8A%B3
岡田屋鉄蔵が浮世絵師・歌川国芳一門描く「ひらひら」発売
http://natalie.mu/comic/news/60334

関連記事
女たちの想いが絡み合って事件となる。長編「女地獄」篇。高瀬理恵&川田弥一郎『江戸の検屍官』第3巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1314.html
15人の幕末の有名人たちを各作家がそれぞれ紹介するアンソロジー。『幕末人物エッセイコミック 幕末魂!』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-923.html
農民画家ブリューゲルの緻密な世俗画の世界。『週刊グレート・アーティスト(THE GREAT ARTISTS) 53 ピーテル・ブリューゲル』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-948.html



「千 螺旋の錠」
「もっと知りたい歌川国芳―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)」
「狙撃手列伝」



このブログのトップページへ →デジタル・クワルナフ HPのトップへ  →web拍手・コメントはこちらへweb拍手レスまとめページはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ



関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。