Entries

家族を殺された娘が女渡世人となって仇を追う。鈴木マサカズ『七匹の侍』第1巻

どうも。最近はカップ麺を箱で買うようになった馬頭です。
amazonで頼むが一番いいですね。

それはともかく。

鈴木マサカズ『七匹の侍』第1巻

『七匹の侍』第1巻

(鈴木マサカズ。講談社。ヤンマガKC。2011年。533円。)
「江戸時代後期。伝次郎たち三人の渡世人は、食いっぱぐれて逃げる中、荒れた社で雨宿りをする。その時、社の中にひとりの女が寝ているを見つけ、サイコロで賭けをして一人だけ中に残ることにする。伝次郎は負け、仲間が彼女をものにしようとするのだがいきなり刀で首を切られてしまい・・・」


ヤングマガジンで連載している江戸時代が舞台の任侠・復讐もの。いや、任侠とはちょっと違うかな? 作者は「無頼侍」とかの鈴木マサカズ氏。

なんらかの理由で家族を殺された少女が、渡世人の美しい女へと成長して、仇である七人の侍(?)を殺して回る、という復讐劇。
なかなか面白かったので続き読むつもりですが、全3巻らしいので、打ち切りなのかな?

参照サイト
ヤングマガジン|七匹の侍|作品紹介|講談社
http://kc.kodansha.co.jp/content/top.php/1000005509
SUZUKI MASAKAZU on WEB
http://suzukimasakazu.com/
渡世人とは - はてなキーワード
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%CF%C0%A4%BF%CD

関連記事
劉邦死後の混乱から武帝の時代まで。あと遊侠たちの生き様について。横山光輝『史記』第9巻から11巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-241.html
女地仙が宿敵・蛟との死闘を繰り広げる。山本貴嗣『超(CHAO チャオ)』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-187.html
李世民の姪が復讐を誓い、男装の軍師となって活躍する! 夏達『長歌行』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1114.html
家族を殺された娘が復讐のため男装して壬生浪士組に入り込み・・・。渡辺多恵子『風光る』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-813.html



「少年無宿シンクロウ」第1巻
「劇画・長谷川 伸シリーズ 沓掛時次郎 (イブニングKC)」
「旅芸人のいた風景―遍歴・流浪・渡世 (文春新書)」



このブログのトップページへ →デジタル・クワルナフ HPのトップへ  →web拍手・コメントはこちらへweb拍手レスまとめページはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ



関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる