Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柔術の達人と知り合った平賀源内が格闘技の真剣勝負を目論む。山根和俊&福内鬼外『大江戸バーリトゥード』第1巻

どうも。髪の毛切りに行きたい馬頭です。
タイミングがあわず切れずじまい。

それはともかく。

山根和俊&福内鬼外『大江戸バーリトゥード』第1巻

『大江戸バーリトゥード』第1巻

(山根和俊&福内鬼外。集英社。ジャンプコミックスデラックス。2005年。505円。)
「明和七年(1770年)の江戸。ある夜、神社で待ち合わせていた平賀源内と杉田玄白は、夜盗に襲われていたところを凄まじき体術を使う男・堀田玄武に救われる。借金に困っていた平賀は、この玄武を利用して大きな興行をと考えるのだが・・・」


江戸時代を舞台にした格闘漫画。作画は個人的に思い入れのある山根和俊氏。原作は福内鬼外氏(この名前、平賀源内のペンネームのひとつでもあります。前に紹介した「数寄な人 禍霊」でも原作してました)。

江戸時代の寺社で行われた勧進相撲は、相撲取りたちが各藩おかかえだったりするので、真剣勝負になりきれなかったとか。そんな中で、真剣勝負をやって盛り上げてみようと考えた平賀源内は、偶然知りあった格闘技の達人・堀田玄武を引き込み、当時最強の力士・釋迦ヶ嶽雲右衛門(しゃかがたけくもえもん)とやろうとします。
釋迦ヶ嶽は松江藩のおかかえで、藩主は松平治郷。彼に藩邸に呼ばれた玄武や源内たちは、そこにある仕合場で釋迦ヶ嶽と戦うことになってしまいます。大名たちの見守る中で賭け試合をさせられる二人ですが・・・。前半は相撲取りと、後半は明の拳法使いと戦います。
主人公玄武は堀田姓で、御式内「やわら」を使うということなんで、会津藩関連かと思ったら、赤穂藩復興を目指しているという設定。
全2巻。連載は「スーパージャンプ」でした。

参照サイト
山根和俊(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E6%A0%B9%E5%92%8C%E4%BF%8A
集英社 グランドジャンプ[GRANDJUMP] 公式サイト
http://grandjump.shueisha.co.jp/
勧進(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%A7%E9%80%B2
大関伝 1人目~73人目 (相撲評論家之頁)
http://www.ep.sci.hokudai.ac.jp/~tsubota/ohzeki/oo01.html
松平治郷(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E5%B9%B3%E6%B2%BB%E9%83%B7

関連記事
テーマごとに作られる増刊号が創刊。創刊号は「歴史」の特集号。集英社『スーパージャンプHigh』01号
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-899.html
絶望した元相撲取りが鬼平の部下の十手持ちに・・・。小池一夫&森秀樹『花繩(かじょう)』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-559.html
権力者の思惑に翻弄された、野見宿禰と蹶速の子イサチの苦悩と戦い・・・。安彦良和『古事記 巻之三 蚤の王』全1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-252.html



「修羅の刻」第14巻。西郷四郎編で御式内が出てきます。
「アギ~鬼神の怒り~(ノーカット)’84(VHS) 」
「ジョジョの奇妙な冒険 Vol.1」blu-ray版。



このブログのトップページへ →デジタル・クワルナフ HPのトップへ  →web拍手・コメントはこちらへweb拍手レスまとめページはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ




関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。