Entries

イザナミとイザナギの神話と対となった地形の壮大な物語。星野之宣『血引きの岩』

どうも。次旅行するならトルコもいいな〜、などとできもしないことを妄想する馬頭です。

それはともかく。

星野之宣『血引きの岩』

『血引きの岩』

(星野之宣。朝日新聞社・ソノラマコミックス。2012年。900円。282ページ)
「阪神淡路大震災で家族を亡くした御巫(みかなぎ)は、そのとき幼い弟・天平を異形の存在にさらわれていた。それ以後、人ならざるものを幻視するようになったが、今は淡路島で先生として働いている。そんな彼女が一宮町多賀の伊弉諾神宮(多賀大社)で出会った男は、淡路と琵琶湖にまつわる神話を語り・・・」


「宗像教授異考録」の星野之宣氏の作品集で、未完の作品四本と、短篇2本を収録しています。

収録されているのは、「血引きの岩」「黄泉の渦」「日狭女」「血反玉」「マレビトの仮面」「土の女」です。
はじめの4つが、イザナギ・イザナミ神話と琵琶湖・淡路を絡めた怪異ミステリー。「マレビトの仮面」は孤島の社にあった古い仮面が引きおこす儀礼と悲劇。「土の女」は無人島に考古学の研究にきた青年が、土偶をみつけたことでタイムスリップして・・・という話。

参照サイト
朝日新聞出版 最新刊行物:コミック
http://publications.asahi.com/ecs/9.shtml
星野之宣(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%9F%E9%87%8E%E4%B9%8B%E5%AE%A3
多賀大社(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9A%E8%B3%80%E7%94%BA

関連記事
古代の伝説的女指導者・神功皇后と星座を巡る壮大なつながりとは・・・。星野之宣『宗像教授異考録』第九集
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1127.html
湖底に露呈された古代の土器の謎を解きに潜水艇で琵琶湖に潜る・・・。星野之宣『宗像教授異考録』第14集
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-628.html
タイムスリップものや原始人もの、ディストピアものなど。ちょっと昔の短篇集。星野之宣『イワン・デジャビュの一日』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1398.html
平安時代の孤島に漂着したひとりの女と島に訪れる災い・・・。柏木ハルコ『鬼虫』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1116.html



「多賀大社―お多賀さんへは月参り (週刊神社紀行 19)」
「日本資本主義と民間神道―諏訪の製糸業と諏訪大社信仰」
「戦国の貧乏天皇」



このブログのトップページへ →デジタル・クワルナフ HPのトップへ  →web拍手・コメントはこちらへweb拍手レスまとめページはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ




関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる