Entries

司書の歴史と役割について紹介する。ゴットフリート・ロスト『司書 宝番か餌番か』

どうも。馬頭です。
今日は寒いですね〜。正月や2日があったかかったので、荒川まで走りに行ってもいいな、とか思ってたけど、こんなんじゃとても無理です。

それはともかく。

ゴットフリート・ロスト『司書 宝番か餌番か』

『司書 宝番か餌番か』

(ゴットフリート・ロスト。訳/石丸昭二。白水社。1994年。2400円。230ページ)
目次
読者諸兄のアペリチフに
二四人のお殿様
駆け足でハットゥサからトロイエンブリーツェンまで
宝番か餌番か
司書の仕事場余談
もう一言
訳者あとがき
参考文献
人名索引


司書の歴史と役割をあつかった本です。ドイツのライプツィヒ社の「歴史的職業像」シリーズのひとつ「Der Bibliothekar(ビブリオテカール)」の翻訳です。作者はドイツが統一し、東西の国立図書館が併合された時に館長になった人物。初版は1990年。

歴史上のさまざまな司書と図書館とにまつわる話を紹介しつつ、その存在意義とスタンスについて語ります。
豊富な知識に基づいた、司書についての本ではあるのですが、専門的とか分かりにくいというものではありません。
多くの引用を用いた文章は癖が強いような気もしますが、この程度なら気になりませんね。
私としてはもうちょい情報を掘り下げて細かく書いて欲しかったかな。

そういや、司書の死因で「梯子から落ちて」というは思っているより全然少ないって話でした。そうだと分かる事例はたったの三人だけだとか。

参照サイト
白水社
http://www.hakusuisha.co.jp/
司書(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%B8%E6%9B%B8
ドイツ国立図書館(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E5%9B%B3%E6%9B%B8%E9%A4%A8

関連記事
四世紀のエジプトでキリスト教徒に迫害された女天文学者ヒュパティアを描く。スペイン映画『アレクサンドリア』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-766.html
国生さんにまさかの恋愛話!? COCO(ココ)『今日の早川さん3』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-428.html
本好きというならこれを。「本好き十ヶ条」、という記事
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1221.html
17世紀の職人たちの仕事風景を描く銅版画集。小林頼子&池田みゆき『ヤン・ライケン 西洋職人図集 17世紀オランダの日常生活』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1290.html
メガネっ娘の女士官が銃ではなくペンで戦う異色の戦争漫画。速水螺旋人『大砲とスタンプ』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1091.html



「ひねくれ司書の未解決事件録 1 (マッグガーデンコミックス アヴァルスシリーズ)」
「戦う司書 The Book of Bantorra 第2巻 <初回限定版>」Blu-ray版。
「戦時下のベルリン: 空襲と窮乏の生活1939-45」



このブログのトップページへ →デジタル・クワルナフ HPのトップへ  →web拍手・コメントはこちらへweb拍手レスまとめページはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ



関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる