Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完璧に決まった高松城水攻めが大国・毛利を追い詰める。宮下英樹『センゴク 一統記』第2巻

どうも。馬頭です。
トマトラーメンをまた喰いに行ったのですが、今回も替え玉を二回してしまいました。やはり二回だと腹がパンパンになるな〜。

それはともかく。

センゴク 一統記第02巻_宮下英樹

『センゴク 一統記』第2巻
(宮下英樹。講談社。ヤンマガKC。2013年。562円。)
「淡路国の制圧を任された仙石秀久。だが、一度は制圧したもののいうことをきかない小豪族・淡路十人衆たちの調略は、彼ら海の民独特の気風に難渋することになる。不器用なセンゴクは嘘もつけず、正直に彼らとぶつかるしかなく・・・」


仙石秀久が主人公の戦国時代漫画「センゴク」の第三期「一統記」の第2巻が発売になりました。

この巻の前半は穴山信君を歓待する徳川家康と明智光秀らが、信長と会って織田家による天下統一とその後についての大戦略を語り合う話です。前々から言われてきた高転びの機器に対して、何するべきかということが解説されます。例として大内・尼子の高転びと毛利の台頭の話がされます。経済の話、貨幣流通の話なんですが、これが面白かったです。ここらへんのことを書いた歴史書でわかりやすいの探してみよう、と思いました。
後半はセンゴクたちのことと備中高松城攻略戦の話。淡路国統治が思うように進まない中でも頑張るセンゴクですが、癖のある海賊たち相手でも彼の不器用さが良い感じに作用してる・・・のかな?
そして、秀吉による高松城包囲ですが、水攻めが完璧に決まります。超強敵である毛利の方も、秀吉が毛利を追い詰める存在であることを認め、毛利輝元・吉川元春・小早川隆景らが率いる全軍での出陣となります。
秀吉の野望も明確になってきましたし、事態はより緊迫したものになってきましたね。信長も本能寺に入りましたし・・・次からは「本能寺の変 〜序奏〜」編ということで、明智光秀の若い頃の話になるようです。

参照サイト
センゴク ヤンマガ
http://www.yanmaga.kodansha.co.jp/ym/rensai/ym/sengoku/sengoku.html
淡路国(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B7%A1%E8%B7%AF%E5%9B%BD
寧波の乱(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%A7%E6%B3%A2%E3%81%AE%E4%B9%B1
ポトシ銀山(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%88%E3%82%B7
備中高松城の戦い
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%82%99%E4%B8%AD%E9%AB%98%E6%9D%BE%E5%9F%8E%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84
清水宗治(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%85%E6%B0%B4%E5%AE%97%E6%B2%BB

関連記事
鳥取城を巡るギリギリの籠城戦についに決着が・・・。宮下英樹『センゴク 天正記』第14巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1224.html
信長の部下たちの役割と軍団の形成過程を解説する。谷口克広『信長軍の司令官 部将たちの出世競争』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1339.html
秀吉勢は中国地方の覇者・毛利家との戦いに挑む! 宮下英樹『センゴク 天正記』第13巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1126.html
播磨を制圧し、ついに本願寺との決着が・・・。宮下英樹『センゴク 天正記』第12巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1045.html
戦国時代の武士のあれこれについて会話形式と漫画で分かりやすく解説。宮下英樹&本郷和人『ちぇんごく』上巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-901.html



「ゴッホちゃん(ヤングガンガンコミックス)」
「商人と宣教師 南蛮貿易の世界」
「アイハヌム 2012―加藤九祚一人雑誌」



このブログのトップページへ →デジタル・クワルナフ HPのトップへ  →web拍手・コメントはこちらへweb拍手レスまとめページはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ




関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。