Entries

家族と引き離されてばかりの人生だった江姫。田渕久美子&暁かおり『江 姫たちの戦国』第5巻(完結)

どうも。木造具政のことをずっと「ぐせい」と読んでた馬頭です。
雪が凄かったですが、久々にちゃんとした靴を引っ張りだして歩くことになりました。いつもはメッシュ状の履き心地がいいのにしてるので。
免許の更新に行かなきゃいけなかったのですが、雪なので自転車では行けず。しょうがなく電車で行きましたが、近いのに高くつきました。

それはともかく。

田渕久美子&暁かおり『江 姫たちの戦国』第5巻(完結)

『江 姫たちの戦国』第5巻

(原作/田渕久美子、作画/暁かおり。講談社。KCDXデザート。2012年。142ページ)
「1603年、徳川と豊臣の緊張を緩和するため、娘の千姫を秀頼に嫁がせた江姫。他の姫たちも次々に嫁ぎ先にやらねばならない悲しみと苦悩の中、ついに長男・竹千代(家光)を出産する。だが、家康によって任命された乳母の福(のちの春日局)によって、またも子供と離れ離れにさせられてしまい・・・」


お市の方の三女・江姫(崇源院)の生涯を描く「江 姫たちの戦国」のコミカライズの第5巻。これで完結です。

どうにも家族との絆がすぐに断たれてしまう運命の江ですが、産んだ子供たちも徳川家康のせいで政略結婚に使われてしまい、幼い段階で離れ離れになってしまいます。
しかも、とうとう生むことができた跡継ぎの長男・竹千代(徳川家光)も、家康の差し向けた乳母・福(春日局)によってとりあげられ、全然会うことができない状態になってしまいます。その乳母・福は、なにかと江に辛くあたってきたりして、なんだか悲惨です。
そんな中で生まれた、次男・国松(徳川忠長)に愛を注ぐのですが、それがまた家族の不協和音を創りだしてしまいます。
江姫メインの物語なのでどう終わるかと思ったら、家光を跡継ぎと決定するあたりまで。家族の絆を語って締めて、最後に回顧シーンでエンド。まあ、綺麗にまとめる話なんで、保科正之のこととかは語られません。
そういえば、大河ドラマの方は、どういう締め方をしたんでしょうね。

参照サイト
大河ドラマ「江 姫たちの戦国」NHK公式
http://www.nhk.or.jp/go/
崇源院(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B4%87%E6%BA%90%E9%99%A2
徳川秀忠(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E7%A7%80%E5%BF%A0
千姫(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E5%A7%AB

関連記事
やんちゃな市姫さまが印象的。浅井長政とのラブロマンス。もとむらえり『市姫恋絵巻』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-735.html
来年の大河ドラマとなるお市の方の三女・江が主役の作品を漫画化。原作/田渕久美子・作画/暁かおり『江 姫たちの戦国』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-675.html
数奇な運命から3人の男たちと巡りあう少女の恋物語。わたなべ志穂『お江ものがたり』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1295.html
大河ドラマが放送中の信長の姪・江姫を主人公にした漫画。原作/田渕久美子・作画/暁かおり『江 姫たちの戦国』第2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-771.html



「薄桜鬼黎明録」第1巻
「信長公記―マンガ日本の古典〈22〉」
「織田信奈の野望」第五巻 Blu-ray版



このブログのトップページへ →デジタル・クワルナフ HPのトップへ  →web拍手・コメントはこちらへweb拍手レスまとめページはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ




関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる