Entries

あずみは浪士や悪徳僧らの暗殺に関与していく。小山ゆう『AZUMI あずみ』第5巻から8巻まで

どうも。馬頭です。
昔はけたズボンが今は入らない時のショックをどう言い表わせばいいのだろうか。

それはともかく。

小山ゆう『AZUMI あずみ』第5巻

『AZUMI あずみ』第5巻

(小山ゆう。小学館。ビッグコミックススペシャル。2010年。514円。)
「愛する家族を殺された向家の面々は、悪逆な滝沢欣也たちを敵討ちで殺そうと決意する。だが、それをさせないため、あずみは一人で欣也たち四人を殺してしまう。駿介はその後、勝海舟の勧めで英語を習うことになるのだが・・・」


「おーい竜馬」「がんばれ元気」の小山ゆう氏が、「あずみ」の別シリーズとして描いた作品の5巻から8巻まで読みました。連載は「ビッグコミックスペリオール」。

なんか、復讐をするはずが、その悲惨な結末を避けるため代わりにあずみが全部殺してしまいます。その他にもあずみがいろいろフォローしつつ、なんとか秘密を守っています。まあ、穴がありすぎていまにもバレそうですが。
駿介はとある女性に英語を習うことになりますが、恋仲になってしまったりも。
水戸脱藩の浪士・宍戸魁らの暗殺もあずみがやりますが、これで水戸家に仕えていた剣客・谷とも決着がつきます。案外あっけなかった。桂小五郎らとはこの時にかかわりはじめます。
7巻からは物語は京都に移り、悪い坊主を暗殺する話になっていきます。

小山ゆう『AZUMI あずみ』第6巻小山ゆう『AZUMI あずみ』第7巻小山ゆう『AZUMI あずみ』第8巻

『AZUMI あずみ』第6巻 2010年 524円
『AZUMI あずみ』第7巻 2011年 524円
『AZUMI あずみ』第8巻 2011年 524円



参照サイト
ビッグスリーネット
http://big-3.jp/bigsuperior/
小山ゆう 公式ホームページ
http://www.yu-koyama.com/
小学館 コミック
http://comics.shogakukan.co.jp/

関連記事
ひとりの少女が暗殺者として幕末の動乱の陰で活躍する。小山ゆう『AZUMI あずみ』第1巻から4巻まで
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1122.html
ひとりの男が日本を動かし、駆け抜けていく。歴史漫画の大作。小山ゆう&武田鉄矢『お~い! 竜馬』第3巻から最終第12巻まで
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1106.html
土佐藩の不条理な身分制度の中で育った少年が目指したものは・・・。小山ゆう&武田鉄矢『お~い! 竜馬』第1巻と第2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1033.html
14人の作家陣が送るガンガン系歴史ものアンソロのひとつ。『幕末アンソロジー』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1077.html
次々と暗殺される新撰組隊士たち。その犯人とは・・・。石川雅之『人斬り龍馬』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-642.html
歴史を変えてしまうことに悩みつつも・・・って、ええっ? なにこのエンディングは・・・。村上もとか『JIN -仁-』第11巻から最終20巻まで
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1043.html
薩摩藩では一蔵が精忠組を抑えることに成功するが、水戸藩では勅許のことで大騒動となっていき・・・。みなもと太郎『風雲児たち 幕末編』第20巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1199.html
密命を帯びた男たちが悪虐なる藩主を討つ。森秀樹『十三人の刺客』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1193.html



「ナチスの犬」DVD。
「アメリカ・インディアン史 第3版」
「禁断の西洋官能美術史 (別冊宝島 1947 スタディー)」



このブログのトップページへ →デジタル・クワルナフ HPのトップへ  →web拍手・コメントはこちらへweb拍手レスまとめページはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ





関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる