Entries

アレクサンドル・ネフスキーが主人公でネヴァ河畔の戦いをメインに描くロシア映画。『ALEXANDER(アレクサンドル) ネヴァ大戦』

どうも。馬頭です。
ファミマのスパイシーナゲットがまた普通に売り出しててよかったよかった。また毎日食べてます。

それはともかく。

DVD ALEXANDER(アレクサンドル)ネヴァ大戦

『ALEXANDER(アレクサンドル) 〜ネヴァ大戦〜』

(ロシア映画。監督/イゴール・カレノフ。出演/アントン・パンプシニ、スベトラナ・バクリナ、イゴール・ボトヴィン、ジュリア・ガルキナ、ほか。2008年制作。107分。DVD発売2013年。3990円。)
「1239年、ロシア北部のノヴゴロド公国は、東西に敵に囲まれ、内部には反抗的な都市貴族たちがいて、ノヴゴロド公アレクサンドルの悩ましていた。特にスウェーデンの野心的なエリク11世はノヴゴロドを狙い、危険な策略を巡らしていたのだった・・・」


レンタル屋でパッケージを見た時は、我が目を疑いました。アレクサンドル・ネフスキーを主人公とした、ネヴァ河畔の戦いを描く作品です!

はじめ見た時は、レンタル屋には「アギーレ/神の怒り」と「ズールー戦争」の新パッケージが新作として置いてあったので、セルゲイ・エイゼンシュテインの「アレクサンドル・ネフスキー」のリネーム再販モノなのかと思ったんですが、そうではなく、最近撮られた作品であるのでビックリしました。2008年のロシア映画です。次々と新作歴史映画が作られているロシア映画ですが、やはりアレクサンドル・ネフスキーものも出してたんですね。
これは1240年に行われたネヴァ河畔の戦いを中心にして話が作ってあって、冒頭は1239年にリヴォニア騎士団の騎士アンドレアス・フォン・ヴェルヴェンが、ノヴゴロドを訪れるところからはじまります。
迫り来る北方十字軍の危機の中、陰謀、暗殺、友人への疑惑、前プスコフ公との因縁、ポロツク公女との結婚、タタールとの交渉、貴族の反抗、そして、最終決戦と、いろいろ盛り込んで見せてくれる内容となっています。
相変わらず「クニャージ」の訳語が「王子」になってるのはお約束どおり。ちょっと調べれば「公」だと分かりそうなもんですが。そもそも「ノヴゴロド公国」って言ってるだろ! もう怒る気力もなくなりそうです。これって、英語版からの翻訳してるからなのかとも思ったんですが、どうなんでしょうか?
あと、ノヴゴロドの都市貴族のことも全員「伯爵」にしてます。これは妥当なのかどうかはよくわかりません。
戦闘シーンは、冒頭の盗賊たちとの戦いと、最後のネヴァ河畔の戦いの二つ。パッケージを見ると、城を巡っての攻防があるかのような感じですが、そういうのはまったくありません。上陸したスウェーデン軍は、ネヴァ河畔に野営陣地を作っていて、そこに早朝奇襲をかけるという感じの戦いになります。パッケージのウラ面に、「北方十字軍VSロシア正教騎士団!」って書いてありますが、それもなんだかなぁ・・・。いや、そもそも、サブタイトルの「ネヴァ大戦」ってなんだよ!www
ちなみに、敵将ビルゲルは、作中では「ビルイェル」となっています。たぶんこっちのほうが、スウェーデン語に近い?
あと、ふと思ったのですが、日本語のサイトを見て回ると、ネヴァ河畔の戦いでアレクサンドルが「ビルゲルを討ち取った」って書かれてるのがたくさんありますが間違いです。ビルゲルは1266年まで生きてます。帰国してスウェーデンで権勢をふるったはず。なんで「討ち取った」になったんだろうか。

ポロツク公国が「ポラツク公国」になってましたが、ネフスキーと結婚した公妃はポロツク公女アレクサンドラ・ブリャチェスラヴナってことでいいのかな? 作中での扱いがちょっとアレでした。

このDVDは竹書房が出してるんですね。竹書房がDVDで外国映画まで扱ってるとは知りませんでした。



「アレクサンドル・ネフスキー」
「タタールのくびき―ロシア史におけるモンゴル支配の研究」
「Lake Peipus 1242: Battle of the ice (Campaign)」


「タタールのくびき」はネフスキー研究の本で凄く面白いです。

参照サイト
DVD アレクサンドル ~ネヴァ大戦~ 竹書房
http://www.takeshobo.co.jp/book_d/shohin/A309201
アレクサンドル・ネフスキー(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%8D%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC
Невская битва ネヴァの戦い(Wikipedia ロシア語)
http://ru.wikipedia.org/wiki/Невская_битва
Биргер ビルゲル(ビルイェル。ビュリイェル)(Wikipedia ロシア語)
http://ru.wikipedia.org/wiki/Биргер
アンドレアス・フォン・ヴェルヴェン Вельвен, Андреас фон(Wikipedia ロシア語)
http://ru.wikipedia.org/wiki/Вельвен,_Андреас_фон
Eric XI of Sweden エリク11世(Wikipedia 英語)
http://en.wikipedia.org/wiki/Eric_XI_of_Sweden
【DVD】アレクサンドル ~ネヴァ大戦~(allcinema)
http://www.allcinema.net/prog/show_dvd.php?num_sid=862714

関連記事
15世紀末の異端事件の本質に迫る。宮野裕『「ノヴゴロドの異端者」事件の研究 ロシア統一国家の形成と「正統と異端」の相克』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-219.html
初期のタタール政策とアレクサンドル・ネフスキー研究が中心です。栗生沢猛夫『タタールのくびき』読了
http://xwablog.exblog.jp/8694238
白樺に綴られた人々の営み。V.L.ヤーニン『白樺の手紙を送りました ロシア中世都市の歴史と日常生活』
http://xwablog.exblog.jp/9978697
キプチャクハン国が舞台で府主教アレクシイが主人公のロシア映画。マクシム・スハノフ主演『オルド 黄金の国の魔術師』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1455.html



「ハンザ「同盟」の歴史: 中世ヨーロッパの都市と商業 (創元世界史ライブラリー) 」
「北欧男子制服コレクション (制服・衣装ブックス)」
「靴ずれ戦線」第2巻。もうちょいで出る!



このブログのトップページへ →デジタル・クワルナフ HPのトップへ  →web拍手・コメントはこちらへweb拍手レスまとめページはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ




関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる