Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異世界なのに戦国の武士たる自分を貫き通す無茶苦茶さにシビれる! 平野耕太『ドリフターズ(DRIFTERS)』第3巻

どうも。馬頭です。
昨日は秋葉原行って友達と会ってたんですが、「ドリフターズ」の巨大な看板がコミックZINに飾ってありましたね。ド迫力・・・。3巻はまだ売ってませんでしたが、今日近場の書店で買うことができました。

それはともかく。

『ドリフターズ(DRIFTERS)』第3巻_平野耕太

『ドリフターズ(DRIFTERS)』第3巻

(平野耕太。少年画報社。2013年。600円。233ページ)
「二人の廃棄物ジャンヌとジルドレを倒し、戦いに勝利した豊久たち。しかし、休む暇もなく、豊久は今度はドワーフを解放すると言い出し一人突っ走るのだが・・・」


「HELLSING」の平野耕太氏による異世界国盗り物語漫画「ドリフターズ」。内容は島津豊久・織田信長・那須与一らが異世界に飛ばされて一緒に戦うことになる・・・あえていうと異世界版三國無双みたいな?(有象無象をブチ殺しまくり) というか、アルスラーンがいないアルスラーン戦記みたいな?(悩める青少年がいない国家再建物語) いやいや、マスターのいない聖杯戦争みたいな?(基地外揃いで収集がつかない)
この第3巻は、23幕から35幕までが収録されています。

ともかく、エルフたちを扇動して戦い、ジャンヌとジルドレも撃退・殲滅し、オルテから独立させた漂流者の豊久たち。
そこに合流した「十月機関」のトップ・安倍晴明は、漂流者を支援して廃棄物たちを滅ぼそうとしているようです。
しかし、信長も豊久も、武士のルールに則って、勝手にやってしまうので、安倍晴明も困惑する始末。新しい道具や技術も手に入れて着実に軍事力を強化させて、この異世界の常識を次々と打ち破っていくことになります。
さらに、エルフを解放してすぐさま次はドワーフを解放しようと動き始めたりも・・・。

ですが、帝国オルテとは別の勢力である、「黒王」率いる廃棄物と亜人間らの勢力は、その凄まじい力を使い、豊久らとは違う変革をこの世界にもたらそうとしていくようです。「黒王」の正体もなんとなくわかってきましたし、これから両者の衝突ということになるでしょうが、どうなってしまうのか・・・。
オルテがどうなるのかとか、変人の貴族セントジェルミ伯がどう動くのかとかも気になるところ。てか、あの桔梗紋は嫌な予感しかしない!!www

参照サイト
ヤングキングOURS
http://www.shonengahosha.jp/ours/index.php
平野耕太 (@hiranokohta) on Twitter
http://twitter.com/#!/hiranokohta
島津豊久(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B3%B6%E6%B4%A5%E8%B1%8A%E4%B9%85
火薬(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%81%AB%E8%96%AC

関連記事
異世界でも国盗りをはじめる戦国武将たちの生き様が・・・。平野耕太『ドリフターズ(DRIFTERS)』第2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1019.html
歴史上の人物たちが異世界に召喚されて戦うことに。平野耕太『ドリフターズ(DRIFTERS)』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-507.html
「HELLSING」10巻に「ドリフターズ」のアニメPVの情報が。アニメ化の可能性!? 『ヤングキングOURS(アワーズ)』2013年3月号
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1433.html
平野耕太の新連載「ドリフターズ」は、なんとメインが島津豊久ですよ。『ヤングキングOURS(アワーズ)』2009年6月号
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-47.html
島津家久をメインに、薩摩・島津氏による九州統一への大奮闘を描く。sanorin『咆哮! 島津十字』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-656.html
九州の覇者として戦い抜いた島津家の兄弟たち。sanorin『咆哮! 島津十字』第2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1142.html
第二次ポエニ戦争で智勇に優れた二人の名将が国家の存亡をかけた戦いを繰り広げる! カガノミハチ『アド・アストラ スキピオとハンニバル』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1021.html



「島津一族 (Truth In History)」
「機獣神ブラスルーン」第1巻
「那須与一伝承の誕生―歴史と伝説をめぐる相剋 」



このブログのトップページへ →デジタル・クワルナフ HPのトップへ  →web拍手・コメントはこちらへweb拍手レスまとめページはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。