Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最大の危機が去ったと思ったら・・・。しかも最悪の敵が登場! 原泰久『キングダム(KINGDOM)』第30巻 麃と飛

どうも。馬頭です。
最近富士山見てないな・・・

それはともかく。

キングダム_第30巻_原泰久

『キングダム(KINGDOM)』第30巻 麃と飛

(原泰久。集英社。ヤングジャンプコミックス。2013年。514円。209ページ)
「ついに函谷関の裏側へ回り込んだ、女将軍・媧燐の楚軍。魏・楚・秦が入り乱れる中で封じた門が開かれようとするが、左翼の王翦軍の援軍が間に合い、なんとか最大の危機を脱することに成功する。しかし、合従軍には未だ登場していないある人物がいて・・・」


秦の大将軍・李信の若き日を描く古代中国戦記「キングダム」の30巻です。

函谷関の戦いの最大の危機がなんとか回避されるところから、やっぱり危険な展開だったことが分かって、それに信たち飛信隊が対処するため活躍する話です。
函谷関は楚の媧燐にまんまと回りこまれたわけですが、その策を上回る王翦の先読み行動によってなんとか守られることになります。
これによって合従軍ははじめの場所まで撤退。合従軍を退けたことで大喜びの秦軍ですが、危機はまだ終わってはいませんでした。
合従軍の将達も知らないことでしたが、趙の天才・李牧がすでに策を打っていたのです。自軍と選抜された各国精鋭たちを連れて、山岳地帯を通って函谷関南方の街道に至り、そこから秦国首都・咸陽へ攻め上がっていく李牧。すでに函谷関に集中して兵力が底をついていた秦は、これに対処できず、咸陽では危険な状況に・・・。
しかし、この事態に気づいて行動していた人がいました。麃公がわずかな情報からこれに気づき、追撃していたのです。信は飛信隊を率いてこれについていくのですが・・・、その先には李牧、そしてある人物が・・・!
いやー、燃えますね〜。次の巻ではまさかの政が参戦!? そうなると信との凄い久々の共闘ということになりますよ!? この戦い、さらにヒートアップしていきそうです! 

参照サイト
ヤングジャンプ
http://yj.shueisha.co.jp/
キングダム 一騎闘千の剣
http://www.konami.jp/products/kingdom/
NHKアニメワールド キングダム
http://www9.nhk.or.jp/anime/kingdom/
函谷関(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%87%BD%E8%B0%B7%E9%96%A2
合従連衡(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%88%E5%BE%93%E9%80%A3%E8%A1%A1

関連記事
蒙武軍の大奮闘! 楚軍総大将との最強決定戦がド迫力です! 原泰久『キングダム(KINGDOM)』第29巻 至強
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1468.html
怨念に満ちた趙軍の攻撃に信は戦いの意味を見出す・・・。原泰久『キングダム(KINGDOM)』第27巻 人間全て
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1309.html
函谷関で各国最上級の将たちがぶつかりあう激戦がはじまる。・・・。原泰久『キングダム(KINGDOM)』第26巻 王騎が認めた男
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1231.html
六カ国による合従軍が迫る中、秦国は総力をあげてこれにあたり・・・。原泰久『キングダム(KINGDOM)』第25巻 迫り来る合従軍
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1145.html
古代にここまで考えた戦うための全て。学研・歴史群像 グラフィック戦史シリーズ『戦術戦略兵器事典 1 中国古代編』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-386.html
趙軍に対して総攻撃をかける秦軍だが、敵は策をもって退却し・・・。原泰久『キングダム』第13巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-12.html
便所で死にかける屈辱を受けた男の復活と復讐。そして、戦国の四公子たちの活躍。横山光輝『史記』第4巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-231.html
戦国時代の斉の公子が流浪の無頼者となり、各地をさまよう。横山光輝&辻真先『戦国獅子伝』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1483.html
気になったので中国の戦国時代ものの本を買って来ました。司馬遷『史記列伝』第2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-302.html
城を巡る戦いは無情熾烈な戦いへとなっていき・・・。酒見賢一&久保田千太郎&森秀樹『墨攻』第2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-365.html



「キングダム 16」DVD版。
「戦国ぼっち attack of the Hojo army(桜ノ杜ぶんこ)」
「史記・春秋戦国人物事典 (Truth In History) 」



このブログのトップページへ →デジタル・クワルナフ HPのトップへ  →web拍手・コメントはこちらへweb拍手レスまとめページはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ



関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。