Entries

くすぶっていた最後の名将が大きな死に場所を得て奮戦する! 長沢克泰『真田幸村』

どうも。馬頭です。
スタンダードとバトルフラッグの違いって何なんだろうか。

それはともかく。

真田幸村_長沢克泰

『真田幸村』

(長沢克泰。リイド社。SPコミックス。2012年。648円。)
「大阪冬の陣に参戦した真田幸村は、自らつくり出した出丸・真田丸で大軍勢を前に戦い続けていた。部下たちを前に、これは自分と家康との戦いなのだと豪語する幸村は、見事な采配をとり、前田利常・本多政重の軍勢を散々に打ち破るが・・・」


「THE EDGE」の長沢克泰氏の描く真田幸村最後の戦い。

大坂冬の陣と夏の陣をメインに、人質時代や不遇の時代も振り返りつつ、真田幸村の生涯を描く作品。
上杉時代を描いているのは珍しい。
陽の目をみれなかった鬱屈と、晴れの舞台での死に様をかっこ良く描いています。いや〜、ほんと画力が凄いから迫力がありますね〜。

そういや、長沢氏が最近描いた「巨悪学園」が面白いです。まさかのギャグ漫画!

参照サイト
長沢克泰のブログ
http://ameblo.jp/eret/
真田信繁(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E7%94%B0%E4%BF%A1%E7%B9%81

関連記事
武士として戦う場所を求め大坂の陣に真田幸村が参戦する・・・! 槇えびし『朱黒の仁』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1248.html
超常の力を持った一族に生まれた真田幸村の生涯を描く。佐々木泉『真田幸村異聞』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1088.html
大阪夏の陣で活躍する真田幸村ら七人の武将たち。竹谷州史&仲路さとる『真田幸村 紅蓮の花』上下巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1035.html
信長亡き後の信州で若き英雄が活躍する。平松伸二『戦国SANADA紅蓮隊』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-423.html



「楊家将 2」
「真田太平記(一)天魔の夏 (新潮文庫)」
「キバセン!」



このブログのトップページへ →デジタル・クワルナフ HPのトップへ  →web拍手・コメントはこちらへweb拍手レスまとめページはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ



関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる