Entries

暖かくなってきたので、ロードバイク乗るの再開してみました。とりあえず荒川河口へ

どーも。馬頭です。
和菓子はやっぱ美味いなぁ。あんは、つぶあんよりこしあんの方が好きです。

それはともかく。

自転車_荒川20130407_01

2013年となって、はじめてのロードバイク乗って来ました。とはいっても、ママチャリが壊れてた時は通勤に使ってましたので、厳密には初乗りではないですが。
とりあえず、慣らし、ということで、荒川を河口まで行くいつものパターンをやってみようかと思ってました。
写真はいつものスタート地点である江北橋から五色桜大橋を撮影したもの。天候は、前日は雨、午前中にもちょっと降って、天気は晴れてるけど雲が結構ある状態。
ここに着いたのは寝坊したので午後三時頃だったかな?


自転車_荒川20130407_02
自転車_荒川20130407_03

この日は北と東の方には黒い雲があったけど、南の方とかは晴天。
とりあえず自分の上空には雲は無く、気持よく走れました。
まあ、はじめだけでしたが。


自転車_荒川20130407_04

しかし、前日に雨が降ったため、土手側から雨水がにじみ出てきて河川敷の舗装道路の上に水たまりができちゃってるんですよね。はじめの方はそんなでもなかったのですが、下っていくにつれてそういう場所がたくさん。
なので、走ると凄い水が跳ねる。靴も足も背中もびちょびちょになってしまうし、速度も出ない、ということで、ハープ橋の直前で断念。戻ることにしました。


自転車_荒川20130407_05

ちなみに、一番ひどいところだと、こんな感じに舗装道路が完全に水に浸かってしまっています。ここは雨降ったあとだとよく水たまりができてて、蟹がたくさん集まってたりする場所。私が行った時には、ちょうど役所の人が状況の点検してました。


自転車_荒川20130407_06

で、戻るにしても、またたくさんの水たまりを越えていくのは嫌なので、対岸の右岸側に移動することに。
一番近い木根川橋というのを渡ります。橋を覆う鉄筋が印象的。スカイツリーが目の前に見える。


自転車_荒川20130407_07

しかし、荒川右岸の河川敷は、ちょうど一部を工事中。なので、ふたたび左岸側へ移動することに。
下りの時は向かい風が結構あったので、上りの時は多少楽かと思ったら、そうでもなかったです。
しかも、なんだか北側東側からどんどん天気が悪くなってきまして、今いる場所は晴れなんですが、雷鳴なども。そして、遠くに見える黒い雲の下になんかモヤのようなものが見えたので、何かと思ったら、雨が降ってるのがこう見えたんですね。はじめ煙か霧みたいなもんかと思いました。
少しすると私の頭上にも黒い雲がやってきて、かなりびしょびしょになるまで降られてしまいました。まあ、濡れたまま走りましたが、濡れるとさすがに寒かったです。


自転車_荒川20130407_08

なんか、変な天気でしたが、雲の様子などは面白く撮り甲斐がありましたね。

今回は、途中で白い鳥をみかけて写真を撮ったのですが、遠くでよくわからないので、今度またちゃんと撮りたいと思います。


参照サイト
水たまり(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E3%81%9F%E3%81%BE%E3%82%8A

関連記事
また荒川河口まで走ってきました。あと宮城氷川神社にも行ってきた。20120715
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1279.html
また荒川行ってきました。珍しく昼に走った。20120708
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1274.html
寒くなる前にと思って、多摩湖に行ってみました。20121028
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1365.html



「セルビア語読解入門」
「中世後期のセルビアとボスニアにおける君主と社会」
「ウズベック・クロアチア・ケララ紀行―社会主義の三つの顔 (岩波新書 青版) 」



このブログのトップページへ →デジタル・クワルナフ HPのトップへ  →web拍手・コメントはこちらへweb拍手レスまとめページはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ

関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる