Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに日本へ上陸した元軍。武士たちの奮戦を描く最終巻。さいとうたかを&高橋克彦『コミック北条時宗』第6巻(完結)

どうも。馬頭です。
ロードバイクで立ちごけして痛めた手が一週間経っても痛いので、一応病院行ってきました。レントゲン撮ってもらいましたが骨折はしてないとのこと。テーピングしてくれましたが、あとはシップとかして二週間くらいで治るとか。てことは二週間は自転車乗れないってことか(グヌヌ
あと、三年くらい前から足にあった痣を見てもらったんですが、炎症性色素沈着だそうです。痒みは薬で抑えられるけど、根本的には治せないみたい?

それはともかく。

『コミック北条時宗』第6巻_さいとうたかを高橋克彦

『コミック北条時宗』第6巻 蒙古襲来の巻
(完結)
(さいとうたかを。原作/高橋克彦。脚本/道又力。講談社。2001年。571円。222ページ)
「1274年10月、ついに元軍は日本へと大船団を仕立てて侵略してきた。戦う決意をしていた北条時宗は、北九州沿岸での迎撃をさせるが、上陸をはじめた元軍の大軍に苦戦し・・・」


北条時宗を元寇を主題として描いていく漫画の最終巻です。作者はさいとう・たかを&高橋克彦氏。

というわけで、最終巻をやっと手に入れました。五巻の記事書いたのが2010年の8月ですから、三年かかった。
この巻では文永の役と弘安の役を描いて、最後のシーンで北条時宗が死ぬところで終わり。戦いの経緯をそれなりにドラマチックに描いていますが、どちらの役も最後にモンゴル軍船団が嵐で沈んじゃうので、いまいち盛り上がりに欠けるというか(笑)

東路軍の総司令官・征東元帥の忻都は嵐で死ぬ描写ありますが、史実では死んでないですよね?

ちなみにこの漫画はリイド社から三分冊で単行本が出ています。

参照サイト
北条時宗(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%9D%A1%E6%99%82%E5%AE%97
さいとう・プロダクション公式サイト
http://www.saito-pro.co.jp/
クビライ(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%93%E3%83%A9%E3%82%A4
講談社
http://www.kodansha.co.jp/
元寇(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%83%E5%AF%87
忻都
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%BB%E9%83%BD
神風(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E9%A2%A8

関連記事
幕府の力をまとめ来るべき時に備える時宗。さいとうたかを&高橋克彦『コミック北条時宗』第5巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-553.html
伊豆の豪族の娘・北条政子が源氏の嫡男・頼朝と出会い・・・。市川ジュン『華の王』上巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-676.html
鎌倉・鶴岡八幡宮の倒れてしまった大木「隠れ銀杏」を見てきました
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-403.html
蒙古の脅威をひしひしと感じる時頼。さいとうたかを&高橋克彦『コミック北条時宗』2巻から4巻
http://xwablog.exblog.jp/10439961
ワールシュタットの戦いのシーンがちょっとある。さいとうたかを『コミック北条時宗』第1巻
http://xwablog.exblog.jp/9690641
13世紀の西洋人がモンゴル帝国の支配するアジアへと赴く驚異の見聞録。マルコ・ポーロ『完訳 東方見聞録』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1289.html
韓国が舞台の珍しい元寇ものの漫画。久松文雄&李學仁(イ・ハギン)『武と魂』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-435.html
チンギスカンの時代のモンゴル帝国にタイムスリップした男女は意外な人物に出会い・・・。三浦建太郎&武論尊『王狼伝』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-172.html



「コードネームはファルコン」DVD版。
「NHK大河ドラマ 北条時宗 総集編 DVD-BOX」
「【Amazon.co.jp限定】バトルフィールド 4 Deluxe Edition(コレクタブルスチールブックケース&バトルパック 3種DLC&China Rising 拡張パックDLC同梱)」



このブログのトップページへ →デジタル・クワルナフ HPのトップへ  →web拍手・コメントはこちらへweb拍手レスまとめページはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ




関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。