Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西村緋禄司&上野義幸『マンガ中国の歴史 チンギス・ハンの世界帝国 元から明へ』

どうも。無駄骨折りで全身骨折の馬頭です。

それはともかく。

西村緋禄司&上野義幸『マンガ中国の歴史 チンギス・ハンの世界帝国 元から明へ』

『マンガ中国の歴史 チンギス・ハンの世界帝国 元から明へ』

(西村緋禄司&上野義幸。シナリオ/武上純希。監修/陳舜臣&手塚治虫。中央公論新社。2008年。259ページ)
1章 大草原からの風 チンギス・ハンの世界帝国
1 蒼き狼の血 テムジンの決意
2 大草原の覇者 チンギス・ハンの夢
3 フビライの世界帝国 元の中国支配
4 黄金の国ジパング 日本遠征(元寇)
2章 南十字星のかなたへ 明の鄭和の大航海
1 元から明へ 父との約束
2 燕王挙兵 靖難の変
3 船出 南十字星をめざして
4 大海戦 パレンバンの海賊
5 最後の大航海 男たちの夢


この漫画は中公文庫から出てる「マンガ中国の歴史5 チンギス・ハンの世界帝国」を一部改題して編集したものです。
作画は知らない人ですが、なんと脚本を武上純希氏が書いています。監修は陳舜臣と手塚治虫。

これ、タイトルだけ見ると一冊まるまるチンギスハンの話なのかと思いますが、半分は鄭和の話になっています。
チンギスハンの話より、むしろ鄭和の話の方が面白かったです。
鄭和が「英邁な君主」的に描かれた永楽帝と親密になり、大事業を成し遂げていく姿を描きます。

参照サイト
西村緋禄司とは - Weblio辞書(西村緋祿史)
http://www.weblio.jp/content/%E8%A5%BF%E6%9D%91%E7%B7%8B%E7%A6%84%E5%8F%B8
チンギス・カン(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%B3%E3%82%AE%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%B3
鄭和(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%84%AD%E5%92%8C
永楽帝(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B8%E6%A5%BD%E5%B8%9D

関連記事
悟空と玄奘たちは追われながらとうとう唐の領域の最外辺へとやってきて・・・。諸星大二郎『西遊妖猿伝』全10巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1434.html
町田行った時に卵に乗っかるコロンブスの像を見つけました。
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-35.html
チンギスカンの波瀾万丈な生涯を描く日豪合作映画。反町隆史主演『蒼き狼 地果て海尽きるまで』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-630.html
13世紀のヴェネチアからモンゴル・中国へと行った商人の驚異の旅行記。ルスティケロ『マルコ・ポーロ 東方見聞録』(教養文庫。訳/青木富太郎)
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-337.html
ついに日本へ上陸した元軍。武士たちの奮戦を描く最終巻。さいとうたかを&高橋克彦『コミック北条時宗』第6巻(完結)
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1581.html



「シャウト~新選組」第1巻
「凛々と咲く 八重の桜 」壱。
「牙霊調査室ユニット11-β (2)ペルソナ・スイッチ (角川スニーカー文庫) 」



このブログのトップページへ →デジタル・クワルナフ HPのトップへ  →web拍手・コメントはこちらへweb拍手レスまとめページはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ



関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。