Entries

幕臣たちの知られざる風習・慣習と意外な江戸幕府の一面。氏家幹人『旗本御家人 驚きの幕臣社会の真実』

どうも。PC版「信長の野望」の拡張セットで文禄・慶長の役ができるようにしてくれないかなと思っている馬頭です。

それはともかく。

旗本御家人_驚きの幕臣社会の真実_氏家幹人

『旗本御家人 驚きの幕臣社会の真実』

(氏家幹人。洋泉社。歴史新書y 022。2011年。890円。254ページ)
プロローグ・不吉な「鯛の味噌漬」
第一章 元旗本・大谷木醇堂と譜牒学 付鬢とカツラ事件 職場イジメとキンタマザケ 旗本の大悪党 番町の詐欺師
第二章 高齢者の職場「老衰場」 なんたって十七歳 将軍の思いやりと隠蔽体質
第三章 採用・昇進と「対客登城前」 就活の成功例・失敗例
立身出世に理由あり 〈なりあがり〉が幕府を動かす 梅干吉兵衛 「役損」という多大な出費 「役得」か、昇進と名誉か
第四章 遠山の金ちゃん 「没字漢」と「喫飯字典」 個性的すぎる「争臣の系譜」 将軍を諫めた奇士、山田茂平
第五章 江戸城のトイレは怖い 板倉修理事件の「真相」 殿中を仕切る「坊主力」 危ない空間 死番(シニバン) 将軍の墓守
エピローグ・サムライの遺産
主な史料と参考文献


幕末から明治にかけて生きた元旗本の大谷木醇堂という人が書いた「醇堂叢稿」全45巻というのがあり、これは幕末の武士社会の様子を記録したものです。この本は、それをもとに歴史に名を残していない旗本御家人たちの知られざる世界を紹介する本です。

明治維新によって武士社会が崩壊したことによって、幕末に使っていたさまざまな慣習が廃れたりなくなったりして、多くの用語や言い回しがその意味を伝えられもせず消えていきました。
大谷木醇堂という人は、老人たちから話を聞くのが大好きで、たくさんの逸話を聞いていたのですが、明治になって江戸時代の物事がどんどん忘れ去られていくのをみて、これは記録しとかないと、ということで本を書いたとかなんとか。
なので、当時の関係者たちの間では当たり前の物事について、どういう意味だったとかそういうことを書き残しています。
冒頭の部分で語られている「鯛の味噌漬」についても、これがなぜ不吉な物として嫌われていたかの由来を伝えてくれています。そうしたなにげないどーでもいい話なんですが、これがまた凄い面白いのですよ。

例えば、江戸城では夏は足袋を履かないという規則があったとか。それはいいんですが、足袋を履きたい人は理由を書いた「足袋願」をわざわざ出さないとダメだったそうで、七面倒臭い規則のせいで武士たちが真面目な顔してそんなものを出していたかと思うと笑えます。他にも「杖願」があったそうですし、眼鏡をかけるにも許可が必要だったとか・・・意味わかりません。
また、相続や録の受給のため年齢の詐称があたりまえだったという変な社会の様子もわかってきます。昇進や就職活動のために何度も有力者たちの家を訪れる無駄な行為や、役職についても逆にそのために生活が厳しくなったりと、なにやら大変です。
あと、ギチギチの儒教社会だから儒者は尊敬されてたのか、といえば、実はそうでもなかったらしいです。儒者や頭のいい人はあんまり尊敬されてなく、武士たちも結構漢字をわかってない人がいたりして、実は教養はそんな大事じゃなかったみたいな?

どのエピソードも面白くて、江戸時代の武士たちの社会の意外な一面を楽しめました。

これに書いてあったんですが、徳川幕府ははじめのうちは人材が不足がちで職にありつけたらしいけど、綱吉・家宣の時代に、それぞれの出身藩の館林藩と甲府藩の藩士たちが、そのまま幕臣になっちゃったせいで人があまり、就職難がはじまったとか。なんかいろいろ見てきた中で書いてあった「江戸幕府のはじまりから人が多くて困ってる」って話とは違うなぁ。ほんとはどうなんでしょうね。「徳川幕府の昇進制度」という本に書いてあるらしいので、今度読んでみたい。
あと、旗本・板倉修理が熊本藩主・細川宗孝を殺害した事件のことが書いてありましたが、実は有名な家紋の見間違いが原因で、というのは違っていて、実際2人の間には問題があった、としています。両者は江戸のお屋敷が隣接していて、崖上の熊本藩邸から雨の日に漏れでた下水が崖下の板倉邸に流れ出てくるのを板倉が文句を言っていたのに、細川家が対処しなかったから怒ってやった、だとか。この説は面白いな〜。実際、江戸城内での乱行などは、みんな「乱心」ということで、不名誉な問題を表面化させないで解決するのが普通だったみたいです。

軽く読めて興味深い話が多く楽しめました。江戸時代の話は調べ始めたばかりですが、こういうのも面白いですね〜

参照サイト
洋泉社
http://www.yosensha.co.jp
大谷木醇堂 とは - コトバンク
http://kotobank.jp/word/%E5%A4%A7%E8%B0%B7%E6%9C%A8%E9%86%87%E5%A0%82
旗本(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%97%E6%9C%AC
御家人(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%A1%E5%AE%B6%E4%BA%BA
細川宗孝(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%B0%E5%B7%9D%E5%AE%97%E5%AD%9D

関連記事
歴史書では分かりづらい武士の日常。歴史の謎を探る会/編『日本人なら知っておきたい 江戸の武士の朝から晩まで オサムライさんたちの生活ぶりがひと目でわかる』博学ビジュアル版
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-893.html
とある大名のイメージは当時の評判とは違ったりして・・・。磯田道史『殿様の通信簿』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1593.html
太平の世で呑気に暮らす尾張藩士の日常を描く。横山光輝&神坂次郎『愛蔵版 元禄御畳奉行の日記』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1569.html
元禄時代の尾張藩士が日々の出来事を記し続けた貴重な日記を紹介。神坂次郎『元禄御畳奉行の日記』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1358.html
佐倉藩の留守居・依田学海が体感した時代の奔流。白石良夫『幕末インテリジェンス 江戸留守居役日記を読む』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1533.html
参勤交代で江戸にやってきた大名や、将軍に仕える旗本たちの日常生活を絵で解説する。監修/平井聖『図説江戸 2 大名と旗本の暮らし』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-889.html



「徳川幕府の昇進制度―寛政十年末旗本昇進表」
「江戸城のトイレ、将軍のおまる〈小川恭一翁柳営談〉」
「「城取り」の軍事学」



このブログのトップページへ →デジタル・クワルナフ HPのトップへ  →web拍手・コメントはこちらへweb拍手レスまとめページはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ




関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる