Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秦王自らが戦場に出て戦うほどのギリギリの戦いの果てに・・・。原泰久『キングダム(KINGDOM)』第32巻 開く城門

どうも。あんドーナツ大好きな馬頭です。
ホイップ入りも好きですが、外側に粉状の砂糖が付いてるのが大好きです。今だとセブンイレブンで売ってるやつですね。

それはともかく。

キングダム_第32巻_原泰久

『キングダム(KINGDOM)』第32巻 開く城門

(原泰久。集英社。ヤングジャンプコミックス。2013年。514円。209ページ)
「李牧・龐煖の率いる連合軍の進撃に、咸陽手前の小邑・蕞(さい)に立て篭もり、最後の抵抗を続ける秦軍。秦王・贏政が自ら指揮する中で、民兵たちもが奇跡的な粘りを見せる。しかし、極度に疲弊した秦軍は着実に弱り、ついには綻びが出始めてしまい・・・」


秦の大将軍・李信の若き日の活躍と成長を描く古代中国戦記「キングダム」の32巻です。

というわけで、秦の最後の防衛線として残った小さな街・蕞(さい)に立て篭もり、大軍相手に必死の抵抗をする秦軍の、ほんとうに最後のひとあがきです。
咸陽から秦王政がやってきたことで士気が高まった秦軍。本当は戦闘員じゃないやつらも交じる民兵にこれまでの戦いで疲弊しまくった飛信隊が寄り集まって、気力も体力も搾り取られながらの死闘を延々続けることになってしまいます。途中で秦王が負傷する危険な事態も起こりますし、これで秦王がいることもバレ、猛攻撃を受けたりと、もうあとがありません。
昌文君が言うには、あと8日持たせれば何かがあるという話なのですが・・・。

この合従軍との大戦争も、ほんとうに紆余曲折いろいろあって事態は二転三転して転がりまくりましたが、ついに次の巻あたりで一段落つくみたいです。

参照サイト
ヤングジャンプ
http://yj.shueisha.co.jp/
キングダム 一騎闘千の剣
http://www.konami.jp/products/kingdom/
NHKアニメワールド キングダム
http://www9.nhk.or.jp/anime/kingdom/
合従連衡(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%88%E5%BE%93%E9%80%A3%E8%A1%A1
始皇帝(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A7%8B%E7%9A%87%E5%B8%9D
李牧(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%8E%E7%89%A7
ホウ煖(龐煖)(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%82%A6%E7%85%96

関連記事
まだ負けちゃいない! 秦王・政が人々を導く決戦の開始。原泰久『キングダム(KINGDOM)』第31巻 政、語りかける
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1594.html
最大の危機が去ったと思ったら・・・。しかも最悪の敵が登場! 原泰久『キングダム(KINGDOM)』第30巻 麃と飛
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1509.html
蒙武軍の大奮闘! 楚軍総大将との最強決定戦がド迫力です! 原泰久『キングダム(KINGDOM)』第29巻 至強
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1468.html
怨念に満ちた趙軍の攻撃に信は戦いの意味を見出す・・・。原泰久『キングダム(KINGDOM)』第27巻 人間全て
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1309.html
函谷関で各国最上級の将たちがぶつかりあう激戦がはじまる。・・・。原泰久『キングダム(KINGDOM)』第26巻 王騎が認めた男
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1231.html
六カ国による合従軍が迫る中、秦国は総力をあげてこれにあたり・・・。原泰久『キングダム(KINGDOM)』第25巻 迫り来る合従軍
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1145.html
古代にここまで考えた戦うための全て。学研・歴史群像 グラフィック戦史シリーズ『戦術戦略兵器事典 1 中国古代編』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-386.html
趙軍に対して総攻撃をかける秦軍だが、敵は策をもって退却し・・・。原泰久『キングダム』第13巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-12.html
戦国時代の斉の公子が流浪の無頼者となり、各地をさまよう。横山光輝&辻真先『戦国獅子伝』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1483.html
気になったので中国の戦国時代ものの本を買って来ました。司馬遷『史記列伝』第2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-302.html
古代中国史の逸話を元にした短編集。新伊秀策『色歌(SHIKIKA) 連作短編集』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-508.html



「ビン 〜孫子異伝〜 14 (ジャンプコミックスデラックス)」
「あたらしいみかんのむきかた」。これは楽しそう!
「死にたがりの獅子-山川大蔵 幕末異聞-」



このブログのトップページへ →デジタル・クワルナフ HPのトップへ  →web拍手・コメントはこちらへweb拍手レスまとめページはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ



関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。