Entries

同盟が瓦解していく中で衝撃隊は最後まで戦い抜き・・・。町田一八&柳ゆき助『鴉 KARASU』第4巻(完結)

どうも、馬頭です。
最近、上手く寝る場所を確保できなくて辛い・・・。

それはともかく。

町田一八&柳ゆき助『鴉 KARASU』第4巻

『鴉 KARASU』第4巻
(完結)
(町田一八&柳ゆき助。キャラクターデザイン/大暮維人。原案/羽原大介。監修/茅野イサム。企画・立案/ワタナベエンターテインメント。スクウェア・エニックス。ヤングガンガンコミックス。2012年。533円。)
「仙台藩の細谷十太夫直英率いる衝撃隊は、東北へと攻め寄せる薩長軍を相手に戦い、連勝を重ねることに成功する。だが、仙台藩からの支援はなく孤軍奮闘をするも・・・」


「ヤングガンガン」で連載していた幕末・戊辰戦争で活躍した仙台藩の部隊・衝撃隊を描く作品です。原作は「新選組刃義抄アサギ」の町田一八氏。作画は柳ゆき助氏。この4巻で完結です。

戊辰戦争で奥羽列藩同盟側はほとんど負けまくってたわけですが、その中で、庄内藩の新徴組や棚倉藩の誠心隊と並んで数少ない勝利を得ていた衝撃隊。しかし、仙台藩の上層部は細谷の働きをあまり評価してなかったのか、支援無く戦うはめに。
けど、お城に呼ばれて行ってみたら、伊達慶邦から認められ、昇進と加増、衝撃隊の皆も最後になって報われることになりました。
ラストは旗巻峠の戦いで奇兵隊たちとの死闘に一応の決着が。
こういう形で四巻で完結ですが、もともと衝撃隊の活躍期間はそんなに長くないので、まあ、四巻くらいで妥当な流さだったかと思います。はじめはそんな注目してなかったのに、再度まとめて読んでみたら面白く感じたというはなんだろ。
それにしても細谷直英はホント凄いやつですね。この仙台藩での戦いが終わったあと潜伏して、維新後は日清戦争でも戦ったりしてますからね。漫画だと箱館戦争に参加しにいったみたいになってますが。

参照サイト
柳ゆき助 (yanagi_yukisuke) on Twitter
https://twitter.com/yanagi_yukisuke
Jekyll
http://y-yukisuke.tumblr.com
町田一八 (takazin18) on Twitter
https://twitter.com/takazin18
ヤングガンガン YOUNG GANGAN OFFICIALSITE - SQUARE ENIX
http://www.square-enix.co.jp/magazine/yg/
細谷直英(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%B0%E8%B0%B7%E7%9B%B4%E8%8B%B1
奇兵隊(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%87%E5%85%B5%E9%9A%8A
仙台藩(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%99%E5%8F%B0%E8%97%A9
旗巻峠の戦い(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%97%E5%B7%BB%E5%B3%A0%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84
ヘビトンボ(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%93%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%9C
増田繁幸(コトバンク)
http://kotobank.jp/word/%E5%A2%97%E7%94%B0%E7%B9%81%E5%B9%B8
阿部内膳(コトバンク)
http://kotobank.jp/word/%E9%98%BF%E9%83%A8%E5%86%85%E8%86%B3

関連記事
戊辰戦争で奇兵隊と戦う仙台藩・衝撃隊の活躍を描く。町田一八&柳ゆき助『鴉 KARASU』第1巻から3巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1643.html
隊服を作るにあたり金策の問題が近藤勇を追い詰める・・・。山村竜也&蜷川ヤエコ『アサギ 新撰組刃義抄』第4巻から6巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1189.html
敗れた側の人間がどう考えどう行動したのかが克明にわかる。友田昌宏『戊辰雪冤 米沢藩士・宮島誠一郎の「明治」』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1632.html
鉄砲を撃ちたいというおてんば娘が破天荒に大活躍。竹村洋平&山本むつみ『八重の桜』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1522.html
会津との繋がりをメインに斎藤一の戦いの軌跡を描く。菅野文『誠のくに』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1642.html



「歴史手帳2014年版」
「会津戊辰戦史」
「トップ・シークレット・アメリカ: 最高機密に覆われる国家」



このブログのトップページへ →デジタル・クワルナフ HPのトップへ  →web拍手・コメントはこちらへweb拍手レスまとめページはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ



関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる